スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Heartache win 

Patsは終盤に逆転し12連勝。
しびれる試合でした。

後半はRavensボール。
Pats DはMcGaheeを全く止めれず、すぐさまTDを許し17-10。
しかしBradyも健在。
長いDriveでMossへのTDを決め追い付くことに成功。

まだまだしぶといRavens。
Runを効果的に使い再びTDし、24-17。
Patsは攻めるもFGに終わり4点差で再びRavens。
ここは絶対止めるところ。
Pats Defenseが勢いを取り戻し、見事3rd&OUT。

しかしPatsの攻撃はPuntで試合時間残り僅かでRavensボール。
ここでもDが踏ん張り3分半を残し、Brady time。
数回の4th Downを迎えるも相手(Time Out、2度のPenalty)に助けられ、
最後はBrady→GaffneyのTDを決め逆転に成功。

しかしここで終わりません。
BollerのHail MaryはRavensが2yd-lineでキャッチ。
でも0分0秒で試合終了。

ため息が止まりません。
先週よりも心臓に悪い試合でした。
僅差での試合を再び制し、見事連勝続行。
来週は最大の難関、Steelers戦。
スポンサーサイト

tight game 

前半は10-10の同点で終了。
暴風でパスが通すのに苦労。

先制はPats。
Red Zoneまで達したものの、苦渋のFGで3点先取。
今回はRunも使ってました。

しかし迫るRavens。
2nd DriveにTDを決め逆転すると、その後FGを決め10-3とリード。
パスが通らず、プレッシャーが掛かっていたBradyは、
2nd Quarterに調子をある程度上げ始め同点TDを決めます。

残り1分半弱でPatsボール。
Half Time前に得点を狙いたかったものの、BradyのボールはtipされReedの手へ。
しかしFaulkがReedのFumbleを誘い、Patsリカバー。
前半で続けるのを避けたのか、そのまま前半終了。

後半はもうそろそろ。
Faulk、MaroneyのRunで攻めたいところ。
Let's Go Pats!

Blowin' the Wind 

Week 13: N.E. Patriots @ Baltimore Ravens
(Monday Night Football, 8:30 p.m. Kick Off)


今季2度目のMonday Nightは敵地でのRavens戦。

Patriots Defense: Passing Offense
今季のRavensの攻撃陣は得点が少なく、Defense中心のチーム。
Pats Dとしては先週の二の舞だけは避けたいところ。
QB K.Boller、両WR、RB W.McGahee等、気をつける要素が幾つか。
DE、DT陣には先週以上の働きに期待です。

Patriots Offense: RB Lawrence Maroney
試合では強風の予想もありパスの多用は危険。
そこでRB L.Maroneyが重要になってきます。
先週は前半で出場が無いなどチャンスは与えられず。
今日の試合でPatsにも「Runがあるんだぞ」と見せつけてもらいましょう。

X-Factor: K Stephen Gostkowski
今日のX-Factorはあまり出番のないK S.Gostkowski
先週は30yd台のFGを外すなど出番不足なのは明らか。
試合は強風ということもあり、FGはさらに難しくなります。
試合前のFG練習の結果次第で試合プランが変わることになるでしょう。

今年もPats得意の12月に入りました。
Ravensを倒し、今季最大の難敵・Steelersに挑みたいところ。
Let's Go Pats!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。