スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Another Manning 

たった今GiantsがPackersを破り、SB出場決定。
Over Timeで3度目のFGが正直で決まり、サヨナラ勝利。
PatsはGiantsとレギュラーシーズン最終戦で対戦。
辛い試合でしたが見事勝ってシーズン全勝を達成しました。
一方GiantsはWild Cardながら敵地で3勝もし、調子のかなりいいチームです。
むしろPatsがその勢いをつけたと言っても過言ではないですが...。
Patriots対GiantsのSuper Bowlは後残り2週間!
スポンサーサイト

going to the Super Bowl 

PatsがChargersを下し、AFCを制覇。
2週間後に行われるSBへの出場を3年ぶりに果たしました。

後半開始はPatsボールから。
しかし流れにのれず、Bradyが2度目のINTを許します。
Red Zoneまで攻められるも、しっかりFGに留める事に成功。

Patsも再びRed Zoneに入り3rd&Goalとするも、
Bradyが隠れていたCromartieに投げてしまい、ターンオーバー。
この試合3つめのINTとなり、Bradyらしくない試合。
しかしDefenseがBradyを助けるように復調開始。
1st Downを取られた直後すぐ3rd&Out。
ミッドフィールドについたところで3rd Quarter終了。

ここからBradyの苦しみを察し戦略変更し、ランを中心に起用始めます。
TEを3人置くフォーメーションから何度もMaroneyへ。
良いブロックもあり、あっという間にRed Zone入り。
最後はマークされていたMossのお陰でスペースの空いたWelkerへTD。
9点差とし4th Quarter開始にChargersを窮地へ。

Defenseも復調を始めます。
Blitzを中心にRiversにプレッシャーを掛けます。
自陣まで攻め込まれるも、4th DownでのPuntさせます。
ここからPatsらしい時間を溶かすDrive。
Patsの13ydからラン、3rd Downではパスを駆使し敵陣へ侵入。
2分からの3rd DownをMaroneyが通し、Bradyが2回膝をつき、試合終了!

勝利で3年ぶり、ここ7年間で4度目のSB進出。
勝った要因は2つ。まずラン。
MaroneyとFaulkが足と手を使い大きく貢献。
特に後半はBradyに助け船をだすように走る、獲る。
Maroneyは後半だけで100yd近いゲインを記録し、先週に引き続き大台。
Faulkはパスで貢献し、チームハイの8キャッチ、82ydを記録。
両RBが不安定だったBradyを助けた試合でした。
もう一つ勝負を分けたのがRed ZoneでのDefense。
Patsが4回中3回TDを決めたに対し、Chargersは3回のFGのみ。
相手が幾度もゴールに近づくもその度に止めることに成功。
特に後半のゴール前でのSeauの必死のタックルが大きかった。
大事なところを抑えたことが明暗を分けました。

去年はこの試合でColtsに負け、散ったPats。
その負けから一度も負けることなくSB出場を果たしました。
相手はどこであれ、今は考えられません。
破竹の18連勝で悲願の夢舞台へ遂に到達。
Let's Go Pats!

tight lead 

前半はPatsが5点差でリードして終了。
両チームとも譲りません。

先制はChargers。
両者がPuntし終わった後のDriveで短いFGを決め先取。
Patsはその直後反撃します。
MossのRush、Faulkへのスクリーンを使い、Maroneyが最後ゴールにつっこみ逆転。

PatsのDefenseは要所を締めてる印象。
Red Zoneに入られてもFGのみで抑えることができてます。
逆転後もFGに抑え、今度はSecondaryがビッグプレー。
まずSamuelのキャリア5つめのプレーオフでのINT。
1分も使わずに追加TDを決め14-6と点差を広げることに繋げました。
次のChargersのDriveでは今度はHobbsがINT。
しかしすぐさま3rd&OUTで追加点は出来ず。
2分内としたところで再びSan Diegoボール。
Sprolesのロングゲインを有効に使い、KaedingのFGで反撃。
5点差とし、前半終了。

後半はそろそろ。
ミスを無くし、相手をうまく止めたいところ。
Let's Go Pats!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。