スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

last dance 

ペイトリオッツは14日、RB マローニーをブロンコスにトレードしたことを発表。来年のドラフト6巡目を合わせ、見返りとして、来年のブロンコスのドラフト4巡目の指名権を獲得。

2006年のドラ1も、結局4年であまり活躍出来ないまま、放出となりました。当初はようやくの若手RBとして期待されていましたが、幾度のケガで、輝きを失いつつありました。昨年は自己最多の15試合に出場、9TDを記録するなど、復帰の兆しも。しかし今季は開幕前に負傷し、開幕戦はインアクティブでした。マローニーにとっては新天地で心機一転の意味を込めてのトレードだといえるでしょう。移籍先には元パッツOCのマクダニエルズHCが居るため、チャンスは与えられるはずです。

さてマローニーの移籍で、RB陣はこれでRB テイラーRB フォークRB モリスRB グリーン=エリスの4名。グリーン=エリスを除いては全員30代と、世代交代が必要となってきます。1巡目を2つ持つ来年のドラフトでは、エースRBの指名に期待が掛かります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。