スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

back to basics 

Week 3
Atlanta Falcons 10
New England Patriots 26


Defense

#1 No Sophomore Slump

Stats of the Game
QB ライアン
17/28 199 yds

ディフェンスは素晴らしい働きでした。ライアンを200ヤード以内に留め、ラッシュも平均3.7ヤードに抑えるなど、数字でも明らか。ロングパスもなかなかさせず、セカンダリー陣のカバーがほぼ完璧でした。前半の終盤にはディフェンスの要NT ウィルフォークが抜けたものの、後半戦はファルコンズを無得点に抑えるなど、不在の影響を感じさせませんでした。さすがベリチック。

#2 Already an Impact

Stats of the Game
TE ゴンザレス
1 rec 16 yds

懸念されていたゴンザレス対策ですが、ほぼ完璧に抑えました。ファルコンズの最初のドライブではあわやTDを決められそうになるなど、嫌な雰囲気でしたが、それ以降は僅か1キャッチのみに封じ、試合に全く参加させませんでした。最大とも言える武器を失ったファルコンズのオフェンスの不振にも影響あったことは確か。

Offense
#1 Things to Prove

Stats of the Game
QB ブレディー
25/42 277 yds 1 td

パス成功率は先週と僅か10.6ポイント差(59.5%)とまだ本調子では無かったものの、チームに勝利をもたらすには十分な内容でした。前半はオーバースローなど見られ、特にWR ギャロウェイとの連携ミスが目立っていました。前半の終了間際にベンチで声を荒げるなど、いら立つ場面も。しかし後半に入ると、調子を上げ、厳しい4thダウンでもパスを通すなど、調子を上げます。相変わらずレッドゾーンでは冴えなかったものの、4thクォーター中盤にようやくTE ベイカーに36ヤードTDを繋ぎ、試合を決定づけました。

#2 Old Nemesis

Stats of the Game
DE アブラハム
2 tackles 0 sack

この日の軍配はLT ライトの完勝でした。僅か2タックルに抑え、サックはゼロと素晴らしい結果に封じました。オフェンシブライン全体も良い働きを見せ、ブレディーを2試合連続でサックさせず、しっかり仕事をしました。

#3 Start Runnin'

Stats of the Game
RB テイラー 21 rush 105 yds 1 td 5.0 yd/rush
RB フォーク 5 rush 25 yds 5.0 yd/rush

相手の弱点、ペイトリオッツも熟知していました。雨の天候だった事もあるものの、この日の39回のラッシュの数字を見る限りはそういったプランだったのは確実。そのランアタックの中心にはベテランのテイラーが居ました。21回ボールをもらって計105ヤード。今季2度目のTDを記録し、圧巻は平均5ヤード。一度ぶつかられても、止まらない脚力は健在で、今後大きく期待したい選手です。一方、RB マローニーは前半で故障し、そのまま復帰せず。どうもケガからは離れられません。


思った通りの試合展開となりました。序盤はブレディーと同じく、少しイライラしましたが、最後は久々に余裕を持って見られました。ラッシュでは累計168ヤードを稼ぎ、試合をコントロール。約40分のタイム・オブ・ポゼションもうなずけます。しかし、それより相手を10点のみに抑えたディフェンスが勝利の要因でした。ウィルフォークの離脱も、回りの選手がしっかりカバーし、そういった点はベリチックの選手起用の秀逸さが垣間見えます。

試合は何とかネットで見れました。途中で映像が止まったり、画質が悪かったものの、見れたことが何よりでした。来週はレイブンズがホームにやってきます。厳しい相手となることは必須です。今週はもう一人の2年目QBとの対戦、強靱なディフェンスとの戦い方など目白押しな話題で持ちきりになりそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。