スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完勝 

完封はならずも完勝でゲームセット。
開幕8連勝で来週ついにColtsと対戦。

後半はPatsボールから。
ゴール近くまで攻め、Bradyのこの試合2つ目のRushing TDで31-0。

続くRedskinsのDriveは2nd and 4からVrabelがFF。
それをColvinが拾ってTD。
Vrabelは3 sack、3 FF、1 rec-TDと攻守に大活躍。

38点差でRedskinsの4th Downを止め、再びPatsの攻撃。
RunとPassを使い進む進む。
最後はBradyの3個目のTDで点差は45。
このTDでBradyはベンチへ。Cassel投入。

心配しましたが数回パスを決め、最後は自分で走ってTD。
先週はINT-TDを許しBradyを復帰させてしまったCassel。
今回はいい内容を残し、ダメ押しに成功。

4th QuarterのTDで7点取られるも、余裕の勝利。
強力Defenseから52点を獲得することが出来ました。
前半のRunが効いてた気がします。
まさに手の付けられない攻撃陣でした。

来週はあのColts戦。
無敗チームの決勝戦となります。
Let's Go Pats!
スポンサーサイト

Mike'd up 

前半は24-0で終了。

KOからRedskinsを50yd-lineで抑えた後、Patボール。
Runを中心に組み立て、最後はBradyがgoalを飛び越え先制。
越える瞬間に相手が激しいタックルをしかけただけに冷や汗。

3度目の相手Driveを3andOUTで抑えたPats'第3Drive。
Maroney、Faulkのコンビでゴールを動かします。
最後はred zone男、VrabelへのTDを決め、14-0。
10回目のreceptionで10TD。
Redskinsは全く予想せず。

前半はVrabelが大活躍。
Bradyのファンブル後の相手Driveで2度目のFF。
Warrenが拾い、2-munite内で再びPatsのターン。
先週失敗したFake spikeを実行し、MossへのTD。
このTDでBradyはキャリアハイの29TD目を記録。

Defense、Offenseの良いバランスで前半は24-0で終了。
後半はTurn Overに気をつけつつ、今季初の完封勝利に期待。

We'll see 

Week 8: Washington Redskins @ N.E. Patriots
(4:15 p.m. Kick Off)


Patriots Defense: QB Jason Campbell
去年終盤から先発QBを務めてるのは若手のCampbell。
投げて(1181yds)、走れる(93yds)Mobile QBです。
しかしQB rating 78.5、5 TD & INTと内容的にはイマイチ。
Belichick得意の初物攻略に期待しましょう。

Patriots Offense: Pats' Offense
久々に対戦する強力Dのチーム(week2 SD戦以来?)。
許した平均獲得yd数はリーグ5位の276.8ypg。
特にRunに対するDefenseが強くリーグ5位の成績。
Maroneyのフル出場に期待したいところ。

X-Factor: HCs Bill Belichick vs. Joe Gibbs
X-Factorになりそうなのが両HCの対決。
今週の会見では両者を互いに誉めあっており、まさに名将対決。
Gibbsはこの試合でRedskinsは「スポーツ史上最大の負け犬(underdog)」と発言。
HOF HCとFuture HOF HCとの対決は楽しみです。

Cowboysに続きNFC Eastのチームとの対戦。
強力DへのTurn Overだけは気をつけたいところ。
Let's Go Pats!

one day later 

一日遅れのInjury Report。
朗報がいっぱいです。

一部の練習のみの参加がQB T.Bradyのみに。
多くて10人は毎週掲載されてましたが、
全員のケガが回復したと言えるでしょう。
心配は未だ練習に参加できていないTE B.Waton
新たにS E.Wilsonもかかとでリスト入り。

PUP入りしていたDE R.Seymourが遂に練習開始。
これは大きなニュース。
今季絶望かとも言われてましたし。
昨日から21日間の間に登録orIR入りが決められます。

