スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

。。。 

スポンサーサイト

tough loss yet again 

Super Bowl XLVI - final
New York Giants 21
New England Patriots 17


ペイトリオッツは接戦の末、敗退。またもやジャイアンツに勝てず、連勝は10でストップ。

試合序盤は相手ペース。9-0とされるも、FGとTDで前半を1点のリードで折り返し。後半直後にTDでリードを広げるも、粘る相手の攻撃を封じきれず、試合残り1分で再びビハインド。最後の奇跡のパスが失敗に終わり、試合終了。

オフェンスは1stクォーターこそ苦しむも、2ndクォーターからパスとランをつなぐ作戦が効き、何とか立て直しました。後半も同じ戦法でリードを拡大し、流れは引き寄せたようなものでした。しかしロングゲインを狙ったTE グロンコースキーのパスがINTされ、勢いは消沈。中々追加点を奪えず、ディフェンスに負担を与えました。ただラインは相手の厳しいパスラッシュをぎりぎりまで食い止め、前回の二の舞は避けた形となりました。ただ、またしても一歩足りず、最後はもはや絶望のパスに頼らなければならない状態では勝ちには値しないということでしょう。

ディフェンスは立ち上がりから踏ん張りを見せます。QB マニングに3サックを浴びせ、2つのフォースファンブルも記録。ただサックはとてもタイムリーとは言えず、ファンブルもリカバーは2度とも相手にされるなどツキもありませんでした。さらに際どいキャッチ、プレーも目立ち、あと一歩でボールに触れられそうな場面も多目立ちました。こればかりは仕方ありません。いいタックルなどもあり、決して悪い内容ではありませんでした。ただ敗戦という事実は変わらないため、決して慰めにはなりません。

4年越しのスーバーボウルも似たような形で破れ、今は悔しさと落胆のみが残ります。オフェンスはTE主体の戦法が旋風を起こしました。課題だったラインも若手の台頭などで再構築に成功。ディフェンスではここ数年不足していたパスラッシュがベテラン勢の活躍し、DT ウィルフォークが大車輪のごとく奮闘しました。ケガに苦しみ、決していい結果が出ず。しかし長らく勝利の無かったプレーオフではオフェンスを支えるまでにも成長しました。そして迎えたこの日、惜しくも敗退。悔しさを胸に、前を向くしかありません。

今シーズンも当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

most wanted win 

AFC Divisional Round - final
Denver Broncos 10
New England Patriots 45


攻守に圧倒し、ペイトリオッツはブロンコスを粉砕。2007年以来、4シーズンぶりのプレーオフ勝利でAFC王座決定戦に進出。

前半は完全にパッツペース。1stクォーターに2TD、2ndクォーターに3TDで一気にリードを拡大。ディフェンスも冴え、ほぼ完璧に封じ込み、そのまま逃げ切って45-10で大勝。

オフェンスは立ち上がりからノーハドルがはまり、いきなり2TDで14-0とします。しかしその後、QB ブレディーのINTで事態は変わります。これまでのプレーオフではそういったミスが敗因となっていただけに、正直焦りました。あのブレディーの怒りの形相が物語っていました。その怒りで吹っ切れたのか2ndクォーター残り8分で怒濤の3TDを決め、前半を35-7で大きく引き離しました。3rdクォーターにはプレーオフ記録に並ぶ1試合6TDを決め、最高の形で勝利をつかみました。TE グロンコースキー(10キャッチ、145ヤード、3TD)とTE ヘルナンデス(4キャッチ、55ヤード、1TD、61ラッシュヤード)のTEコンビの活躍が目立ち、相手ディフェンスを苦しめられました。

ディフェンスは大事な試合で、今季最高のパフォーマンスを見せました。まるで相手のハドルにいるような感覚で次々とタックルを決めていました。この1週間で研究に研究を重ねたのが目に浮かびます。特にブロンコスの持ち味のオプション攻撃の読みがすべて当たっていたのが印象的でした。特に活躍していたのがDT ウィルフォークDT ラブLB ニンコビッチLB スパイクス。DTコンビは相手のOラインを終始押しまくり、ランをシャットアウト。またバッカー陣も2人合わせて11タックル、2.5サック、1フォースファンブル&リカバリーと大健闘でした。しかし一番の誇れる数字は15。ヤードロスさせたプレーの回数です。確実なタックルが常に光り、相手を自由にプレーさせませんでした。

4年という長い歳月で1勝もできなかったペイトリオッツ。ようやく勝利を手にし、悪い流れを変えられそうな勝利となりそうです。あと1つ勝てばSB出場という大きな舞台への切符を手にします。今のチームにとって何も怯える事は無いはずです。各選手がしっかり役割を果たせば、自ずと結果もついてくるでしょう。

