スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

total destruction 

パッツはドルフィンズに大敗を喫し、連勝記録は21でストップ。
攻守全てに精彩を欠き、今季シーズン初黒星。

まずは簡単な試合の結果でも。

------------------------------------------------------------------
ドルフィンズはペイトリオッツをゴール前でキャッセルからインターセプト。
流れをパッツから奪い、ハーフタイムまで3TDで21得点。
ペイトリオッツは第2クォーターに2つのFGで6点奪い、
第3では28-6からTDを決め、一時は15点差にまで接近。
しかし第4クォーターにドルフィンズが10点入れ、38-13で試合終了。
------------------------------------------------------------------

愚痴?に入る前に、試合で良かった事を書きます。
まずはスペシャルチーム。
CB ホブスは好調を維持し、6リターンで237ヤードを獲得。
K ゴストコースキーは2本のFGを決め、今後頼りになりそうな予感。
P ハンソンは一度1ヤードに落とすも、ペナルティーで幻に。

それ以外はすべて結果を残せず。
ディフェンスは動きが鈍く、ドルフィンズにやられたい放題。
許したTDのほとんどがいわゆるギャジェット・プレーでした。

パスもランも止められず、特にランが酷かった。
3人のRBに平均6ヤードを36回も走られ、為す術がゼロ。
ペニントンにもプレッシャーを全くかけれませんでした。

一方、攻撃ではキャッセルが壁にぶち当たりました。
序盤にレッドゾーンに入るも、サック2つ食らい、結局INT。
その後もリズムに乗れず、パス19回で僅か131ヤード。
後半にTDを挙げるも、数回強くタックルを受けたため、途中交代。

ランでも79ヤードしか稼げず、キャッセルをさらに苦しめました。
WR陣はウェルカー、ギャフニーがそれぞれ6キャッチ、50ヤード台。
しかしモスはこの日も4キャッチのみ。
全体的に短いパスが多く、それにより、サードダウンが15回も。
そのうちの4度しかダウンを奪えず、結果的に13点止まり。

開幕から安定してたディフェンスが38失点。
キャッセルのプレッシャーを和らげるためのベテランDが、
結果を残せず、逆にプレッシャーがキャッセルにのし掛かりました。

相手の方が上手でした。
防ぎ様の無かったギャジェット・プレー。ポーターの有言実行の3サック。
ここ2年間で1勝しかしてないチームとは思えないチーム、結果。
相手にしてやられ、大敗で2006年以来の黒星。(奇しくもマイアミ戦)

新生パッツは課題を多く残し、来週のバイ・ウィークを迎えます。
この2週間でしっかり修正し、来月の49ers戦に挑みたいところ。
スポンサーサイト

Week 3 already 

早くも今週でウィーク3。
同地区のドルフィンズと今季初対戦を迎えます。
さて、今週の試合の鍵となりそうなポイントをまとめました。

・ゲームプランの変更?
キャッセルのデビュー戦となった先週のジェッツ戦では、パスはスクリーンがほとんど。
モスは2キャッチとモスに対してはあまり投げませんでした。
先週と同じような安全なパスを多投するのか、
2試合目で余裕を持ったキャッセルに比較的長いパスを使用するのか。
正直試合に入ってみないと分からないでしょう。

・マローニー?
今週のマローニーの状態は肩痛でQuestionable。
先週活躍したジョーダンは欠場濃厚なだけに、マローニーの出場は必須。
欠場する場合はフォークとモリスがメインバックとなります。
もしかしたらIフォーメーションやスプリットバック・フォーメーションを使うかも。

・用心
今季のドルフィンズの弱点はWR陣。若い選手が多く、経験不足は否めません。
しかし時間を与えると、誰であれ、簡単にパスが通ってしまいます。
ここはペニントンにプレッシャーを掛け、ランを中心にさせたいところ。
先週のジェッツ戦では大きなランはさせなかったディフェンスに期待しましょう。

試合開始まであと3時間、Let's Go Pats!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。