米スポーツ誌Sports IllustratedのPatsの記事に対し、
RavensLB R.Lewisが批判をしたそうな。
どうやら元同僚のLB A.Thomasのコメントが
Ravensを見下してると感じたらしく、A.D.を「臆病者」呼ばわり。
それに対しA.D.はそういう発言をした記憶が無く、詳細は直接本人に聞くとコメント。
さらに一番の問題は臆病者と言われたことと発言。
この攻防は再来月のRavens戦まで持ち越しです。

hard win 

Patsは大勝で球団初となる開幕7連勝。
後半は荒れて何とか逃げ切って勝利。

3rd QuarterはDolphinsペース。
Defenseが止めれません。
7点許し41-14で4th Quarterへ。
Bradyに変わってQBはCassel。
時間が減ると思いきやTaylorにINT→TDを許す始末。

次のDriveはBradyが復帰し、Welkerにこの試合2つ目のTDで49-21。
Bradyは自身初となる1試合6TD。
キャリア最高の28TDに後1TDと迫る今季27つ目のTD。
しかししぶといDolphins。Patsから再び7点奪い21点差。
Patsは今季最多となる28失点。

最後はPatsが前半の42点を何とか守りきって試合終了。
Defenseはミスタックルが目立ち、叱られるような内容。
来週は久しぶりの本拠地でRedskinsを迎えての試合。

Unbelievable 

敵地、鬼門、試練。
Brady率いるPatriots' Oの爆発で前半終了。

先週の続きを見てるみたいでした。
最初のDriveでBrady→StallworthのTDで先制。
素早い動きでDefenseをかわすTD。
途中のMaroneyのRunで一安心。
やはり彼が必要です。
その後、相手のファンブルを拾いBrady→Bradyで2TD差。

しかしDolphinsも攻め込みます。
LemonのQB sneakで反撃、14-7。

前半のDolphinsはそれまで。
TD後の浅いKick OffをAndrewsがリターンTD。
プロ入り初TD、おめ。

DefenseはDolphinsを襲い、殆どno gain。
続くDriveでBradyはロングでMossを当て前半3つ目のTD。
再び攻撃になると、同じ様なプレーでMossへのTD。
Brady→Mossは今季10回目のTD。

前半終了間際にはWelkerがTD。
Half Timeで5TD。過去5 Quarterで10TD。
後半はもしかしたらCasselの出番かもしれません。

鬼門 

Week 7: N.E. Patriots @ Miami Dolphins
(1:00 p.m. Kick Off)


Patriots Defense: RB Ronnie Brown
今季1勝もしてないDolphinsですが、Brownは別です。
ここまで6試合で526yd(平均5.2)、4TDとプロで最高の成績ペース。
ReceiverとしてもDolphinsでは最多Reception。
Patsは過去にBrownを抑えられてますが、なめてかかると痛い目にあうでしょう。

Patriots Offense: Tom Brady
RB陣のケガで今週もBradyに頼るしかありません。
Bradyが最も苦手とするのがMiamiでの試合。
気候のせいかもしれませんが、Patsには鬼門のDophins戦。
落ち着いたプレーでTurn Overを防ぎたいところ。。

X-Factor: RBs Kyle Eckel & Heath Evans
今週のX-Factorは控えRB陣。
Maroney、Morrisが欠場の場合は両者が重要になってきます。
両RBは一度Dolphinesに在籍しており、去年のMiami戦ではEvansが活躍。
古巣に能力を見せつけて欲しいですね。

Week 2のBills戦以来の地区対戦。
無敗と無勝の対戦ですが、気を緩めてはいけません。
Let's Go Pats!

Comin' back? 

開幕から6週が早くも過ぎ、
PUPリスト入りの選手の去就が決まることになります。

本日からWR C.JacksonCB E.Jacksonが練習に復帰。
しかしDL R.SeymourWR T.Brownは姿を見せなかったようです。
上記4選手の処遇は21日後までに決めなければいけません。
いずれかの選手が今季絶望にならないことを祈るのみです。

初のMiami戦へのInjury Reportが発表されました。
3戦連続で欠場中のRB L.Maroneyは一部の練習への参加のみ。
先週はGame-time decisionと言われてたので、
今週は是非復帰を期待したいところ。
一方、Dallas戦で途中交代したRB S.MorrisTE B.Watsonは練習せず。
長期離脱にならないといいですが。

