スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nothing to say 

Divisional Playoff
New York Jets 28
New England Patriots 21


幾度のミスが響き、ペイトリオッツはジェッツにあえなく敗戦。一丸となって掴んだ第1シードも生かせず、プレーオフ敗退。試合の各ポイントは今回は触れずに、直に感想とします。

ジェッツの最初のポゼションを封じ、オフェンスはシーズンさながらのボールさばきをみせます。しかしQB ブレディーが93日ぶりにINT。せっかくの勢いをフイにしてしまいました。懸念されていたオフェンシブ・ラインも5サックを許すなど、課題が残る内容。ラン攻撃はまずまずだったものの、常にビハインドの展開だったため、バランスアタックとは行きませんでした。

ディフェンスはやはりランに苦労。120ヤードを許し、踏ん張れませんでした。原因には層の薄いデフェンスラインに多くあるものの、相手のラインを褒めるしかありません。一方でこの日はゼロサック。QB サンチェスにたっぷり時間を与え、まったくプレッシャーを掛けられなかったのには同じく痛かったです。

攻守に目立っていたのは乱暴なプレーぶりでした。オフェンスではベテランのLG マンキンズが激高し、15ヤードペナルティー。またリーダーのDT ウィルフォークがサンチェスを背後から押す(ペナルティーにはならず)、一体何があったのか。この試合に向けてたくさんの口撃をしかけていた相手より卑劣でした。

また攻守では、試合勘の鈍りも垣間見えました。ブレディーのINTから始まり、TE クランブラーの落球。試合の形成が変わってしまったS チャンのフェイクパントのファンブル。最後にオンサイドキックはうまく蹴れたものの、相手に渡り、結局再び突き放され、終戦。

今季は若い選手が多く、不安と楽しみで迎えたシーズンでした。しかし蓋を開けてみれば、若手中心のリーグ最強のチームでした。ルーキーや2年目の選手とベテラン勢がしっかり噛み合ってました。結果は残念となりましたが決して無駄ではありません。この悔しさは若い選手にとってプラスになるはずです。

今シーズンもブログをご覧頂き、本当にありがとうございました。Let's Go Pats!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。