スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

not in bad shape 

Mayo_Wk1.gifウィーク1でいきなりのケガ情報です。昨日のビルズ戦の1stクォーターに膝を痛めた2年目のLB メイヨ。自力で歩いてベンチに下がったものの、試合には復帰せず、地元メディアやファンはやきもきしていました。球団内の情報によるとどうやら内側側副靭帯(いわゆるMCL)を挫傷しているようで、数試合の欠場が必要とされるとのこと。危惧されていた膝の断裂では無く、一安心。開幕戦で膝をケガした昨年のQB ブレディーと重なってしまうのかと心配していましたが、どうやらそんなに悪くなかったようでした。一方で、ディフェンスのリーダーが数試合でも欠場するのは痛手です。とにかく早い復帰に期待しましょう。
スポンサーサイト

a forgotten eyes 

Week 1
Buffalo Bills 24
New England Patriots 25


ペイトリオッツはビルズに逆転勝ちを収め、開幕は白星発進。6年連続での開幕勝利は、非常にしびれる試合でした。感想は後として、まずは試合前のレポートとの照らし合わせから。

Patriots Defense

#1 Deep Threat

Stats of the Game
WR オーウェンズ 2 rec 46 yds 23.0 yds/rec
WR エバンス 3 rec 25 yds 8.3 yds/rec
RB ジャクソン 5 rec 89 yds 1 TD 16.6 yds/rec
WR ネルソン 2 rec 13 yds 1 TD 6.5 yds/rec

両WRは見事抑えたものの、RB ジャクソンはまったく止められず。5キャッチ、83ヤード、1TDとやられ放題でした。ディフェンスは4thクォーターにはダメ押しとなるTDを許すなど、あまりいい仕事はできませんでした。一方で、両エースWRを合計5キャッチのみに留めたのは、さすがはベテランのCB スプリングスとCB ボッデンと言えます。

#2 Pats Killer

Stats of the Game
RB ジャクソン 15 rush 57 yds 3.8 yds/rush

ジャクソンのラッシュはまずまず抑えたものの...。レシーバー時と合わせて計140ヤードは与えすぎました。

#3 Dangerous Specialists

Stats of the Game
KR マケルビン 4 kr 97 yds 24.3 yds/kr 1 F

マケルビンには4回リターンされ、最長は33ヤードとまずまずの内容に封じ込めました。終盤にはエンドゾーンから無茶なリターンをし、結局ファンブルを犯すなど、パッツの逆転の立役者、そしてビルズの戦犯。

Patriots Offense

#1 First game for a while

Stats of the Game
QB ブレディー 39/53 378 yds 2 TD 1 INT

序盤はやはり膝の影響なのか、レシーバーと上手く連携ができず。投げ急ぐ場面もみられ、2ndクォーターにはDE ショベルにINTリターンTDを与えるなど、あまりよい前半とは言えませんでした。しかし、一番重要な時には、いつものブレディーでした。残り5分で差は11。勝つには2つのTDが必要な場面でも、表情何一つ変えず、2分前ぎりぎりでTE ワトソンにTDパスを繋ぎ5点差。1分少しで再びフィールドに戻ると、今度もワトソンに逆転TDパスを決め、約1分半で2TD。さすが、ブレディー。恐るべし、ブレディー。

#2 Take advantages

Stats of the Game
WR モス 12 rec 141 yds
WR ウェルカー 12 rec 93 yds
TE ワトソン 6 rec 77 yds 2 TD
RB フォーク 6 rec 51 yds

予想通り、レシーバー陣は素晴らしい成績を残しました。モスに至っては、相手コーナーに常にスペースを空けられていたため、まるでキャッチボールのようでした。ワトソンは終盤の2つのTDをキャッチし、この日のヒーロー。ここ数年はTEの活躍が少なく、オフェンスの中心とはほど遠い存在でした。昨年までのOC、マクダニエルズのオフェンスにレベルアップさせた新オフェンスといった感じでしょうか。


最初の2度のポゼションで点が入らず、ハーフタイムの時点で4点ビハインドの14-10。後半も24-13と最大11点差が開いたものの、残り2分で12点入れ、辛勝。印象深かったのは終盤のブレディーの目。試合中盤までの目とは明らかに違いました。目を覚ました猛獣のように、4thクォーター5:32から、14回のパスの中12回を決め、112ヤード、2TDと大爆発。まさにブレディーの真骨頂、試合の一番大事な場面でのあの目。我々ファンが忘れかけていた「何か」を再び思い起こしてくれました。

さて、次戦はジェッツ戦。強力ディフェンスにどうやって対応するか、また、ルーキーQBをどう攻略するか。今週のテーマはそういった点に注目したいところ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。