Yet to lose 

PatsはCowboysを破り開幕6連勝。
Bradyの爆発で今季最多の48点。

後半はPatsがボールをゲット。
しかしつながらず、そのまま相手に。
続くDriveで逆転TDを許し、
今季初となる後半でのリードを奪われてしまいました。

しかし失敗から学んだのかPatsが反撃開始。
まずはBradyがBradyにTDを決め再び逆転に成功。
Brady→Bradyは今季初。

Defenseはその後無失点で切り抜け、
PatsはGostkowskiのFGで3rd Quarterは10点獲得。

4th Quarterは完全にPatsペース。
序盤にBig Play。
BradyがStallworthに62yd-TDパスを決め点差は14。
本当に足が速かった。
このTDでBradyは自信初となる1試合5TDを記録。

その後Defenseが踏ん張りこのQuarterをわずか3点に抑えると、
最後はEckelのプロ入り初TDでダメ押し。
終わってみれば48-27での大勝でした。

やはりBradyは最高。
見てるだけで安心感を与えてくれます。
今季最多の46回中31回を決め、計388yd、5TD。
WR陣も見事にそれに応える活躍でした。
まず前半はWelker。
プロ入り初となる100yd以上、2TDを記録。
後半はStallworth。
今季最長TDを決め同じく100yd越え。
Mossは数字上まずまずも存在感がありました。

Runが起動しなかった攻撃陣。
パスを中心に起用し、後半終盤でRunが活きてきました。
Defenseはなかなか相手に大きなPlayをさせず、
リーグ最高のOffenseを27点に抑えることに成功。

来週はMiami戦。
苦手な球場で今季0勝のチームと対戦します。

Live up 

前半は21-17で終了。

先制はPats。
Defenseが相手を3回で止めた後、
Bradyの長いDriveでMossのTDで7点先取。

続くDriveでもDefenseが止め、
今度はBradyがWelkerにTDパスを決め追加点。

しかしCowboysも黙ってません。
続くDriveでFG、Bradyのファンブルを拾って10点返上。

4点差になったPatsはBrady→WelkerへのTDで再びリード。
ところが2nd Quarterの終了間際には、
T.O.にTDを許してしまい、前半戦は4点差で終了。

後半戦はあと数分で開始。
Let's Go Pats。

Evening Showdown 

Week 6: N.E. Patriots @ Dallas Cowboys
(4:15 p.m. Kick Off)


Patriots Defense: Cowboys' Offense
Romo、T.O.、J.Jones、Witten率いるDallas O。
5試合で平均429.6yd、リーグ1位の攻撃を誇ってます。
救いなのはさほど良くないRush。(平均137yd、リーグ7位)
QBにBlitzを掛けつつ、Runを止めたいところ。
Defenseの上手い方が勝つでしょう。

Patriots Offense: RBs
Maroney不在の穴を見事埋めてるMorris。
もしかしたらMaroneyが復帰するかも知れません。
DallasのDefenseの許したRush数はリーグ7位の平均80yd。
Maroneyも大学の先輩、Barberと対決したいと思ってるはず。

X-Factor: Pats' ST offense vs Cowboys' ST defense
今週のX-FactorはSpecial Team陣。
Dallasの唯一の弱みはSpecial Team、特にそのDeffense。
KRの平均はリーグ25位の26.3yd、KO、Puntでそれぞれ1つTDを許してます。
いいReturnでいいField positionを作りたいところ。
Hobbs、Welkerの活躍に期待しましょう。

早くも今季のベストマッチと評される試合。
ファンとしても非常に楽しみな試合。
Let's Go Pats!

too harsh 

金曜のInjury Reportが発表されました。
あとチームのニュース。

今日は新たに1人加入。
LT M.Lightが風邪でQuestionableだそうな。
練習にも参加してません。
Light、D.Koppenが出場できないと痛いです。

NFLがVrabelに対し罰金の処罰。
先日の試合終了間際でのTackleがQBを狙ったと判断されたようです。
それに対しVrabelは罰金をappealするそう。
実際に見てましたが故意ではないでしょう。
Vrabelらしいと思いましたが、厳しいですね。

Best match-up 

Pats今季初の試練、Dallas戦。
水曜のInjury Reportです。

さほど大きな変化はありません。
Special TeamerのMitchellが練習に参加できず。
ここ数試合かなり貢献してるMitchellだけに、
やはり欠場は痛いですね。