次戦の対戦相手はレイブンスかテキサンズ。どちらも守備が良く、この試合みたいな快勝はまず無いと思われます。ただ今はゆっくり休み、来る試合に臨むのみです。

1st seed captured 

新年あけましておめでとうございます。2012年もペイトリオッツと当ブログをよろしくお願いします。

final
Buffalo Bills 21
New England Patriots 49


ペイトリオッツはビルズに逆転勝利を収め、8連勝。今季13勝目を挙げ、堂々のコンファレンス・トップでいざプレーオフへ。

序盤は完全にビルズペース。ディフェンスは3ドライブ連続でTDを許すなど波乱の幕開け。しかし2ndクォーターから息を吹き返し、2TDで7点差で前半終了。後半戦は2つのFGで1点差に迫ると、4TDなどで一気にリードを拡大。ディフェンスもしっかり立て直し、49-21での大逆転勝利。

オフェンスはやや低調気味。しかしいきなり21点差を付けられるも、決して慌てませんでした。ランとパスをバランスよく絡め、2ndクォーターには本調子を取り戻します。特に目立ったのは珍しいプレーでした。TE ヘルナンデスWR エドルマンをエンドラウンドでラッシュさせるなど、プレーオフへ向けて色々試してるのではと思いました。この試合でQB ブレディーは338ヤード投げ、大台の5,000ヤードを突破。おしくも記録更新とはならなかったものの、本人は大して気にはしないでしょう。また、この日エースバックを務めたRB リドリーはキャリアハイの81ヤードを記録し、いい成長ぶりをみせてます。

ディフェンスはこの試合で集大成が問われると言いましたが、立ち上がりから大きく苦しみます。次々とパスを繋げられ、ランもなかなか止められず。3TDでまたか・・・といった展開。しかし2ndクォーターから粘り強いディフェンスに変わります。要因の一つとしてあげられるのは選手の入れ替えでした。いいプレーが少なかったCB アーリントンCB ムーアを代えると、直後のプレーで技ありのINTを記録し、試合の流れを引き寄せました。試合終了間際には2つ目のINTでTDを決め、采配がうまくはまった形でした。この日ようやく復帰したS チャンは全スナップに登場し、万全をアピール。3タックルを記録したLB スパイクスも、今後の活躍を期待できそうでした。

49連続得点で終わってみれば大勝。チームの精神力の強さには本当に痺れます。先週に続き相手に大きいリードを奪われるも、攻守がきっちり立て直し、勝利に結びました。決して2チームとも強いチームではないため、評価は難しいですが、勝ちは勝ち。プレーオフでの連敗の要因の一つに、大きくリードを許してしまう事があり、中々アジャストがうまく出来ない場面も目立ちました。こういった展開にもめげずに、立ち上がって戦うチームを信頼できないわけありません。

さて、来週は貫禄十分のバイウィーク。静かにAFCディビジョナル・プレーオフの対戦相手を待ちます。

different halves 

final
Miami Dolphins 24
New England Patriots 27


ペイトリオッツは苦境にもめげず、ドルフィンズに逆転勝利。破竹の7連勝で第2シード以上が確定。

序盤から好守に苦しみ、前半は17-0とまさかの大量ビハインドの展開。しかしハーフタイムを皮切りに27点を嵐のように奪い、逆転に成功。終盤には3点差とされるも、リードを守りきり、27-24で逆転勝利。

オフェンスは前半・後半で全く違うチームでした。序盤は主力ラインマンの欠場が影響したのか、ドルフィンズのパスラッシュを全く止めれず。ラッシュもほとんど機能せず、予想していた悪循環に陥ってしまいました。前半7回のポゼションの内、6回をパントで終えるなど終始押さっぱなし。プレーオフが憂鬱になりるような展開も、後半になり、流れは変わります。ラインの再建がうまくはまったのか、プロテクションが安定。パスが次々と決まり始め、味方ディフェンスの援護などで次々と点を奪います。3TDと2FGで5ドライブすべてで点を入れ続け、ついに逆転に成功。見事立て直したのはいいとして、アジャストに30分掛かった点では今後の課題となります。

ディフェンスではフロント7とDB陣で明暗が分かれました。フロント7はアグレッシブなラッシュが効き、QB ムーアにプレッシャーを与えられました。2サックを記録したLB メイヨを筆頭に、LB ニンコビッチDE エリスDE デドリックがそれぞれ1サックを決め、計5サック。もう少しでサックという場面も多く、相手のOラインを攻略してました。しかしDB陣はこの日も苦しみ、特にビッグプレーを多く許したのが悪印象。開幕戦でも苦しめられたWR マーシャルに7キャッチ、156ヤード、1TDとまたもやられてしまいました。結果的には後半のディフェンスが勝利の立役者になったため、決して下を向くような内容ではありません。

ここ数試合は相手よりボールを持つ時間が少ないことが多いものの、この日は相手より1分上回りました。懸念されていたディフェンスの守備時間を見事減らせたことがいえます。オフェンスが短いパスをよく使い、時間を減らす工夫も見られました。最後にはやはり17点差をひっくり返したチームの精神力に尽きます。

