スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

want you back! 

傷心のコルツ戦を終え、大事な地区対決を迎えます。Week 11、ジェッツ戦のインジュリー・レポートです。

New England Patriots
Week 11 - Injury Report

Out
RB テイラー(かかと)

Questionable
WR アイケン(尻) LB アレクサンダー(肩) TE ベイカー(肩)
LB バンタケイン(股関節) DT ブレース(かかと) WR エドルマン(腕)
DE グリーン(ひざ) C コッペン(ひざ) LT ライト(ひざ)
RB モリス(ひざ) RG ニール(頭) LB ニンコビッチ(ひざ)
DE ワーレン(ひざ)

Probable
QB ブレディー(右肩)
CB スプリングス(ひざ)
TE ワトソン(腰)


ケガ人の数は相変わらず多いものの、主力は復帰しつつあります。ライトとグリーンは攻守のベテランなので、今週、または来週のセインツ戦までには戻ってきて欲しいところ。コルツ戦ではエドルマンが腕の骨折を見事に乗り越え、復帰を果たしました。今週はモリスが復帰するかも知れません。

一方、先週欠場したルーキーのWR テイトですが膝が重症だったようで、IR入りとなりました。大学時代に故障した患部と言うこともあり、ゆっくり治し、来季に備えて欲しいところです。その代役として番が回ってきたのはWR兼QB スタンバック。コルツ戦では2キャッチを記録するなど、いきなり出番を迎えていました。個人的にはWR ナンが見たいですが...。時間の問題でしょう。
スポンサーサイト

game decider: passion of winning 

Week 11
New York Jets @ New England Patriots
(16:15 Kick Off)

Patriots D vs NYJ O
#1 Stop T.J.

Stats to Watch
RB ジョーンズ 170 rush 781 yds 8 td 4.6 yds/rush

RB ワシントンがケガで今季絶望となったこともあり、ジェッツはジョーンズに頼らないといけない状態です。ジョーンズは今季これまで781ヤード、8TDと好調を維持しています。1試合平均86.8ヤードはリーグ8位と危ない存在です。ディフェンスとしてはDT ウィルフォークを中心にランを止め、ジェッツのオフェンスをQB サンチェスの手に預けたいところ。そうすれば時間も減らせずに、相手のミスを待つのみとなります。

#2 Better WR tandems

Stats to Watch
WR コッチェリー 33 rec 498 yds 2 td 15.1 yds/rec
WR エドワーズ 26 rec 410 yds 2 td 15.8 yds/rec

コッチェリーといえば言わずと知れたパッツキラー。シーズン中にはエドワーズが移籍し、コッチェリーとなかなかのコンボとなっています。共に似たような成績を残しており、平均15ヤードは立派です。ディフェンスにとって両者を封じるのは難しいはず。先週のコルツ戦ではWR ウェイン一人にああいう結果でしたし、今回の相手は2人。さらにパッツキラーのTE ケラーを含めると3人になります。今週はディフェンスの奮起に期待です。

Patriots O vs NYJ D
#1 Revenge #1

Stats to Watch
QB ブレディー 23/47 216 yds 0 td 1 int 53.1 rating

上の数字はブレディーのウィーク2・ジェッツ戦での成績です。今季の他の試合と比べると、ヤード数、成功率、レイティングは一番最低の記録を残しています。TDも今季投げてないのはジェッツ戦のみと、あの日は完璧にジェッツ・ディフェンスの餌食となってしまいました。あの日から変わった点は3つ。まずはNT ジェンキンスが今季絶望のため、不在。ランが出来ればその分ブレディーも楽となります。そしてブレディーはあの日より完全に復調しており、2007年の状態に戻ってると行っても過言ではありません。最後はWR ウェルカー。その試合に負けたのはウェルカーの不在も大きかったはずです。そういった違いが果たして今回はどういう結果になるのか、期待です。一方でその日欠場していたLB ペイスが今回は出場するため、新たな問題はありますが...。

#2 Revenge #2

Stats to Watch
WR モス 4 rec 24 yds 6.0 yds 0 td

上の数字はモスが残したウィーク2のジェッツ戦での成績です。僅か4キャッチに終わり、マンツーマンでカバーされていたCB リービスに完全に封じ込められていました。試合終了後には「セーフティーの助けがあれば、誰でもオレを攻略できる」と強気のコメントを残したものの、相当悔しかったはずです。その日欠場したウェルカーは今回はいるため、少し状況は変わるでしょう。ウェルカーにひとまずパスを集めて、ランディー・タイムに期待です。

先週の事もあり、チーム、特にディフェンスは気合が入ってるはずです。ジェッツもマストウィンのため、相当気合が入っています。こういった試合は最後まで勝ちに執着した方に軍配が上がるもの。Let's Go Pats!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。