スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Premature 

Dillonが引退を撤回?した模様。
どうやら早とちりだったようで。
Pats以外でプレーを望んでるらしいです。
頼むから同地区は...。

FB、Evansとの2年契約を発表。
今季はFBだけではなく、Dillonの穴も埋めてもらいたいです。

後、気になるのはGraham。
残留してくれ。
スポンサーサイト

Age? 

PatsのRB、Dillonが引退を表明。
まだまだやれると思ってたんですが。
本人にとっては限界だったんでしょうか。
とにかく今季はMaroneyを先発RBとして迎える訳ですし、
Maroneyにはいいオフシーズンを過ごして欲しい。
彼、そしてFaulkに続く第3のRBも必要になってきますね。
ドラフトでは獲るとは思えませんが...。

悪天候 

ついでに速報の記事を発見したので載せます。
そんなにいいニュースではありませんが...。

去年ルーキーで活躍できなかったChad Jacksonが負傷してた様子。
AFC Championshipで膝(いわゆるACL)を損傷し、今季開幕が危うくなりました。
2年目は飛躍する年と思ってたんでかなりショックです。
本人が一番悔しいと思いますし、万全な回復を祈りましょう。
これでWR陣はこれからの今オフの補強ポイントにあがると予想。

去シーズンケガで出場試合0に終わったTebucky Jonesをrelease。
年齢もネックですし、まぁしょうがないかと。

Ginger ale 

2007年のドラフトの話題でも。
有数の優良WRの一人でもあるTed Ginn Jr.について。
Patriotsに対して好意的なコメントがあったようです。
Patriotsに行く可能性もあるのかと質問に、
「長く待つのは願ってはいないが(24番の指名)、彼らはいいチームだ」と発言。
さらに高校の母校が同じPierre Woodsを親友として挙げてます。
指名するかは分かりませんがいい選手なのは確か。
さらにCBをプレーしてもいいと話しており、Patsが追ってもおかしくないです。
あと数ヶ月でもうDraftの時期ですね~~。

He's back! 

SB後初の大きな動き。
退団も噂されたCB Asante SamuelにFranchise Tagを適用。
嬉しいニュースですね。
球団には長期契約を結んでもらいたいですね。
これで心配の種の一つは解消。
まだ色々ありますが、一段落つきました。

Last wish 

SB終了。
結果はColtsの勝利。
MVPはManning。

Coltsにとっては36年ぶりのSB勝利。
Manningはプロ入り7年目で初のBig Game勝利。
素直に誉めるしか無さそうです。
MVPまでは獲って欲しくありませんでしたが...。
来季こそPatsに奪回を期待!

これで2006-07年のシーズンは終了。
明日からは本当のオフ。
FA選手の動向、春のドラフト、夏のキャンプ。
まだまだNFLは終わりませんね。

Quarter Back 

全ポジションのまとめの最後を飾るのはQB。
毎年QBが変わるチームもありますが、
我々PatsファンとしてはBradyという存在はかなり安心できるかと。

-------------------------------------------------------------------------
QUARTERBACK
残留選手: Matt Cassel(2008)、Tom Brady(2010)
UFAs: Vinny Testaverde
Bradyは後4年残り、Casselはトップのbackupとして後2年残る
-------------------------------------------------------------------------

一番安泰なポジションかと。
Bradyもあと数年居ますし、将来的にもどこにも行かないと思います。

これで全ポジションのまとめが終わりました。
お読みになった皆さん、ありがとうございました。
ただ記事をパックっただけですがォィ
SBもそろそろ始まりますが、Patsファンとしてはもう視点は来季へ。

getting better 

今回はSpecial Teamについて。
Kがルーキーと不安視されてたポジションでしたが、
見事Gostkowskiが期待に応えてくれました。

-------------------------------------------------------------------------
SPECIALISTS
残留選手: Danny Baugher(2007)、Tom Malone(2007)、
残留選手: Lonie Paxton(2007)、Josh Miller(2008)、Stephen Gostkowski(2009)
UFAs: Ken Walter、Todd Sauerbrun
PlayoffでのSauerbrunの活躍を見る限り、来季にJosh Millerと争わせる可能性もある。
-------------------------------------------------------------------------

Gostkowskiはシーズン序盤から終盤に掛けて急成長。
PlayoffではFG全部決めるなど才能をいかんなく見せました。
第二のVinetieriでは無く、歴としたGostの時代です!
Punterは個人的にはSauerbrunで。残留して欲しいですね。

Core O 

昨日のD-Lineに続き、今日は攻撃の要、O-Lineについて。
若い選手が多く、層も厚い。
ヒゲ軍団の状況についてまとめます。

-------------------------------------------------------------------------
OFFENSIVE LINE
残留選手: Brian Barthlemes(2007)、Sean Bubin(2007)、Russ Hochstein(2008)、
残留選手: Nick Kaczur(2009)、Logan Mankins(2009)、Stephen Neal(2009)、
残留選手: Ryan O'Callaghan(2009)、Matt Light(2010)、Dan Koppen(2011)
EFA: Wesley Britt.
RFAs: Billy Yates、Gene Mruczkowski.
D-Lineと同じく最低3年以上は残る選手が多く、層の厚さに優れてる。
-------------------------------------------------------------------------

こちらもD-Lineと同じく、層の厚さが嬉しい。
年齢も若く、しかも後数年は残留する。
Light、Mankins、Koppen、Neal、O'Callaghanの5人衆には
リーグ最高のO-Line陣になれる素質があります。
とにかくD-Line、O-Lineは最低2、3年は安泰かと。

後はSpecial Team、Quarterbackで終わり。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。