シーズンも残すところあとビルズ戦のみ。第1シードを狙えるチャンスがあるうちは勝ちに行くはずです。

Ain't No Magic 

final
New England Patriots 41
Denver Broncos 23


ペイトリオッツはQB ティーボウ率いるブロンコスに快勝し、6連勝。2009年から3連続優勝を達成し、プレーオフ進出が確定。

1stクォーターは2TDなどでリードを奪われるも、2ndクォーターに4ドライブ連続で計20点の怒濤の攻撃で一気に逆転。後半はディフェンスが踏ん張り、2つのTDでさらに突き放し、終わってみれば41-23での快勝。

オフェンスは効率的にうまく得点を重ね、いつもの波は見られませんでした。厳しい敵地でこのような試合運びを出来るのはさすがと言えます。そんな中、目立っていたのはTE グロンコースキーWR ウェルカーでもなく、その二人以外でした。まずTE ヘルナンデスQB ブレディーのメインターゲットとなり、チームトップの9キャッチ、129ヤード、1TDを記録。ひざの調子も良いのか、俊敏な動きでディフェンスを次々と交わしていました。また、WR ブランチの欠場で多くのスナップに登場したWR オチョシンコが移籍後初TDを記録し、ようやくチームに貢献。一方で懸念されていたラッシュでは11キャリーで65ヤードを稼いだRB リドリーを筆頭に好ランが目立ち、計141ヤードと結果を出しました。

ディフェンスは立ち上がりから相手のランを全く止められず。DE カーターが負傷するなど、嫌な幕開けでした。しかし2ndクォーターになるとティーボウにプレッシャーを掛けられるようになると、試合の空気は一変。3つのターンオーバーを作り、試合の流れを一気に引き寄せました。その流れは後半にも続き、目立ったのは執念深いディフェンスでした。特に4thクォーターでスクランブルしながら後ろに下がっていくティーボウをLB ニンコビッチが必死に追いかけてサックした場面には興奮しました。結果252ヤードをラッシュで許すも、この粘りは勝ちに値するはずです。また1度もパスTDを許さなかったなど、評価できます。

序盤のディフェンスだけを見てたら、長い試合になりそうでした。しかししっかりアジャストを見せ、勝利を得ました。ここ数年はアジャストメントに手こずる試合もあっただけに、大きく負け越してる地でこのような試合を出来たのは今後に繋がるはずです。優勝も決め、プレーオフまで残すところあと2試合。さらなる成長に期待です。

次戦は6日後のクリスマス・イブ。相手は新コーチで早々と白星を挙げたドルフィンズ。開幕7連敗のあとに5勝するなど、危険なチームです。

last minute stop 

final
New England Patriots 34
Washington Redskins 27


ペイトリオッツはレッドスキンズとのシーソーゲームを制し、5連勝。9年連続の10勝到達。

ファンブルリカバーTDで運良く先制。2つめのTDで突き放すも、レッドスキンズの攻撃に耐えきれず、前半は20-20で折り返し。後半も熾烈な点の取り合いとなるも、最後はわずかなリードをエンドゾーンで死守し、34-27で逃げ切り勝利。

オフェンスはこの日も序盤からラン攻撃に苦労。ほとんどが素早い得点だったため、ポゼションバトルでいきなり不利に立ちました。結果、ディフェンスの負担は増え、今後の大きな課題です。またこの日QB ブレディーはこれまで見たこと無いほど低調で、普段なら確実に通すようなパスを選手の居ないグラウンド、また選手の頭上などに投げていました。敵地でのコミュニケーションミスだと信じたいです。また、4thクォーターにはリードを広げるチャンスでINTを投げると、ベンチでオブライアンOCと激しく口論。どうやら自らのミスを責められ、取り乱していた様子でした。満足のいく結果を出したいという表れだとして、オフェンスはさらなる向上を誓います。

ディフェンスは終始不安定。立ち上がりこそサック+ファンブル+TDなど上々の内容も、途中まったく相手を止められる気配さえありませんでした。パスはもちろん、この日はラン攻撃にも苦しみ、RB ヘルーらRB陣に計170ヤード献上し、大炎上。パスではほとんどQB グロスマンにプレッシャーを掛けられず、簡単にパスを通されてしまいました。肝心のレッドゾーンでのディフェンスがこの日はうまくいかず、TDを多く許したのが非常に痛かったです。最後には何とか抑えたものの、決死のINTキャッチを決めたLB メイヨがなんと負傷。ただでさえ弱いディフェンスがさらなる窮地に立たされるほど、苦しかった試合でした。

最後は相手のミスに助けられた形でしたが、課題は残ります。オフェンスではランと3番手WRの確立が必須。ブレディーのINTの際のレシーバーはまだチームに入って間もないWR アンダーウッドでした。WR オチョシンコにもう少しチャンスを与えてもいいと思います。ディフェンスはすべてにおいて課題だらけ。今いる選手でやりくりするしかない状態ですが、早い立て直しが求められます。短いシーズンにならないためにも・・・。

来週はデンバーでのブロンコス戦。神の子対かつての神童といったところでしょうか。苦手な地でティーボウ・マジック退治に挑みます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。