スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wanted: CB 

PatsのCB補強はまだ続きます。
今日は元FalconsのCB L.Sandersと契約を結んだと発表。
今年30歳になるSandersはBrowns、Texansに所属し、去年はFalconsに在籍。
控えながら35タックルを記録するなど経験豊富なCBと評価できるでしょう。
先日のCB J.Websterと同じ様な補強となりそうです。Belichick好みな補強と言えるかと。
Patsはさらに去年はJetsに所属していたCB H.Poteatにも触手をのばしてるそうな。
CheifsからFAとなっているCB T.Lawの復帰の噂もちらほら。
スポンサーサイト

more work 

FA解禁からもう少しで一週間。Patsはまだ手を緩めません。

Patsは今日S T.Williamsと契約を結んだと発表。
2006年からVikingsに所属し、それ以前はTitansにスターターとして在籍。
しかしVikingsに移籍してからはケガで控えになっており、今オフFAとなってました。
6-2、223と体格的にS R.Harrisonを越えてるため、その体格での活躍も期待できます。
キャンプではまずケガをせず、試合でアピールしたいところ。

PatsはさらにPanthersからRFAとなっていたLB A.Sewardを呼び寄せました。
3年目のSewardは主にPanthersの4-3 defenseの控えLBとして所属。
Patsに移籍した場合はILB候補の一人となり、LBの若返りを図るにうってつけの補強に。
しかしRFAのため、もしPatsが獲得した場合は5順目の指名権を手放さなければなりません。
Sewardの身長、身体能力の高さを考えると是非とも獲得を狙いに行きたいところ。

full throttle 

昨日のMossの再契約に続き、今夜PatsはWR J.Gaffneyと再契約。
NFL Networkによると契約内容は1年$2M。
Gaffneyを引き留め、これでWR陣の流出を最小限に抑えることに成功。
WR陣は来季もR.MossW.Welker、Gaffneyのトップ3で続きます。
控え陣にはK.WashingtonC.Jacksonが控えており、層は去年と同様厚くなってます。
課題だったWR陣再建を無事終え、これからの補強Defense中心となってくるでしょう。

plug the hole 

Patsは4日、CB J.Websterと契約を結んだと発表。
49ers、Falconsと渡り、去年Billsに所属していたベテランを穴の空いたCB陣へ追加。
ケガであまり出場しておらず、キャリア最高は僅か3INT(2001年)と実績はほとんどなし。
ただ通算で87試合に出場している経験を買っての保険的補強と考えられるでしょう。
CB A.Samuel(→Eagles)、R.Gay(→Saints)が抜けただけに突如層が薄くなったCB。
今後も、まだFAとなっているCB陣から、またはドラフトでの補強が考えられます。

finally... 

Mossの残留が決まり、このオフやっとの朗報。その他今日のPatsニュースもまとめました。

He's back!
PatsはWR R.Mossと契約を結んだと発表。内容は3年$27M。
Samuel、Stallworthが抜けた後、残るはMossとの再契約でした。
動かないPatsに対しMoss側の苛立ちもあり、交渉が不調とされていた噂も。
しかしPatsは水面下で動いてたようで、FA解禁3日目で遂に正式契約。
Patsとしては珍しく大金を注ぎ込み、流出を避けることに成功。

Mossの残留により、Welkerと再び先発WRを組めます。
去年は記録を残しながらプレーオフでは活躍できなかったMoss。
来季から数年間、Brady→Mossにますます注目です!

Two more
一方、先週再契約を結んだLB T.Bruschiの契約内容が明らかになりました。
単年とみられていたものの、2年契約だった事が判明。
来季に$1M(ボーナス$1.2M)、2009年に$1.9Mとなるようです。
引退も考えられた中、複数年契約となったのは本人の情熱なのでは。

Aiken Taken
またPatsは今日、前BillのWR S.Aikenと契約を結んだと発表。
ここ数年は出場が減り、今季FAとなっていました。
プロ入りしてから一度もTDを記録したことが無く、主に球団はSpecial Teamとして期待。
Patsの数年得意としてる同地区からの選手補強、吉と出るでしょうか。

gettin' thin 

WR D.StallworthはBrownsへ。ESPNによると契約がまとまり、正式に決まったようです。
昨日Cleveland入りを果たし、早速契約を結んだ様子。
Stallworthは去年、主にMoss、Welkerに次ぐ3番目のWRとして出場。
数字的には平均も、俊足を生かしてのプレーは評価できるものがありました。
しかし高額のボーナスを考えると、残留の可能性は低く移籍は時間の問題でした。
BrownsではWR B.EdwardsTE K.Winslowとの強力トリオを組むことになります。
来季からの前Pats首脳陣、Crennel率いるBrownsには十分注意したいところ。

Stallworthが移籍したため、是非ともR.MossJ.Gaffneyを戻したいところ。
また来季3年目となるC.Jacksonの飛躍も期待。
Eaglesに行ってしまったB.Childressの流出が悔やまれます...。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。