スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

not over yet 

キャッセルの今季2度目のラッシュTD。俊足です。 モスがまさかの片手キャッチ。
ペイトリオッツはドルフィンズとの乱戦を制し、7勝目。
ジェッツが今季無敗のタイタンズを破ったため、順位は2位のまま。
あの男がついに爆発しました。

序盤から点の取り合い。
パッツは2つのターンオーバーを全て点に変えられ、14失点。
ディフェンスは何とか最後は踏ん張り、終わってみれば48-28での快勝。

QB キャッセルはまたまた素晴らしい試合でした。
激しいブリッツを受けながらも、しっかりボールを守り、パスを通します。
WR モスWR ウェルカーWR ギャフニーにそれぞれバランス良く投げ分け、
2試合連続の400ヤード、3TDを記録。さらにラッシュTDも決め、計4TD。
申し分ない内容でスターの代役からスターになりつつあります。

ディフェンスは...序盤からドルフィンズにやられ放題。
幸いだったことはワイルドキャットに翻弄しなかったこと。
ディフェンスのターニングポイントは3rdクォーター、自陣27ヤードからの1st&10。
ホールディングで2nd&20にし、3rdダウンでDE シーモアがサックを決めた場面。
24-21のまま、再びペイトリオッツが攻撃権をもらい、RB フォークのTDで10点差。
試合終盤で試合の流れを変えるディフェンスでした。

数字を見る前に、懸念される事が。
4thクォーターにLT ライトLB クラウダーを殴り、退場処分に。
これは何らかのペナルティー、もしくはサスペンションになるのでは。
いくら怒っても暴力はいけません。反省してほしい。

では、数字を見てみましょう。
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。