スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Titanic rescue 

10680527_240X180.jpgペイトリオッツは27日、タイタンズ(オイラーズ時代も含む)の元GM、フロイド・リース氏をシニア・フットボールアドバイザーとして招聘したと発表しました。大学のアシスタントコーチからコーチとして開始し、その後ライオンズ、49ers、バイキングスを経て、1994年から3年前まで12年間タイタンズのGMを務めました。その年間で111勝を挙げるなど実績を残し、GM引退後はESPNの解説者として活動していました。

記事によるとリース氏は「フットボールに関する様々な仕事に関与し、選手の契約についても」とされており、チームのGM的役割を任せられるとのこと。先日にピオリを失ったペイトリオッツですが、ここにきて大ベテランを呼びました。フィッシャーと共にタイタンズを強豪チームに作り上げた立役者だけに、ペイトリオッツでも同様の活躍を期待されます。キャッセルとブレディーのQB状況、来季契約の切れるウィルフォークなど何かと忙しいオフとなりそうなだけに、リース氏はかなり頼りになる存在となります。今後はベリチック、そしてキャセリオ氏と3人体勢で、来るFA期間、春のNFLドラフトに挑みます。目前のオフシーズンを前に、大物を獲得しました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。