スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Headed to the Super Bowl 

Conference Championship - final
Baltimore Ravens 20
New England Patriots 23


激戦の末、ディフェンスが踏ん張り、ペイトリオッツが辛勝。AFCのトップに輝き、4年ぶりの夢舞台、スーパーボウルへ。

序盤から点を取り合う展開も、ハーフタイム前にFGで勝ち越し。その後は4点のビハインドとなるも、4thクォーターの4th&Goalをものにし、逆転。試合終了間際にはレッドゾーンまで追いやられるも、相手にFGミスに助けられ、逃げ切って勝利。

オフェンスは見た目以上に苦しみ、ラッシュとパス、ターンオーバー、ボール所持時間のすべてにおいて相手より下回りました。懸念とされていたレッドゾーンでは5回で2TDのみとチャンスも生かせず。しかしその2つのTDはとてもペイトリオッツらしくない泥臭いTDでした。特に逆転TDではQB ブレディーが決死のダイブ。エビぞり状態になりながらも、立ち上がり、ボールを地面にたたきつけた姿には鳥肌が立ちました。司令塔の身を削ったプレーでチームの士気は最高潮となったはずです。結局ブレディーは0パスTD、2INTと今季最悪の成績でした。ディフェンスが作ったターンオーバーも、直後に無茶なパスでINTを献上。見ていて怒りが収まりませんでした。オフェンスは低調に終わり、それを救ったのが・・・。

ディフェンスは試合開始から2ドライブ連続で1stダウンを更新させず、いい立ち上がり。しかしQB フラッコのロングパスからパスが通り始め、一時は押されます。特に故障者が出始めた後半では、代わりに入った選手が大いに狙われました。中でもルーキーのCB ムーアは苦しみ、自らのタックルミスでTDを許してしまいます。そのTDで逆転を許し、流れは俄然相手の方へ。何とか再び逆転するも、3点差のまま試合は終盤を迎えます。2分内でFGエリアまで攻められ、後が無いなか、フラッコのTDパス・・・。負けを覚悟した瞬間、ムーアがWR エバンスの手中のボールを弾き返し、TDは土壇場で覆りました。続くプレーでもボールを弾くと、4thダウンからのFGは大きく外れ、試合終了。

ディフェンスが何とか踏みとどまり、勝利を収めました。オフェンスが苦しむ時、助けるのはやはりディフェンスでした。今季はオフェンスに助けられた勝利が多く、ディフェンスはほとんど評価されてませんでした。強豪揃いのプレーオフでは致命的になるとされましたが、この日は逆に勝利の立役者。立て直したヘッドコーチもそうですが、実際プレーしてるのは選手です。試合後の会見でもチームの奮闘を称え、ねぎらっていました。コーチ陣と選手にとって仕事はもちろんあと1つ。夢舞台での7年ぶりの勝利です。

11年で5度目のSB。対するはジャイアンツ。パーフェクトシーズンを粉砕された相手に雪辱を果たします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。