スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

。。。 

スポンサーサイト

2012 Rookie reviews, part II 

レギュラーシーズン(RS)は昨日終了。一時期危ぶまれた1stラウンドbyeでしたが、他チームに救われ見事シード2でシーズン通過しました。今回は先月の記事でまとめたルーキー・レポートの第二弾。RSを終えた時点でのレポートです。

ドラフト1巡目 チャンドラー・ジョーンズ CHANDLER JONES DE
45tackles 6.0sacks 3ff
ディフェンス新人王の最有力候補もシーズン中盤であえなく負傷。復帰するも万全に癒えてないのか、不調に陥りました。また相手に研究されたのか、後半戦はゼロサックに終わり、ラッシュ能力が生かせれず。プレーオフではその壁を打ち崩せるような奮起に期待です。

ドラフト1巡目 ドンタ・ハイタワー DONTA' HIGHTOWER LB
60tackles 4.0sacks
ケガから復帰後から大きく出場機会を増やし、先輩のLB メイヨ、LB スパイクスらと若手バッカートリオを結成。週ごとに成長を遂げており、自信も芽生えたようです。それを裏付ける証拠に、シーズン終盤の4試合で計23タックルを決めるなど尻上がりの活躍でRSを締めくくりました。

ドラフト2巡目 タヴォン・ウィルソン TAVON WILSON S
41tackles 4int
ルーキーながらまずまずの出場機会をもらい、4INTを記録。しかしルーキーのためか波のあったシーズンでした。素質はいいだけに、経験を増やしたいところです。オフの補強ポイントのポジションだけに、成長に期待されます。

ドラフト3巡目 ジェイク・ベケット JAKE BEQUETTE DE
no stats
高指名も控えの控えに甘んじており、デプスチャートではドラフト外のフランシスに越されるなど、苦しいルーキーイヤーとなりました。08年にベケットと同じく3位指名で全く芽のでなかったLB クレイブルの二の舞だけは避けたいところ。

ドラフト6巡目 ネイト・エブナ― NATE EBNER S
14tackles
下位指名ながら、スペシャルチームではトップのタックル数(13)を記録するなど早くも中心メンバー。ただセーフィーとしてはまだまだ実戦向きとは評価されておらず、成長に期待です。

ドラフト7巡目 アルフォンソ・デナード ALFONZO DENNARD CB
35tackles 3int 1ff
下位指名ながら自らの素質を活かしたプレーで先発コーナーに成長しました。プレーオフ前哨戦となったテキサンズ戦では好タックルを連発するなど、自信に満ちあふれているようでした。シーズン終盤はケガに苦しみ、ウィーク16と17は欠場。成長著しい選手だけに、来年以降が非常に楽しみな選手です。

ドラフト7巡目 ジャーミー・エバート JEREMY EBERT WR
no stats
WRの層の薄さでもお声は掛からず、PS所属のままシーズンエンド。春のドラフトではWRの指名が濃厚だけに、うかうかしていられません。

ドラフト外 ブランドン・ボルディン BRANDON BOLDEN RB
56car 274yds 2td 5.5yds/car
出場停止処分から復帰後は中々出場出来ず、やや伸び悩んだ感。先輩RB陣が多い中、来季は出場機会を増やしたいところです。

ドラフト外 ジャスティン・フランシス JUSTIN FRANCIS DE
10tackles 3.0sacks
シーズン中盤、同期のジョーンズの離脱で出場機会を得ました。ケガから復帰したジョーンズが不調の際にもチャンスをもらい、経験をつむと、最終戦のドルフィンズ戦では3サックを決め、"開花"。コーチ陣からは練習に最も一生懸命に参加していると評されている"模範生"の今後の成長に期待です。

ドラフト外 ジェフ・デンプス JEFF DEMPS RB
no stats
プレシーズン最終戦のケガが響き、残念なルーキーシーズンでした。今季チームが苦労しているキックリターンでは彼の不在が大きく悔やまれました。来季に期待。

back and bloggin' 

SBでの惜敗から大分ほったらかしにしていた当ブログ。長い充電期間を経て、復帰します。その期間ではドラフト、キャンプ、シーズン開幕が過ぎ、今現在シーズンは既に佳境。ブロガーの目線から一旦一ファンの目線に戻っていました。試合に関しての記事は他ブログさんに任せるとして、今後はファン歴11年目を迎える肥えた目を活かした記事にしたいと思います。

