スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ran out of town 

Week 2
New England Patriots 9
New York Jets 16


ペイトリオッツは逆転負けを喫し、今季初黒星。前半は決定力不足、後半は力負けとあまりいい試合では無かったと言うしかありません。感想は後として、まずは試合前のレポートとの照らし合わせから。

Patriots D vs NYJ O

#1 No More Jackson

Stats of the Game
RB ワシントン
14 rush 58 yds 4.1 yd/rush
2 rec 18 yds 9.0 yd/rush

RB ワシントンはまずまず抑えることに成功。相棒のRB ジョーンズにも54ヤードのみと、自慢のRB陣はひとまず封じました。しかし、WR コッチェリーに45ヤードキャッチを含む、4キャッチ87ヤードを許し、さらに苦手のTE ケラーにTDを献上するなど、ディフェンスには課題が見られました。

#2UnRookie-like Rookie

Stats of the Game
QB サンチェス
14/22 163 yds 1 td

うーん、前半と後半ではまるっきり別人でした。最初の相手ポゼションでいきなりファンブルをさせ、その後もリズムに乗らせず、ハーフタイムまで僅か15ヤードのみに抑えます。しかし3rdクォーターからは次々とパスを決められ、今度は逆にペイトリオッツのディフェンスが狂わせられます。後半戦開始直後にケラーにTDパスを決められ、そこからは完全にジェッツペースでした。

Patriots Offense

#1 Running Through Bricks
#2 Protect the Man
QB ブレディー 23/47 216 yds 1 int

他の成績も載せようかと思いましたが、QB ブレディーの数字で明らかなのでやめました。47回のパスの内たった23回しか通らず、一度もリズムに乗れませんでした。もちろんジェッツからのプレッシャーもありましたが、WR ウェルカーの欠場による、他WR陣との連携が見られませんでした。ブレディー自身はサックはゼロも、常にプレッシャーを掛けられ、地面に倒れることが多々。投げ急ぎも多く、なかなか大きなゲインのパスも決められず。まさにプレッシャーによる、悪循環でした。


まずは明るい話題から。ウェルカーのまさかの欠場で出番の回ってきたのは新人のWR エドルマン。チーム最多の8キャッチ、98ヤードを記録するなど、素晴らしい活躍を見せました。また、ベテランRB テイラーも8キャリー46ヤードを記録し、存在を示しました。今後も期待したい二人ということは確かです。

この日はLB メイヨを欠き、さらにウェルカーも欠場。そんな逆境も、序盤はペイトリオッツのペースに持ち込めました。が、後半からは攻守共に相手のアジャストメントについていけませんでした。アジャストが得意なベリチックの采配でさえ、敵わず。相手の口撃に反撃できず、今日は完全にやられました。この雪辱は2ヶ月後にはらしたいところです。

さて、次戦はホームでファルコンズ戦。地元の大学出身の2年目QB ライアンをどう攻略するか。今週のテーマはその点に注目です。
スポンサーサイト

smash mouth game 

Week 2
New England Patriots @ New York Jets
(13:00 Kick Off)

Patriots D vs NYJ O

#1 No More Jackson

Stats to Watch
RB ワシントン
25 rush 153 yds 6.12 yd/rush
14 rec 79 yds 5.64 yd/rec 1 td

上のデータは、RB ワシントンのペイトリオッツとの対戦成績。合計でTDは1つのみも、ラッシュ平均6.12ヤードは危険な匂いが漂います。レシーバーとしても、俊足のため、危ない存在です。先日のビルズ戦ではRB ジャクソン好き放題やられただけに、ディフェンスの奮起が期待されます。要注意はスクリーンパス。ジェッツのライン勢はビルズよりかなり強力のため、ボンボン決められると、長い一日のなるでしょう。守備のリーダーLB メイヨが居ないだけに、全員のカバーが求められます。

#2UnRookie-like Rookie

Stats to Watch
QB サンチェス
18/31 272 yds 1 td 1 int
12/15 191 yds 1 td

まず最初の数字は先日のQB サンチェスのデビュー戦の全成績です。58%でパスを通すなど、ルーキーとは全く思えないデビュー戦でした。一方、注目はその下の数字。その日の3rdダウンでの成績です。平均7.8ヤード、成功率80%と素晴らしい成績の残しています。プレッシャーのある場面、しかも敵地でのこの成績は凄いとしか言えません。どのダウンでもプレッシャーを掛ける必要があります。新人には滅法強いベリチックHCだけに、ディフェンスの腕が試されます。

Patriots O vs NYJ D

#1 Running Through Brickss

オフシーズンにLB スコットCB シェパードらベテラン勢を加入させたジェッツ。昨シーズンに獲得したDT ジェンキンスLB ペイスを含めリーグ有数のディフェンスとなりつつあります。先週のテキサンズ戦では、パスに対し145ヤード、ランに対し38ヤードとオフェンスが強力な相手に対し、凄まじい数字を残しました。パッツとしては、なるべく長いドライブをし、ジェッツのディフェンスを疲れさせたいところです。アウェーではリスキーですが、ノーハドル.オフェンスも効果的でしょう。

#2 Protect the Man

前述の通り、ジェッツのディフェンスは確実のアップグレードしています。この試合では先日出場停止処分を受けていたジェッツの重鎮、DE エリスが復帰するため、さらに強力となりうるでしょう。そうなると、OラインにはQB ブレディーをしっかりガードしなくてはいけません。また、RB勢も向かってくるブリッツ要因に対し、しっかり処理する必要があります。

以上です。
因縁のジェッツ戦まであと2時間半!Let's Go Pats!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。