スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

most wanted win 

AFC Divisional Round - final
Denver Broncos 10
New England Patriots 45


攻守に圧倒し、ペイトリオッツはブロンコスを粉砕。2007年以来、4シーズンぶりのプレーオフ勝利でAFC王座決定戦に進出。

前半は完全にパッツペース。1stクォーターに2TD、2ndクォーターに3TDで一気にリードを拡大。ディフェンスも冴え、ほぼ完璧に封じ込み、そのまま逃げ切って45-10で大勝。

オフェンスは立ち上がりからノーハドルがはまり、いきなり2TDで14-0とします。しかしその後、QB ブレディーのINTで事態は変わります。これまでのプレーオフではそういったミスが敗因となっていただけに、正直焦りました。あのブレディーの怒りの形相が物語っていました。その怒りで吹っ切れたのか2ndクォーター残り8分で怒濤の3TDを決め、前半を35-7で大きく引き離しました。3rdクォーターにはプレーオフ記録に並ぶ1試合6TDを決め、最高の形で勝利をつかみました。TE グロンコースキー(10キャッチ、145ヤード、3TD)とTE ヘルナンデス(4キャッチ、55ヤード、1TD、61ラッシュヤード)のTEコンビの活躍が目立ち、相手ディフェンスを苦しめられました。

ディフェンスは大事な試合で、今季最高のパフォーマンスを見せました。まるで相手のハドルにいるような感覚で次々とタックルを決めていました。この1週間で研究に研究を重ねたのが目に浮かびます。特にブロンコスの持ち味のオプション攻撃の読みがすべて当たっていたのが印象的でした。特に活躍していたのがDT ウィルフォークDT ラブLB ニンコビッチLB スパイクス。DTコンビは相手のOラインを終始押しまくり、ランをシャットアウト。またバッカー陣も2人合わせて11タックル、2.5サック、1フォースファンブル&リカバリーと大健闘でした。しかし一番の誇れる数字は15。ヤードロスさせたプレーの回数です。確実なタックルが常に光り、相手を自由にプレーさせませんでした。

4年という長い歳月で1勝もできなかったペイトリオッツ。ようやく勝利を手にし、悪い流れを変えられそうな勝利となりそうです。あと1つ勝てばSB出場という大きな舞台への切符を手にします。今のチームにとって何も怯える事は無いはずです。各選手がしっかり役割を果たせば、自ずと結果もついてくるでしょう。

次戦の対戦相手はレイブンスかテキサンズ。どちらも守備が良く、この試合みたいな快勝はまず無いと思われます。ただ今はゆっくり休み、来る試合に臨むのみです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。