スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

time to win 

Week 11
Indianapolis Colts @ New England Patriots
(4:15 Kick Off)

Patriots D vs IND O
#1 Still the same
Player to Watch
QB マニング 248/386 2,663yds 16td 4int

成績を見る限りでは、さほど驚く点はありません。ただ主力のレシーバー陣を故障で欠いていることを考えると、さすがと言えます。パスの確実さ、スクリメッジ上でプレーを巧に変更するなど、まったく衰えを見せないのは事実。しかしつけ込むところもあります。今季はこれまで12サックを浴びており、昨年の数(10)をすでに上回っています。オフェンシブラインの影響かも知れませんが、ペイトリオッツとしては是非とも突きたい場所です。先週、QB ロスリスバーガーに5サック浴びせたフロント7に期待です。

Patriots D vs IND O
#1 Run the damn ball
Group to Watch
IND Rush Defense 240car 1199yds 9td 5.0yds/car

ランに圧倒的に強いスティーラーズとは対照的に、今週は不振のラン・ディフェンスと対戦します。今季のコルツの1試合平均はワースト3位、1キャリーあたりの平均はなんとワースト1位と低迷しています。ペイトリオッツとしてはここを有利に生かしたいところ。数試合でビッグゲインが目立つRB グリーン=エリス、タックルされにくいRB ウッドヘッドの二人に大きく期待です。また長く待たれているRB テイラーが復帰ともなれば、さらに心強いはずです。

#2 Forceful ends
Stats to Watch
IND Defense 20.0 sacks

ランには苦しむものの、コルツのデフェンシブ・ラインはNFL屈指と言っても過言ではありません。両エンドのDE マシスが7.5サック、DE フリーニーが6サックを記録しており、チームのほとんどのサック数を二人で稼いでいます。オフェンシブ・ラインとしてはQB ブレディーをしっかり守りたいです。策として考えられるのは、TEを両端に置き、二人ずつで一人をマークすること。ブリッツ対策にもなるため、使えるはずです。また昨年のコルツ戦でフリーニーを完璧に封じたRT ボルマーを左に動かし、LT ライトを右に回す作戦もあります。ただ、いきなり変えるのはまずないと思いますが、可能性としては考えられます。

熱戦の舞台はフォクスボロ。コルツとのホームでの試合は2006年以来です。2007年の勝利を最後に負け続けてるだけに、得意の地で雪辱を果たします。Let's Go Pats!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。