スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

last day 

つい先程、ドラフト最終日が終了。各選手を見てみましょう。

4巡目 113番 - TE ヘルナンデス (フロリダ大)

またまたまたのゲイターの指名。ヘルナンデスはドラフトでトップ3に入るTEで、昨シーズンの成績はその中で一番でした。ブロックにも長ける前日に指名したTE グロンコスキーとは異なり、ヘルナンデスは完全にレシーバータイプのTE。スピードもあり、フィールドの真ん中での活躍が期待されます。オフにTE ワトソンTE ベイカーが退団したものの、このドラフトで一気に若返りました。今季序盤はWR ウェルカーが居ないだけに、パッツ・オフェンスでTEが重要となってきます。

5巡目 150番 - P メスコ (ミシガン大)

ここでペイトリオッツはパンターを指名。QB ブレディーの母校出身です。指名順位を考えると、どれくらいチームが評価されているか分かります。現状ではベテランのP ハンソンと争うことになります。ルーマニア生まれで、3カ国語を操る異色の選手です。

6巡目 205番 - C ラーセン (ノースカロライナ州大)

オフェンスの重要なポジション、センターを6巡目に選択。ライバルは多いだけに、アピールが求められます。

7巡目 208番 - OT ウェルチ (バンダービルト大)

ウェルチの特徴は大学時代にTEからタックルに移ったこと。ゴール前でのランプレーにおいて、ブロッカーとしての起用も考えられます。

7巡目 247番 - DE デッデリック (アラバマ大)
7巡目 248番 - DT ウェストン (ジョージア大)
7巡目 250番 - QB ロビンソン (オクラホマ州大)


これで全指名が終了。今回指名したポジションはQB(1人)、TE(2人)、OL(2人)、DL(2人)、LB(2人)、DB(1人)、ST(1人)と非常にバランスのとれた結果となりました。一方で、RBは一人も指名せず。あまりいいRBは居なかったのか。若い選手を一人ぐらい入れても良かっただけに...。ドラフト外での指名が考えられます。

オフシーズンを経て、ドラフトもこれで終わり。新たなシーズンへ向けて、もう始まります。Let's Go Pats!
スポンサーサイト

productive Day 2 

ドラフト2日目も無事に終わりました。豊富に選手を指名できたペイトリオッツ。一人ずつ見てみましょう。

2巡目 42番 - TE グロンコスキー (アリゾナ大)

2番目の選択はチームに不足していたポジションの指名でした。体格は規格外(198cm、120kg)で、かなり大きいターゲットとなりそうなTEです。懸念されるといえば腰の状態。昨シーズンは腰の故障で1試合も出場していませんでした。球団はその腰を信頼して指名したはずので、心配はなさそうです。現状ではTE クランプラーに次ぐ、2番手TEのポジションにいます。

2巡目 53番 - LB カニングハム (フロリダ大)

TEと同様、ここでもチームのニーズにあった指名でした。昨年のペイトリオッツの弱点と言えば、相手QBへのプレッシャー不足。OLBのカニングハムを獲得し、若い血をチームにいれられました。ベリチックと縁の深いメイヤーHC率いるフロリダ大からの指名と、コネクションもあります。現状ではLB バンタケイン、去就が不明のLB トーマスLB バージェスに次ぐ、大型OLBです。

2巡目 62番 - LB スパイクス (フロリダ大)

カニングハムと同じく、フロリダ大出身LBをここで指名。なお、スパイクスはILB。懸念されるのはコンバインの結果。40ヤードダッシュのタイムが遅かったため、評価を落としていました。ただ素材は素晴らしいため、いい指名となったはず。DEもこなせるようなので、ベリチック好みの"ハイブリッド"の選手です。今季はLB メイヨの控えとして期待されます。

3巡目 90番 - WR プライス (オハイオ大)

この日の最後の指名となったのはWRのプライスでした。スピードが売りの選手のようです。ベテランが多いポジションだけに、ドラフトでは指名が予想されていました。キャンプでアピールしたいところです。

予想通り、2日目はチームに不足していたTE、LB、WRをそれぞれ指名したペイトリオッツ。また、元々もっていた3巡目・89番をパンサーズにトレードし、見返りに来年の2巡目の指名権を獲得。ベリチック得意の戦法で、来年のドラフトはこれで1巡目(DE シーモアのトレード(レイダース))と2巡目は2つずつあることになります。さて残すは下位の指名のみとなります。パッツは8つの指名権を持っており、忙しい日は続くでしょう。予想はRB、オフェンシブラインの指名ですが、果たして。

