スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Headed to the Super Bowl 

Conference Championship - final
Baltimore Ravens 20
New England Patriots 23


激戦の末、ディフェンスが踏ん張り、ペイトリオッツが辛勝。AFCのトップに輝き、4年ぶりの夢舞台、スーパーボウルへ。

序盤から点を取り合う展開も、ハーフタイム前にFGで勝ち越し。その後は4点のビハインドとなるも、4thクォーターの4th&Goalをものにし、逆転。試合終了間際にはレッドゾーンまで追いやられるも、相手にFGミスに助けられ、逃げ切って勝利。

オフェンスは見た目以上に苦しみ、ラッシュとパス、ターンオーバー、ボール所持時間のすべてにおいて相手より下回りました。懸念とされていたレッドゾーンでは5回で2TDのみとチャンスも生かせず。しかしその2つのTDはとてもペイトリオッツらしくない泥臭いTDでした。特に逆転TDではQB ブレディーが決死のダイブ。エビぞり状態になりながらも、立ち上がり、ボールを地面にたたきつけた姿には鳥肌が立ちました。司令塔の身を削ったプレーでチームの士気は最高潮となったはずです。結局ブレディーは0パスTD、2INTと今季最悪の成績でした。ディフェンスが作ったターンオーバーも、直後に無茶なパスでINTを献上。見ていて怒りが収まりませんでした。オフェンスは低調に終わり、それを救ったのが・・・。

ディフェンスは試合開始から2ドライブ連続で1stダウンを更新させず、いい立ち上がり。しかしQB フラッコのロングパスからパスが通り始め、一時は押されます。特に故障者が出始めた後半では、代わりに入った選手が大いに狙われました。中でもルーキーのCB ムーアは苦しみ、自らのタックルミスでTDを許してしまいます。そのTDで逆転を許し、流れは俄然相手の方へ。何とか再び逆転するも、3点差のまま試合は終盤を迎えます。2分内でFGエリアまで攻められ、後が無いなか、フラッコのTDパス・・・。負けを覚悟した瞬間、ムーアがWR エバンスの手中のボールを弾き返し、TDは土壇場で覆りました。続くプレーでもボールを弾くと、4thダウンからのFGは大きく外れ、試合終了。

ディフェンスが何とか踏みとどまり、勝利を収めました。オフェンスが苦しむ時、助けるのはやはりディフェンスでした。今季はオフェンスに助けられた勝利が多く、ディフェンスはほとんど評価されてませんでした。強豪揃いのプレーオフでは致命的になるとされましたが、この日は逆に勝利の立役者。立て直したヘッドコーチもそうですが、実際プレーしてるのは選手です。試合後の会見でもチームの奮闘を称え、ねぎらっていました。コーチ陣と選手にとって仕事はもちろんあと1つ。夢舞台での7年ぶりの勝利です。

11年で5度目のSB。対するはジャイアンツ。パーフェクトシーズンを粉砕された相手に雪辱を果たします。
スポンサーサイト

after the bowl 

パッカーズの快進撃で終えたスーパーボウルから約1ヶ月。FA契約解禁、ドラフトが迫る中、Patriot Wayも始動です。昨シーズンは残念な結末となりましたが、いつまでも引きずるわけにはいきません。

これまでのオフでは、先月14日のLG マンキンズにフランチャイズ・タグを適用したのが大きいニュースとなりました。昨年はシーズン途中の復帰ながら、チームの快進撃の原動力となっていました。しかし大型契約に至らなかったのは残念でした。そして月が変わって昨日、ペイトリオッツはビルズからFAとなっていたDT ストラウドと2年契約を結び、今オフ最初の"補強"。巨体を生かしてのプレーに期待です。

ブログのトップに固定記事として、チームの動向をまとめています。今季も宜しくお願いします。

Jets it is 

ペイトリオッツの対戦相手はコルツとの接戦を制したジェッツに決定しました。宿敵のコルツを破っただけに、勢いは十分。先月の大敗の雪辱を狙ってくるはずです。今季2試合はホームでそれぞれが勝っており、決着をつけることとなります。ここに来て負けるわけにはいきません。Let's Go Pats!!

good sign 

昨夜無事にPheonix入りを果たしたPats。
今日は早速練習が行われました。
朗報はQB T.Bradyが練習に参加したこと。
長い走り込みを含む全練習に参加し、健全をアピール。
あと数日の練習で100%に戻してくれることを祈りたいところ。
明日はSB名物、Media Dayが行われる予定だそうな。

off to Arizona 

Patsはファンに見送られ、昼前にArizona州へ出発。
NY時間の夜には到着するようです。
SBがいよいよ1週間と迫ってきました。
会見や練習などでの注目度がさらに加熱し、チームにとっては妨げに感じるでしょう。
しかしPatsにはそれらを心配する必要はないかと。
でも最大の注目はQB T.Bradyになってきますが~~。

not present 

2日目の練習が先ほど終了。
ケガが噂されているQB T.Bradyの姿は無く、さらに憶測が飛び交ってます。
ケガ人には堅く口を閉ざすPatsだけにメディアはやきもき。
Belichick HCは来週の水曜のInjury Reportまでは何もコメントはないそうです。
一方、Bradyのチームメイトはこの事態を面白がってる様子。
DE R.Seymourは「どのチャンネルに変えてもそれ(Bradyの写真)だったよ。
足のギブスに注目されていたけど、オレは花に注目していた」とコメント。
WR D.Stallworthに至っては、
「実はBillに呼ばれて、QBに転向しないかと言われたんだ」と豪語。
本当の事は来週までは不明になりそうです。

no problem 

PatsのSB出場が決まって早2日。
まだ余韻に浸ってる中、飛び込んできたこのニュース。
QB T.BradyがNew Yorkでパパラッチに捕まり、恋人宅へ向かうところを激写。
本当はここで終わるはずなんですが、写真をよく見ると右の足にギブスが。
憶測が全米中に広まり、SB出場が危ぶまれるかなどの話題で持ちきり。
しかし本人は至って冷静。
「こういう事は試合でつきもの。担架にでも乗らない限りSBには出るよ」とコメント。
彼のお父さんまでもラジオに出演し絶対にプレーするときっぱり。
私も同意見です。
きっとシーズンの疲れからのケガだと思いますし、1週間の休養も必要かと。
負けん気の強いBradyがSB出ないなんてありえないでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。