一部の練習のみの参加となった選手のリストでは、
CB A.Samuel(足)、LB A.Thomas(かかと)が新加入。
両選手とも必要不可欠な選手です。
ケガが良くなることを祈るのみです。

逃げ切りPats 

たった今試合終了。
今季最低の試合運びだったでしょう。
特にOffense。

後半はBrownsのKick Offで開始。
そのDriveはFGでBrownsが初得点。。
その後両チーム2回連続の3&OUTで4th Quarterへ。

4th Quarterに入って1分。
すぐさまTDを奪われ試合は10点差に。

続くDriveでは後半全く動けなかったOffenseがやっと復帰。
BradyがWatsonにこの試合2つ目のTDを決め17点差。
しかしBrownsも反撃。
AndersonからWinslowへTD、試合は再び10点差。

4th Quarter残り1分からBig Playが。
GayがWinslowからFumbleを誘い、落ちたボールを拾ってEnd Zoneへ。
一人で全てをやってのけ、ダメ押しに成功。
最後はDefenseがやっとの事で抑え試合終了。

数字的には辛い勝利でした。
相手のミスで勝ったような試合。

Defenseは序盤から光ってました。
AndersonにPressureを与えることに成功。
Seau(2 INT)、Samuel(1 INT)、Bruschi(2 sacks)、
Wilfork(1 sack)、Gay(1 FF & TD)ら筆頭に活躍。
相手からミスを誘い、苦しんでたOffenseを援護。

そのOffenseは苦しみながらも何とか起動。
Bradyは本調子ではありませんでした。
38回中22回しか通せず(57% completion)、
1 Passの平均獲得yd数は僅か7。
しかし5試合連続で3TDを投げることに成功したものの、
終始イライラ気味のBradyでした。

Morrisは2試合連続スタメン。
先週と同じく100yd越え見事応えました。
Faulkはケガで途中退場。
大きな故障ではないといいんですが。

WR陣は頼りっぱなしのMoss以外が奮闘。
序盤からBradyはStallworthをターゲットの中心に。
1st Quarterの相手のTurn Overから今季初TD。
4 catch、65ydで平均16yd、1 TDを記録。
TE Watsonは自身初となる100ydを越え、2TDを記録。
2度目となる1試合2TDで今日のヒーローに。

Offenseが辛いときに必要なのが強いD。
この試合はまさにその象徴でした。
この勝利でPatsは2004年以来の開幕5連勝。
来週は敵地で今季無敗のCowboysと対戦します。

Plenty of oppotunities 

相手のミスを上手く利用し、前半は20-0で終了。

先制はPats。
End Zoneに近づいたものの、3&OUTで3点先制。

続くBrownsのDrive。
相手Offenseが進む進む。
やばいと思いました。
しかしEnd Zoneで相手QB Andersonに初めてのプレッシャー。
Samuelの手から跳ね返ったボールをSeauがゲット。

しかしそのTurn Overは生かせず、仕方なくPunt。
続くBrownsの攻撃。
最初のPlayで今度はSamuelがINT。

すぐさまBradyがStallworthへ短いパス。
相手のTackleをくぐりEnd Zoneへ。
Patsとしての初TD、おめ。

もう1つのFGの後、
2nd Quarterの終盤にBradyがWatsonにトスしTD。
20-0とリードを取って前半終了。

後半は追加点を取りつつ、
相手にBig Playを許さない試合運びに期待。

match up 

Week 5: Cleveland Browns @ N.E. Patriots
(1:00 p.m. Kick Off)


Patriots Defense: Jamal Lewis
去オフにRavensから移籍したLewis。
だんだんと元の調子に近づいてきてます。
これまで4試合で平均4.9yd。
ミスタックルは危険です。

Patriots Offense: Offensive Line
2勝2敗と奮闘中のBrowns。
しかしDefenseに大きな弱点があります。
Run(平均160yd)とPass(平均282yds)のDefenseはリーグ30位。
O-Lineの活躍次第では試合展開が変わってくるでしょう。

X-Factor: Josh Cribbs
X-FactorはBrownsのKR/PRのCribbs。
これまで16回のKick Returnでリーグ最多の549yd。
平均は同じくリーグ最高の34.3yd。 (2位はHobbs)
GostkowskiにはEnd Zoneを越える大飛球を期待。

Belichick対Crennelの初対決。
元Patriot、Willie McGinestもいます。
シーズンもそろそろ中盤に入ります。
Let's Go Pats!

