スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

win to forget 

final
Indianapolis Colts 24
New England Patriots 31


ペイトリオッツはコルツを破り、今季2度目の4連勝。9勝3敗で二桁勝利目前。

3-3のロースコアの展開も、2ndクォーターと3rdクォーターに計4TDを決め、大量リード。しかし4thクォーターに攻守が低迷し、3TDを許し、逃げ切るのがやっとで31-24で試合終了

オフェンスは低調スタートも、ノーハドル・オフェンスからリズムに乗り、コルツのディフェンスを攻めます。前半を2TD差で終えると、後半も怒濤の攻撃は止まらず、3rdクォーターを28点差の快勝ペースで締めくくりに入りました。しかしその後は時間を減らすのに手こずり、ディフェンスのポゼションを増やしてしまいます。その理由の一つはランの不足。リーグワーストのランディフェンス(150yds/game)からわずか73ヤードしか搾れず、今後の課題です。一方で、レシーバー陣ではTE グロンコースキーが3TDの大活躍。2つのキャッチTDでTEによる1シーズンのTD記録(13)に並びました。

ディフェンスは立ち上がりこそQB オーロフスキーのパスを通させるも、中盤からはプレッシャーを掛けられていました。前半を3点のみに抑えると、3rdクォーターも無失点。ディフェンスもようやく良くなったと思いましたが、そんなに単純ではありません。4thクォーターになるとパスに手こずり、全く止められず。特に狙われたのは右サイドを守っていたCB マコーティーCB ムーア。病み上がりの選手と経験の浅い選手ということを考えると仕方ないとは言え、隙がありすぎでした。結局3年ぶりの先発出場となった実質4番手のQBに30回のパスを通され、353ヤードを献上してしまうなど、とても褒められる試合ではありませんでした。

危うく追いつかれそうな展開になり、決して喜べる勝利ではありません。勝ったとはいえ、課題は山積みというのが現実です。格下相手でこの内容では先が思いやられます。ベリチックHCのカミナリで再び構築です。

来週はD.C.に移動し、レッドスキンズとの対戦です。敵地で試されることになります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。