まず今回は11月末現在で全員ロスター(PSも含む)にきっちり残っているルーキー勢に焦点を当てます。かつて酷評もされていたペイトリオッツのドラフトですが、CB マコーティーTE グロンコースキーTE ヘルナンデスLB スパイクスらを輩出した一昨年のドラフトから一転、評価が変わり始めました。そして今年、全選手がチームに残っており、ここ数年でも良質なドラフトクラスと言えるでしょう。各選手の成績と評価をまとめました。

ドラフト1巡目 チャンドラー・ジョーンズ CHANDLER JONES DE
33tackles 6.0sacks 3ff
チームから最大の評価を受け、見事ドラフト1で鳴り物入りで入団。スポーツ一家(2人の兄はアメフト選手(アーサー、レイブンス)と総合格闘家(ジョン、現UFC世界ライトヘビー級王者))から受け継いだ自慢の体格はキャンプ入り直後から評価大。開幕のタイタンズ戦でいきなり1サック、1FFと好スタートを切ると、ウィーク6のシアトル戦で2サックを記録するなど、ディフェンス新人王の最有力候補ともされました。しかしそんな矢先のコルツ戦で足を痛め、次のジェッツ戦は欠場。本人も相当悔しいはずです。チーム最高のパスラッシャーだけに早い復帰が望まれます。

ドラフト1巡目 ドンタ・ハイタワー DONTA' HIGHTOWER LB
35tackles 3.0sacks
名門アラバマ大からジョーンズの指名4番後に指名され入団。開幕戦ではそのジョーンズが誘ったファンブルをリカバーTDを記録し、素晴らしいデビューを果たしました。ウィーク4のビルズ戦では初サックを記録するも、故障で途中交代。3週間離脱するも、復帰してからはレギュラーLBとしていい働きを見せています。スピードは特に速くないものの、堅実なタックル力が持ち味の若きバッカーに注目です。

ドラフト2巡目 タヴォン・ウィルソン TAVON WILSON S
32tackles 4int
意外の指名とされたウィルソンですが、デビューの開幕戦でチームシーズン初となるINTを記録するなど、逸材ぶりを発揮。しかし不安定なプレーで控えに回るも、たびたび出場するとボールが集まるようにINTを連発し、現在新人トップ、またチームでトップの4INTと優れたボールスキルをみせてます。今後も成長を続け、いずれはS チャンS グレゴリーの両ベテランから出場機会を奪いたいところです。

ドラフト3巡目 ジェイク・ベケット JAKE BEQUETTE DE
no stats
3巡目と高評価を得て入団も、今季ほとんど全試合でインアクティブであまり出場できてません。しかしここに来て、DE カニングガム(出場停止)とDE ジョーンズ(故障)の離脱で急遽チャンスが巡ってきてます。

ドラフト6巡目 ネイト・エブナ― NATE EBNER S
11tackles
主力セーフティー勢の相次ぐ故障でルーキーながらほぼ強行な形で出場を果たしたエブナ―。ベテラン勢の復帰後は主にSTでプレー。ラグビー出身という異色な経歴で話題になった選手で、出場はあまり多くないもののチームで最大(?)の肩パッド入りのユニフォーム姿で目立っています。

ドラフト7巡目 アルフォンソ・デナード ALFONZO DENNARD CB
25tackles 3int 1ff
ドラフト前に暴行事件で逮捕され、評価を大きく落としたデナード。結局7巡目にようやくペイトリオッツに指名を受け、入団しました。開幕ロスター入りを果たすも故障で出遅れ、ウィーク4までは全試合インアクティブ。初出場となったウィーク5でのデンバー戦ではQB マニングに幾度も狙われるも、持ち味のカバースキルを発揮し、パスを通させず上々のデビューを果たすと、2週間後のジェッツ戦で 初INTを記録。その翌週からはレギュラーCBに定着し、コルツ戦ではプロ入り初リターンTDを記録するなどプレーメーカーとして活躍を見せました。下位指名にもめげず、"スティール”並みの活躍で既にエースCBとして大成長を遂げた男に今後も期待です。

ドラフト7巡目 ジャーミー・エバート JEREMY EBERT WR
no stats
開幕前はレシーバーの層の厚さにより、惜しくもロスター入りならず。イーグルスのPSに一度入るも、すぐさま解雇。暫く無所属が続いていたものの、27日にペイトリオッツのPSに登録され古巣に復帰。現在チームのWRの層が薄いため、食い込めるチャンスです。

ドラフト外 ブランドン・ボルディン BRANDON BOLDEN RB
43car 234yds 2td 5.4yds/car
ドラフト外から見事開幕ロスター入りを果たしたボルディン。ウィーク4でのビルズ戦で137ヤードを記録し、活躍を見せました。しかしウィーク7から薬物使用で出場停止処分を受けるなど、オフフィールドでルーキーミス。来月には復帰可能だけに離脱した分を取り返したいところです。