特に何も 

木曜のInjury Reportです。

特に何も変わってません。
昨日練習に参加しなかったC D.Koppenが一部の練習に復帰。
ケガが良くなってるということで一安心。
それ以外は昨日と同じです。

Too bad 

Browns戦に向けて今週も始動。
先ほどInjury Reportが発表されました。

先日やっと復帰したTE D.Thomasですが、
再び月曜に足を痛め、遂にIR入り。
残念ですが来季の復帰に期待です。

月曜の試合でかかとを痛めたC D.Koppenは練習に参加せず。
多分今日は休養だけだと思います。

一部の練習のみ参加してる選手は先週と同じ。
尚、T.Bradyは全練習に参加したようです。

Patsは再びTE Riversを獲得。
Thomasの離脱による動きでしょう。

Smart Football 

後半は逃げ切って34-13と大差をつけて勝利。
バランスの取れた攻守で開幕4連勝。

前半の流れから、後半もRunを中心に。
Maroneyの代役のMorrisが大活躍。
117ydを記録し1TD。
去年のPats戦以来通算2試合目の100yd越え。
さすがBelichickが目を付けてた選手。
Maroneyもうかうかしてられませんね。

終盤はPassでBengalsを攻めます。
最後はMossのこの試合2つ目のTDでダメ押し。
Mossが4試合連続で100yd以上、2試合連続で2TD。
One-on-oneでは守り切れませんでした。
もうOaklandに感謝するしかありません~~。

Defenseは踏ん張りを見せました。
Bengalsの得意なロングパスを許しませんでした。
前半のSamuelのINTが非常に大きかった。
あのプレーで勝負が決まったと言っても過言ではないでしょう。
Bengalsの勢いを止め、さらに内紛まで引き起こしました。

攻守にこれほどバランスのあるチームは見たことありません。
オフの戦力補強のおかげかもしれませんが、
Belichickの能力の高さも関係してるでしょう。

来週は元Patsコーチ・Romeo Crennel率いるBrownsと対戦。
BelichickとCrennelの初対戦、楽しみです。

Away 

前半は17-7で終了。

Turn overあり、意外なTDもあり、
ケンカもありといろいろあった前半戦。

PatsはまずReceive。
GostkowskiのFGで3-0で先制。

Defenseで2度相手のDriveを止めた後、
第3DriveでBradyがTEで入ってたVrabelに繋ぎTD。
敵地で10-0とリード。

しかしBradyの今季2つ目のINT。
すぐさま3点差に追い付かれます。
敵地の騒音でPats OffenseはFalse Startがいくつか。

2nd QuarterからPatsはRunを効果的に使い始めました。
Morrisが運ぶ運ぶ、走る走る。
最後はBraduからMossへの今季6つ目のTDで前半終了。

後半戦はそろそろ。
Defenseの踏ん張りに期待です。
OffenseはRunを駆使したいところ。

Are you ready for some football? 

Week 4: N.E. Patriots @ Cincinnati Bengals
(8:30 p.m. Kick Off on Monday Night)


Patriots Defense: WR
やはり相手の両サイドのWRは脅威。
C.JohnsonとT.Houshmandzadehに警戒する必要があるでしょう。
特にSecondaryでロングパスを食い止めなければ。
TDは結果上仕方ないですがBengalsに勢いを付けてしまいます。

Patriots Offense: Donte' Stallworth
Mossの開幕からの大活躍に比べ影にいがちなStallworth。
そろそろ活躍の予感がしてきます。
Mossがダブルカバーを誘う間に入り込める可能性が大いにあります。
Stallworthが貢献できれば勝てる確率が上がります。

X-Factor: Chris Hanson
X-FactorはPunterのHanson。
先週はHCの要望とは言え明らかにPuntがあんまりでした。
特にBengalsの強力Offenseの対策ではField Positionが肝心。
殆どを20yd内に決めてもらいたいところ。

開幕ダッシュに失敗したBengalsですが、危ない相手。
Monday Nightでしかも敵地。
気合いを入れて夜まで待ちます。
Let's Go Pats!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。