スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In the end... 

後半戦は点の取り合いへ。
同点にされた後にPatsがTD、スコアは28-21。
Caldwellが取れなかったものの、Gaffneyが空中キャッチ。
両足が着かなかったもののPush-Off callでTD成立。

しかしその後Coltsがゴール上でFumble。
C Saturdayが取り、同点TD。

すぐさまGostkowskiがFG、31-28。
Vinetriも続いてFG、31-31。
残り数分を残したところでGostkowskiがFG、34-31。

次のDriveでManningがTE Clarkへ大きなパス。
Roughing the Passerも加わったところでAddaiがTD。
Coltsがこの試合で初めてのリードを所持。

残り1分、21ydから。
QBはTom Brady、奇跡を信じました...。
最後はMid-FieldでINT。試合終了。

最後は競い負けてしまったPatriots。
前半活躍してたDefense陣も疲労が見られ、多数の選手がダウン。
中でもColvinの欠場は痛かった。
DB陣もよく踏ん張りました。前半は特に見事。
全体的に良く戦ったと思います。
素直にColts、Manningを讃えるしかないです。

あのChargersを破り、AFC Championshipに望んだPats。
最後はこの結果になったわけですが後悔はしてません。
よくここまで来たと思いますし、まさかあのWR陣で勝てるとは。
来年はさらに楽しみになってきます。

明日からOff-Seasonに入るわけですが、一番の課題はSamuel。
Samuelとの契約延長はかなり重要。Franchise Tagの使用も考えるでしょう。
後はDraft。WR、LB陣の補強が必要。

最後に、Patriotsの選手、関係者へ。
今シーズンお疲れ様でした。

また来年に期待です。
来年こそ...。
スポンサーサイト

前半、ひとまず終了! 

両チームがPuntした後Patsが先制。
Maroneyが5ydラインでファンブル(汗
Coltsが取ったと思いましたがGoal戦へコロコロ。
Mankinsが捕獲、先制TDで7-0。

VinatieriのFGで7-3となりましたが、
4th Down Conversionを見事T.Brownでクリア。
最後はDillonがCBを振り切りTD、14-3。

その直後のDriveでAsante SamuelがINT return TD。
最初から呼んでたようです。さすが!
思わず叫びました。よっしゃ。

終盤に追い込まれましたが、許したのはFGのみ。
前半を21-6で終了。

ふぅー。
まさかこんな展開になるとは。
Manningは鬼のように切れてましたし。
しかし油断はしない方がいいかも。

後半もこの調子で。
Let's go Pats!
Keep fighting!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。