ドラフト外 ジャスティン・フランシス JUSTIN FRANCIS DE
1tackle
ボルディンと同様ドラフト外から開幕ロスター入り。ここまでインアクティブであまり試合に出場できてませんが、DE ベケットと同様、カニングガムとジョーンズの離脱で急遽チャンスが巡ってきてます。

ドラフト外 ジェフ・デンプス JEFF DEMPS RB
no stats
オリンピック・メダリストとして話題性とともにドラフト外で入団しました。プレシーズンでは多くのプレーの機会を得るも、開幕前の最終試合に足を故障。すぐさま、IR入りし、シーズンエンド。来季は若手中心のRB勢に食い込めるか。

tough loss yet again 

Super Bowl XLVI - final
New York Giants 21
New England Patriots 17


ペイトリオッツは接戦の末、敗退。またもやジャイアンツに勝てず、連勝は10でストップ。

試合序盤は相手ペース。9-0とされるも、FGとTDで前半を1点のリードで折り返し。後半直後にTDでリードを広げるも、粘る相手の攻撃を封じきれず、試合残り1分で再びビハインド。最後の奇跡のパスが失敗に終わり、試合終了。

オフェンスは1stクォーターこそ苦しむも、2ndクォーターからパスとランをつなぐ作戦が効き、何とか立て直しました。後半も同じ戦法でリードを拡大し、流れは引き寄せたようなものでした。しかしロングゲインを狙ったTE グロンコースキーのパスがINTされ、勢いは消沈。中々追加点を奪えず、ディフェンスに負担を与えました。ただラインは相手の厳しいパスラッシュをぎりぎりまで食い止め、前回の二の舞は避けた形となりました。ただ、またしても一歩足りず、最後はもはや絶望のパスに頼らなければならない状態では勝ちには値しないということでしょう。

ディフェンスは立ち上がりから踏ん張りを見せます。QB マニングに3サックを浴びせ、2つのフォースファンブルも記録。ただサックはとてもタイムリーとは言えず、ファンブルもリカバーは2度とも相手にされるなどツキもありませんでした。さらに際どいキャッチ、プレーも目立ち、あと一歩でボールに触れられそうな場面も多目立ちました。こればかりは仕方ありません。いいタックルなどもあり、決して悪い内容ではありませんでした。ただ敗戦という事実は変わらないため、決して慰めにはなりません。

4年越しのスーバーボウルも似たような形で破れ、今は悔しさと落胆のみが残ります。オフェンスはTE主体の戦法が旋風を起こしました。課題だったラインも若手の台頭などで再構築に成功。ディフェンスではここ数年不足していたパスラッシュがベテラン勢の活躍し、DT ウィルフォークが大車輪のごとく奮闘しました。ケガに苦しみ、決していい結果が出ず。しかし長らく勝利の無かったプレーオフではオフェンスを支えるまでにも成長しました。そして迎えたこの日、惜しくも敗退。悔しさを胸に、前を向くしかありません。

今シーズンも当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

In Gronk We Trust 

Super Bowl XLVI - Friday Injury Report


Questionable
OT キャノン (かかと) (LP)
S チャン (ひざ) (LP)
LB フレッチャー (親指) (LP)
TE グロンコースキー (かかと) (LP)
DT ラブ (かかと) (LP)
OL マンキンス (ひざ) (LP)
LB ニンコビッチ (臀部) (LP)
LB スパイクス (ひざ) (LP)
OL ボルマー (風邪/腰/足) (LP)
WR ウェルカー (ひざ) (LP)
LB ホワイト (腹部) (LP)

Probable
WR ブランチ (ひざ) (FP)
C コノリー (グロイン) (FP)
S イヘディボ (肩) (FP)
OL ライト (風邪) (FP)
WR スレーター (肩) (FP)
スーパーボウル前の最終レポートです。大きな話題となっているグロンコースキーは一部の練習に復帰、Questionableになっています。万全の復帰とはならないものの、出場はほぼ濃厚。最終的には本人が決断すると言うことで、グロンクの性格を考えると、さすがに欠場にはならないはずです。一方でこの日のためにロスター登録をしていたとしてもおかしくなかったボルマー。いくつかの報道では出場が確実とされており、大一番での復帰は頼もしいです。ただ実戦から遠ざかっており、ジャイアンツのパスラッシャーに対しての出場は厳しいかも知れません。

試合まであと2日。シーズンを締めくくるべく、狙うは制覇。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。