スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

create the momentum 

Week 9
New England Patriots @ Cleveland Browns
(1:00 Kick Off)

Patriots D vs CLE O
#1 Anoter Peyton to stop
Player to Watch
RB ヒリス 104car 460yds 5td

オフェンスはどちらかといえば低迷しているブラウンズ。しかしエースRBのヒリスは要注意選手です。パワーが売りのバックで、将来を担うとされたQB クインをトレードするくらいの好選手。今季これまでチーム最多のヤード数、TD数はチームのQBが記録している6TDを僅かに下回る5つとまさに孤軍奮闘と言えます。また、レシーブにも長けてるようで、チームトップのキャッチ数を持つTE ワトソン(30)に次ぐ27キャッチを記録しています。ただファンブル癖があるようで、チーム全体(6)の半分のファンブル(3)を一人で記録しています。つけ込めるとしたらその辺でしょう。

#2 3rd QB to starting QB
Player to Watch
QB マコイ

開幕はQB デロームで明け、離脱後はQB ワレスの出番。そのワレスが離脱すると、今度はQB マコイの登場です。デビュー戦は敵地でのスティーラーズ戦でした。INTこそ2つ投じるも、7割近くパスを通し、281ヤードとなかなかの成績。ただその試合で5サックを浴びるなど、まだまだ経験不足は否めません。ベリチックHCの撹乱ディフェンスでルーキーQBのミスを誘い、攻略したいところです。

#3 Beware the Gadgets
Group to Watch
CLE Offense

得点力不足を補うため、ブラウンズは色々と仕掛けてくるチームです。まずWR クリブスをQBに起用するワイルド・キャットがあります。今季はこれまで13キャリーで53ヤードとまずまずの数字を残しているだけに、しっかりと対処したいところです。また、いわゆるギャジェット・プレーも駆使し、2週間前のセインツ戦ではP ホッジスがフェイクパントで68ヤードを走るなど、王者を苦しめていました。一度たりとも油断は禁物です。

Patriots O vs CLE D
#1 Known each other
Group to Watch
CLE Deffense

ブラウンズのディフェンスは決して良いとはいえないものの、クリエイティブ。例を挙げると、ディフェンシブ・ラインが立ち上がってうろうろするなど、ブリッツの予想を難しくしています。マンジーニHCがかつてジェッツのコーチを務めていた時も同様の作戦を使っていました。またかつてパッツにも所属していたライアンDC(ジェッツのライアンHCの双子の弟)と共にベリチックをよく知るだけに、色々と作戦を練っていることでしょう。チームとしてはしっかりアジャストを行いたいところです。

試合は久々のデーゲーム。今月の初陣を是非とも制したいところ。Let's Go Pats!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。