1st pick of 2010 

ドラフト、ついに開幕です。22日、ペイトリオッツは1巡目・27番目にCB マコーティーを指名しました。
DMcCourty_04222010.gif
ラトガ-ズ大では、決して体格には恵まれてないものの、スペシャルチームでもプレーするなど、いろんな役割をこなせる選手のようです。セカンダリーに柔軟性を求めるベリチック好みといったところでしょうか。キャンプでは3番手CBとしてCB ウィルハイトらと競います。しかしながらこの日は22番から2回トレードして最終的には27番目で指名。狙っていたとされるQB ティーボウWR ブライアントがそれぞれトレードしたブロンコス、カウボーイズに指名された事を考えると、果たして思惑通りなのか。

さて今日は2・3巡目の指名が行われます。ペイトリオッツは2巡目の指名を3つ持っており、本日の台風の目となることは必須です。予想ですが、LB、RB、TEを指名してほしいところです。

rest of the picks 

トレード2日目はまだ続くも、Patsはここで終了。
まとめてみたいと思います。

3順目 (78th overall) - LB Shawn Crable (Michigan)
この日最初の指名権はChargersから来年の2順目と今年の5順目を引き替えにトレード。
よって昨日Saintsからトレードで獲得した指名権でLB S.Crableを選択。
Michigan大出身でDEもこなしており、やはりこのドラフトでの補強ポイントはLBでした。
OutsideのLBは層が薄かっただけに、いい指名になるかと。

3順目 (94th overall) - QB Kevin O'Connell (San Diego State)
ついにここでPatsはQBを選択。San Diego州大出身のO'Connelを指名します。
身長が高く、パスの精密度に定評があり、ドラフトでの評価も高かったQBです。
3順目を使うとはそれほどの逸材と言うことは確かです。
Cassel、Gutierrezとの控えQB争いも熾烈になりそうな予感。

4順目 (129th overall) - CB Jonathan Wilhite (Auburn)
予想されていたCBの指名は4順目。
Auburn出身のWilhiteは割と昨日獲得したWheatleyに近いタイプのCB。
ベテランCBが多い中、このドラフトでは2名を指名してます。

5順目 (153rd overall) - ST Matt Slater (UCLA)
ここではこの日二つめのトレードを行います。
Buccaneersから4順目の指名権をもらう代わりに、Patsは今年の5順目と7順目を交換。
そこでPatsはSpecial Teamerとして名を馳せていたUCLA出身のSlaterを指名。
SafetyとWRもこなせ、Patsが好みのST要員としての獲得と言えるのでは。
逆に2つの指名権との交換で取るような選手だったかについては疑問も。

6順目 (197th overall) - LB Bo Ruud (Nebraska)
最後はLBを指名し、このドラフトで3人目となるLBの獲得。
Buccaneersに去年指名されたRuudの弟でNebraska出身。
Mayo、CrableとLBを多く指名した今ドラフトでした。

以上で今年のPatsのドラフトが終了。
近年多かったTEやOG/OTの指名が今年は無く、OffenseはQBのみ。
やはりドラフト戦略は大勢の予想通り、Deffenseの補強でした。
LBを3人、CBを2人獲るなど、層の薄いポジションを満遍なく指名しました。
まだ4月末とはいえ、キャンプが楽しみになってきました!

early step 

ドラフト初日は足早に終わり、残るは明日のみとなりました。
Patsは2つ選択権を使い2名を獲得。

1順目 (10th overall) - LB Jerod Mayo (Tennessee)
Saintsとトレードした10位でTennessee大のLB J.Mayoを選択。
MayoはInsideとOutsideも守れる器用な選手でまさにBelichick好み。
ちょうどその前にBengalsが選択したUSCのK.RiversをPatsも狙ってましたが、
実力的にはMayoはRiversと同じ、もしくは以上とも言われてます。

2順目 (62nd overall) - Terrence Wheatley (Colorado)
もう一つの指名権は随分後の62番目。
ここでPatsは懸念されていたCBの補強、Colorado大のT.Wheatleyを選択。
身長が低い(5'9")ものの、俊足の選手らしく、Kick Returnerもできるそうな。
まだまだ層が薄いだけに、明日のドラフトでも指名が予想されます。

以上、簡単な今日のドラフトをまとめてみました。

Moss, who? 

ドラフト1日目は一人の指名のみ。
その一人は問題児のMeriweather。
何度かOn/Off Fieldで問題を起こしてる選手ですが、
Patriotsの更正で開花してくれるでしょう。
その他のPickは今日、または翌年へトレード。

先ほどから2日目を見てたら初っぱなからBig News。
何とあのRandy MossをトレードでGet!
見返りは4順目のPick(110位)のみ。
数年前の活躍を見せればStealになるかも。
これで注目されるのはWR陣争い。
Caldwell、Gaffney、Jacksonあたりは冷や汗状態かも。
まあStallworth、Washingtonも実質1年契約なんで一緒ですが。

2日目のドラフトの結果は明日にでも。

Mistake 

どうやらドラフトは来週のようで。
勘違いしてました。
ここ数日の報道ぶりを見て今週だと確信してました。
来週が楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。