スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yet to lose 

PatsはCowboysを破り開幕6連勝。
Bradyの爆発で今季最多の48点。

後半はPatsがボールをゲット。
しかしつながらず、そのまま相手に。
続くDriveで逆転TDを許し、
今季初となる後半でのリードを奪われてしまいました。

しかし失敗から学んだのかPatsが反撃開始。
まずはBradyがBradyにTDを決め再び逆転に成功。
Brady→Bradyは今季初。

Defenseはその後無失点で切り抜け、
PatsはGostkowskiのFGで3rd Quarterは10点獲得。

4th Quarterは完全にPatsペース。
序盤にBig Play。
BradyがStallworthに62yd-TDパスを決め点差は14。
本当に足が速かった。
このTDでBradyは自信初となる1試合5TDを記録。

その後Defenseが踏ん張りこのQuarterをわずか3点に抑えると、
最後はEckelのプロ入り初TDでダメ押し。
終わってみれば48-27での大勝でした。

やはりBradyは最高。
見てるだけで安心感を与えてくれます。
今季最多の46回中31回を決め、計388yd、5TD。
WR陣も見事にそれに応える活躍でした。
まず前半はWelker。
プロ入り初となる100yd以上、2TDを記録。
後半はStallworth。
今季最長TDを決め同じく100yd越え。
Mossは数字上まずまずも存在感がありました。

Runが起動しなかった攻撃陣。
パスを中心に起用し、後半終盤でRunが活きてきました。
Defenseはなかなか相手に大きなPlayをさせず、
リーグ最高のOffenseを27点に抑えることに成功。

来週はMiami戦。
苦手な球場で今季0勝のチームと対戦します。
スポンサーサイト

Live up 

前半は21-17で終了。

先制はPats。
Defenseが相手を3回で止めた後、
Bradyの長いDriveでMossのTDで7点先取。

続くDriveでもDefenseが止め、
今度はBradyがWelkerにTDパスを決め追加点。

しかしCowboysも黙ってません。
続くDriveでFG、Bradyのファンブルを拾って10点返上。

4点差になったPatsはBrady→WelkerへのTDで再びリード。
ところが2nd Quarterの終了間際には、
T.O.にTDを許してしまい、前半戦は4点差で終了。

後半戦はあと数分で開始。
Let's Go Pats。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。