スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Super Bowl Pre-Game Report 

Super Bowl XLVI
New York Giants vs New England Patriots
Pre-Game Report


ついに待ちに待った夢の大一番。ここまで数々の死闘を経て、狙うは"雪辱"しての"制覇"。

Nightmare Offense
2度目のSB出場と今季の活躍で兄越えの声もささやかれるQB マニング。特に多彩なレシーバー陣を仕切る姿は兄譲りと言えます。レギュラーシーズンではWR クルーズWR ニックスが共に1,000ヤードを越え、TE バラードWR マニングハムら武器は多数。中でもPOでトップのヤード数を持つニックス(18rec/335yds/4td)、キャッチ数3位のクルーズ(17rec/244yds)は絶好調で要注意です。クルーズはスロットWRで守るのがもっとも厄介で、どのようなマッチアップで挑むのかが鍵となります。ここのところセーフティーとして起用されているCB マコーティーをニッケルDBとする事が予想されます。そして残りのレシーバー陣をCB アーリントンCB ムーアが担当します。

4-year Reflection
ジャイアンツDの特徴はやはり強力パスラッシュにあります。DE ウメノリアDE タックDE ピエール=ポールなどの活躍でNFLトップ3のサック数(48.0)を記録しました。特に2年目の新鋭ピエール=ポール(チームトップの16.5サック)はLBの位置からどこでもラッシュしてくるため、見極めが必要になります。ラインの隙間を狙われた際にはRB陣の対応が必須です。一方でパス・ディフェンスに至ってはNFLワースト4位の被ヤード(4,082yds)と決して良いとは言えず、ノーハドルでアタックできるはず。また、序盤でランを確立させ、パスを読みにくくする作戦も考えられます。オフェンスは4年前の反省をいかし、強力ディフェンスに挑みます。
スポンサーサイト

Conference Championship Game Report 

Conference Championship
Baltimore Ravens @ New England Patriots
Game Report

AFCの頂点を決めるザ・ゲーム。勝てばSB、負ければSBを見ずに敗退とまさに雲底の差。

Plenty of Rice
この試合の最大課題はやはりRB ライスを止められるかにかかっています。今季はNFL2位のラッシュヤード数を記録し、12TDとチームの得点源となっています。またレシーバーとしてもRBながらチームトップの76キャッチを記録しており、両面で非常に厄介な選手です。2年前のフォックスボロでのロングTDも記憶に新しく、二の舞は避けたいところ。策としてはLB一人にライスをスパイさせ、徹底的にマークをするのが考えられます。一方でチーム内から不満の声も出ているQB フラッコ。今季はNFL26位のパス成功率(57.6%)と苦しんでます。しかし有能なレシーバーは多く、特にチームトップの獲得ヤード数を誇るWR ボルデン(887)、そしてチームトップの1パス平均ヤード数を持つWR スミス(16.8)は要注意な選手です。DB陣は1対1のバトルでは容易にスペースを空けないようにしないといけません。

The Sword vs the Shield
この試合はまさに矛と盾。レイブンスはNFL最高のレッドゾーン・ディフェンスを誇り、なかなか得点を与えません。一方で我がペイトリオッツはレッドゾーン・オフェンスでリーグ2位に付けており、得点力を誇ります。そのため、オフェンスとしてはレッドゾーンでの徹底ぶりが求められます。1ヤードでもエンドゾーンに近づく、「FGよりTD」の哲学です。しかし相手は何がなんでもWR ウェルカーTE グロンコースキーをマークしてくるのは目に見えますし、そう容易にはいかないと思います。特にチームトップのサック数を持つLB サグス、タックル数を持つLB ルイス、そして3INTを記録しているS リードの3選手には要注意です。

Let's Go Pats!!

Divisional Playoff Game Report 

Divisional Playoffs: Denver Broncos @ New England Patriots
Game Report

ついに待ちに待ったプレーオフ。ここ数年は白星から遠ざかってるだけに、取りたい一戦。

Stop the Run
ブロンコスと戦ったのはちょうど1ヶ月前。ディフェンスは特に相手のラッシュ攻撃に苦しみ、1stクォーターだけで167ヤードを献上するなど苦労しました。その後の2試合も前半に苦しむ傾向が見られただけに、プレーオフではさらなる向上が求められます。ただ注意は最近パスに自信を持ち始めているQB ティーボウ。特に長いパスはちょうど良いところに通せるようになっており、格段に成長を遂げています。プレーアクションなどが決まる前、早めにランを止めたいところです。

Who's turn?
以前のブロンコス戦ではWR ブランチが欠場。WR オチョシンコが初TDを記録し、きつくディフェンドされていたWR ウェルカーTE グロンコースキーの代わりにTE ヘルナンデスが大活躍していました。様々なオプションがある中、ラン中心の攻めも考えられます。エースバッカーになりつつあるRB リドリー、ここ最近活躍を見せているRB ウッドヘッド、ゴールラインに強いRB グリーン=エリスらにボールを渡し、オフェンスを読まれにくくするのも手です。この試合はペン州立大HC就任後初の試合となるオブライアンOC、また復帰したマクダニエルズOC補佐にとっても初試合となります。

Let's Go Pats!!

