スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Not done yet 

最後は両チームのSpecial Teamについて。

Jets戦でPatsは最初Hobbsを使用しましたが、途中からはMaroneyがKRしてました。
MaroneyのKRの平均獲得yd数はリーグ2ndの28.0yds。
彼にはBig Returnを期待しましょう。
Jets戦のPunt ReturnはJacksonだと思われてましたが、
Playoffではミスを避けたいようで、Brown、FaulkがPRしてました。
安全、そして上手いリターンを期待。
Jets戦で心配されていたのはGostkowski。
3個のFGを決めるなど安定してたんで心配ないでしょう。
唯一違う事と言えばAwayでの試合なだけ...。
PunterのSauerbrumもまずまずでしたし問題は無いかと。

ChargersのKRは小柄で俊足の2nd RBのTurner。
こちらはリーグ4位の26.5平均ReturnYds獲得してます。
しかしMaroneyと同じくReturnTDは0です。
あのJetsのMillerを止めたPatsなら平気だと思います。
SDのPRはWRのParker。平均Yd数8.9なんで問題ないでしょう。
KのKaedingはここ最近波に乗ってるKickerです。
獲得Point数はBearsのGouldに次いで2位、
FG成功率はリーグ5位の89.7%(26/29)の記録です。
PunterのScifresはさほど距離がありません(平均41.9yds)。
でもリーグBestの35回を20yd内に決めてます(汗
全69Punts中35が20yd内、と言うことで50.7%も決めてます。
悪いField Position(FP)になってしまうとMiami戦みたいに...。

以上はSTについてでした。
Patsとしては好FPでChargersとの力差を埋めたいところ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。