スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

movin' on 

後半はPatsペースで開始。
後半最初のDriveは前半から全く変わらず、ランとパスを駆使し攻め上げます。
最後はBradyがFaulkにフェイクし、ゴールの後ろ間際に空いていたWelkerへTD。
Defenseは完全にFaulk側に流れ、勝ち越しTD。

PatsのDも黙ってません。
続くJags' Driveを何とかFGに留めることに成功。
ここからMaroney Time。Defenseを抜けて進む進む。
最後はBradyがWatsonへこの日2本目となるコネクション。
11点と差を広げます。

4th QuarterもPatsのDefenseが頑張りFGに抑え、
Gostが前半に外しいた35ydをこの度は成功させ再び11点差に。
Pats' DのトドメはHarrisonのINT。
残り数秒となった最後はJagsの反撃を凌ぎ、試合終了。
開幕から無傷の17連勝を成し遂げ、NFL記録に追い付くことに成功。

前半は膠着状態も後半はPatsの流れに。
やはりカギとなったのはランプレーとターンオーバー。
Maroneyは20carで122ydを稼ぎ、勝利に大いに貢献。
JacksonvilleのRBに負けない、むしろそれ以上に強力でした。
ターンオーバーは特に1st Quarter終盤にあったFFが大きかった。
それで取った7点は非常に重要となりました。
Bradyはもうこれ以上ない内容。
パスの成功率93%はNFL Playoff新記録を樹立。
3TD、0INTという安定さを見せ得意の大舞台で光りました。

次週はいよいよAFC Championship Game。
対戦相手は何処であれ、Patsはホームで待機します。
Let's Go Pats!
スポンサーサイト

far from over 

前半は14-14の引き分けで終了。
両者一歩も譲らず、試合は後半へ移動。

先制はJags。
4th&2をロングパスでかいくぐり、
最後はGallaradが膝を地面に近づけながらTDを決め7点先取。
しかしPatsも反撃。
4th Downをコンバートし、Brady→WatsonのTDですぐさま同点。

続くJags DriveはWarrenがGallardのFumbleを誘い、Patsボール。
MaroneyがすぐさまGoalを走り抜け勝ち越しTD。
しかしJacksonvilleも黙ってません。
自陣5ydラインから95ydを突破し、
最後にGallardがガラ空きのWilliamsへTDを決め追い付くことに成功。

お互いの攻撃を止められず前半は同点で終了。
後半はPatsボールから。
Pats Dにも期待です!
Let's Go Pats!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。