Wk 17 Game Report 

Week 17: Buffalo Bills @ New England Patriots
Game Report

いよいよレギュラーシーズンも残り1試合。勝てば8連勝、シードトップも確定します。

Final Compilation
ディフェンスは今季これまで、ケガや選手の力不足などで低迷。オフェンスで何とか勝ててるとメディアに揶揄されました。しかし先週、オフェンスが全く機能しなかった中、ディフェンスが踏ん張り、逆転勝利に繋げました。ビルズにはWR ジョンソンTE チャンドラー、活躍中のRB スピラーなど好選手が揃っており、いいテストとなります。中でもケガからの復帰を目指すチャンとスパイクスには出場してもらい、実戦慣れしてほしいものです。またチーム全体でプレーオフ前の最終調整としてのいいパフォーマンスに期待です。

Revenge
開幕2連勝同士で激突したウィーク3。QB ブレディーが4INTを投じるなど、攻守にピリッとせず、シーズン初黒星を喫しました。その屈辱を胸に、試合に挑みます。ビルズは先週のデンバー戦でQB ティーボウから3INTを奪うなど、アグレッシブなディフェンスです。どのぐらい主力を残すか分かりませんが、攻め入る隙があるのはラッシュディフェンス。1試合平均139.1ヤード(NFLワースト4位)と苦しんでおり、ラン中心で行くのも名案です。特にここ数試合でエースバックの片鱗を見せつつあるRB リドリーにはビッグゲームを期待したいところ。

Let's Go Pats!!

Wk 16 Game Report 

Week 16: Miami Dolphins @ New England Patriots
Game Report

敵地での値千金の勝利で、シードトップに浮上。ホームで好調のドルフィンズを迎えます。

3 Main Forces
開幕7連敗から、残り8試合で5勝を挙げ、最下位も脱出したドルフィンズ。その理由の一つとして、オフェンスの向上が挙げられます。まずQB ムーアは過去9試合で12TD・3INTとバランスのいい比率を残してます。ムーアのメイン・ターゲットのWR マーシャルはペイトリオッツとの開幕戦で7キャッチ、139ヤードと苦しめられただけに、二の舞は避けたいところです。また、ベテランのRB ブッシュも調子を上げており、ここ3試合で406ヤード、1キャリー平均6.7ヤードと素晴らしい成績。ラッシュディフェンスが突如悪化している、いい試練となります。

Dilemma
ドルフィンズのディフェンスは成績より良く、見くびれません。中でもラッシュディフェンスが良く、1試合あたりの平均91.6ヤードは49ersとレーブンスに次ぐNFL3位。1キャリーあたりのヤード数も3.6とかなり良く、ランをするのは至難となりそうです。また、3rdダウンのディフェンスにも長けており、成功率32.5%はリーグ5位と検討しています。ランがなかなか決まらず、3rd&ロングの状況になる・・・というシナリオが十分想像できます。それを防ぐためにも、ランを確立させ、3rdダウンを楽にしたいところです。

Let's Go Pats!!

Wk 15 Game Report 

Week 15: New England Patriots @ Denver Broncos
Game Report

ディフェンスの冴えない中、全米が注目する試合がやってきます。快進撃を続ける神の子に土を付けられるか。

Rushing Team
QB ティーボウだけに目が行きがちですが、チーム全体でランを得意としてます。今季はNFL2位のキャリー数(433)、トップのヤード数(2031)、1試合平均ヤード数(156.2)と素晴らしい数字です。ティーボウはQBではQB ニュートンに次ぐ2位となるキャリー数(94)、1キャリーあたりの平均(5.5)はQB ビックに次ぐ2位と危険な選手。その良き相棒はベテランのRB マゲーヒーで、既に1,000ヤード弱を走っています。ディフェンスは先週、170ラッシュヤードを許すなどランに苦しんだだけに、修正が必須です。ただ、両選手は合計で計7ファンブルを記録しており、弱点といえます。

Pressuring D, part II
レッドスキンズのパスラッシュは耐えきったものの、今週も注意が必要です。ブロンコスはNFL4位の37サックを誇っており、ティーボウ・マジックの原動力と言えます。中でもチームトップの11.5サックを記録している新人王を独走中のLB ミラーを筆頭に、DE デューマビル(7.5)、LB ウィリアムス(5)、DT マクビーン(4)らフロント7はリーグ屈指です。O-ラインとしてはプロテクションをしっかり全うしたいところ。また、ディフェンスの最大の特徴は強靱な3rdダウンディフェンスにあり、今季は34.1%しか成功させてません。3rdダウンの成功率が5位(45.8%)のペイトリオッツと激突します。

Let's Go Pats!!

Wk 14 Game Report 

Week 14: New England Patriots @ Washington Redskins
Game Report

先週は快勝の展開から辛勝となり、課題を露出。厳しい敵地での試合で修正を図ります。

Helu Sensation
レッドスキンズのオフェンスはNFLランクでは中盤。ラッシュアタックではルーキーのRB ヘルーのみに頼らざるをえない状況ですが、油断は禁物。ここ2試合連続で100ヤード、1TDを記録、通算でも1キャリーあたり平均4.7ヤードと、急成長を見せています。試合序盤にしっかり止めたいところです。一方でレシーバー陣ではエースのTE テイラーが出場停止も、WR モスWR ギャフニーら布陣は揃ってます。特にかつてQB ブレディーの頼れる3番手WRだったギャフニーは今季46キャッチ、655ヤード、3TDと好成績。また、前述のヘルーもチーム3番目のキャッチ数(42)を記録してるなど、ディフェンスにとっては気の抜けないオフェンスです。

Pressuring D
スキンズのディフェンスは数字的にはリーグ平均ですが、リーグ有数のパスラッシュを持っています。ルーキーながらチームトップのサック数(6.5)を誇るLB ケリガン、3年目のLB オラクポ(6.0)ら若手勢、またLB フレッチャー(1.5)、DE ボーウェン(4.5)、DE キャリカー(5.0)のベテラン勢も好成績を残しています。やや不安定のパッツOラインとしては、最高のテストです。その中で特にRT ソルダーとケリガンのドラフト1位対決は大注目となります。プレッシャーと同様に、パスする際にはフィールド後方にいるプレーメーカーのCB ホールに気をつけたいところです。

Let's Go Pats!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。