スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

first day move ... part III 

ペイトリオッツは本日RB テイラーTE ベイカーを獲得し、忙しいFA解禁初日を送っています。3度目は動きは何とトレードによるものでした。ディフェンスの主軸、LB ブレイブルをチーフスに放出し、見返りにドラフト指名権(数、順位は不明)を獲得しました。スティーラーズを経て、2001年にペイトリオッツに移籍し、3度のスーパーボウル制覇に大きく貢献。去年は全試合に出場し、77tackle、4.0sack、1INTの成績。通算成績は176試合、641tackle、55.0sack、11INT。

50MVrabel.jpgまさに寝耳に水のトレードでした。チームの顔といっても過言ではないブレイブルの放出は未だに驚きを隠せません。球団の総年俸を抑えるためとはいえ、まさかブレイブルが標的になるとは。まだどういった指名権か分かりませんが、ベリチックHCが翻弄された内容と予想されます。可能性としては新たに就任したピオリGMが元同僚のベリチックに持ちかけたのでしょう。LBのリーダーとしてでもなく、オフェンスにTEとして登場したりするなど、まさにペイトリオッツの球団そのものをプレーで表していました。ファンにも人気があり、今はどのファンも困惑顔でしょう。若い選手が多いチーフスでは早速、最年長選手となります。いずれはパッツに戻ってくる可能性を祈りつつ、活躍を期待したいところ。

さてブレイブルの移籍を踏まえ、チームの現OLBの状況をまとめたいと思います。LB A・トーマスが事実上のエースOLBです。トーマス以外では先日獲得したLB バンタケイン、残留が濃厚なLB ウッズ、去シーズン後半に出場していたLB レッド。さらにはケガで未出場に終わった、ドラフト3巡目のLB クレイブルがいます。もしかしたら球団はクレイブルに大きく期待しているのかもしれません。またプラクティス・スクアッドには若いLB ロバートソンLB クレイグも控えています。ベテランのブレイブルを放出したのには、若返りを図るという首脳陣の意志も理由の一つでしょうか。その解明と詳しい情報は球団の公式発表を待つしかありません。
スポンサーサイト

fast first day move ... part II 

初日から忙しいペイトリオッツ。RB テイラーに続き、今度はジェッツからFAとなっていたTE ベイカーを獲得しました。2番手TEとして去年は16試合に出場し、21rec、194ydsを記録。通算成績は99試合に出場し、145rec、1,505yds、12TD。

CBaker.jpgパワフルRBの次は同地区で馴染みの深いベイカーを獲得。ベリチックが好みなタイプのベテランTEです。ベイカーの加入で、層の薄いTE陣が補填されます。去年は不本意な成績に終わったものの、2007年には41rec、409ydsの好成績を収めています。ペイトリオッツでは来季で契約の切れるTE ワトソンとTE トーマスと先発の座を争います。TEを駆使しないオフェンスを運営していたマクダニエルズが今オフに去り、来季はTEを交えてのオフェンスが復帰するはずです。それを踏まえ、ベイカーの獲得はその第一歩となります。

fast first day move 

NFLのストーブリーグもFAの解禁に伴い、熱く、盛り上がってきつつあります。解禁日当日の今朝、ペイトリオッツは早速動き、ジャガーズからFAとなっていたRB テイラーと合意に至りました。テイラーは今年で33歳になるベテランのパワーバックで、去年は13試合に出場し、143car、556yds、1TDを記録。通算成績は2,428car、11,271yds、62TD、平均4.6yd。また、レシーバーとして286rec、2,361yds、平均8.3yd。

FTaylor.jpg電光石火のごとく、ペイトリオッツが動きました。テイラーは来季で12年目となるベテランRB。実績は十分で、通算成績を見れば明らか。しかし故障がちということもあり、NFLで最も過小評価されるRBとしてレッテルが貼られています。球団はそういったリスクがある中で、契約に踏み切ったのはテイラーをそこまで買ったということでしょう。幸い、チームには現在RB フォークRB モリスRB グリーンエリスRB マローニーがいるため、テイラーの負担はある程度押さえれるでしょう。冬場のニューイングランドで、パワフルなランに期待したいところ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。