スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Primetime Showtime 

ウィーク6はパッツにとって今季初の全国放送。
厳しい敵地で知られるクアルコムでチャージャースと対戦します。
2005年に41点で大敗を喫してから、過去3試合は勝利してます。
この試合におけるポイントについて、書きたいと思います。

QB キャッセルは先週の試合で成長を見せ、一安心。
 この試合は全国放送、しかも出身地の州での試合と、目白押し。
 プレッシャーをはねのけられるか、注目です。

・チャージャースのディフェンスの特徴はターンオーバーさせること。
 ボール・セキュルティーが重要になってきます。

・今季これまで2勝3敗と開幕ダッシュに見事失敗したチャージャース。
 この試合は死にものぐるいで勝利を目指してくると予想。
 パッツとしては先に点を入れ、相手の必死さを空回りさせ、ミスを誘いたいところ。

・パッツの因縁が特にあるのがLTことRB トムリンソン
 今季これまでトムリンソンにとっては並の成績(89キャリー/331ヤード/1TD)。
 しかしいつ眠りを覚ますか分からない危険な存在でもあるため、要注意。
 さらに注意はTE ゲイツWR ジャクソンKR/PR/RB スプロールス

RB マローニーRB ジョーダンが欠場の可能性があるため、RBの層は薄め。
 よってRB フォークRB モリスのベテランコンビに託します。
 控えには昨夜一軍登録された新人RB グリーンエリスでしょうか。

・互いのスペシャルチームはほぼ互角といえます。
 まずリターナーではCB ホブスとスプロールス、共に今季いい数字をもっています。
 パンターはリーグ有数のP サイファーズがいるチャージャースが上。
 キッカーはFGを100%決めているK ゴストコースキーがいるパッツが上。
 スペシャルチームが僅差での試合、またはフィールドポジションの戦いに、
 大きく影響するので、こういったところにも注目したい。

以上です。
試合は夜ということで、試合までの時間はまだまだ。
Let's Go Pats!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。