スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tough loss yet again 

Super Bowl XLVI - final
New York Giants 21
New England Patriots 17


ペイトリオッツは接戦の末、敗退。またもやジャイアンツに勝てず、連勝は10でストップ。

試合序盤は相手ペース。9-0とされるも、FGとTDで前半を1点のリードで折り返し。後半直後にTDでリードを広げるも、粘る相手の攻撃を封じきれず、試合残り1分で再びビハインド。最後の奇跡のパスが失敗に終わり、試合終了。

オフェンスは1stクォーターこそ苦しむも、2ndクォーターからパスとランをつなぐ作戦が効き、何とか立て直しました。後半も同じ戦法でリードを拡大し、流れは引き寄せたようなものでした。しかしロングゲインを狙ったTE グロンコースキーのパスがINTされ、勢いは消沈。中々追加点を奪えず、ディフェンスに負担を与えました。ただラインは相手の厳しいパスラッシュをぎりぎりまで食い止め、前回の二の舞は避けた形となりました。ただ、またしても一歩足りず、最後はもはや絶望のパスに頼らなければならない状態では勝ちには値しないということでしょう。

ディフェンスは立ち上がりから踏ん張りを見せます。QB マニングに3サックを浴びせ、2つのフォースファンブルも記録。ただサックはとてもタイムリーとは言えず、ファンブルもリカバーは2度とも相手にされるなどツキもありませんでした。さらに際どいキャッチ、プレーも目立ち、あと一歩でボールに触れられそうな場面も多目立ちました。こればかりは仕方ありません。いいタックルなどもあり、決して悪い内容ではありませんでした。ただ敗戦という事実は変わらないため、決して慰めにはなりません。

4年越しのスーバーボウルも似たような形で破れ、今は悔しさと落胆のみが残ります。オフェンスはTE主体の戦法が旋風を起こしました。課題だったラインも若手の台頭などで再構築に成功。ディフェンスではここ数年不足していたパスラッシュがベテラン勢の活躍し、DT ウィルフォークが大車輪のごとく奮闘しました。ケガに苦しみ、決していい結果が出ず。しかし長らく勝利の無かったプレーオフではオフェンスを支えるまでにも成長しました。そして迎えたこの日、惜しくも敗退。悔しさを胸に、前を向くしかありません。

今シーズンも当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト

In Gronk We Trust 

Super Bowl XLVI - Friday Injury Report


Questionable
OT キャノン (かかと) (LP)
S チャン (ひざ) (LP)
LB フレッチャー (親指) (LP)
TE グロンコースキー (かかと) (LP)
DT ラブ (かかと) (LP)
OL マンキンス (ひざ) (LP)
LB ニンコビッチ (臀部) (LP)
LB スパイクス (ひざ) (LP)
OL ボルマー (風邪/腰/足) (LP)
WR ウェルカー (ひざ) (LP)
LB ホワイト (腹部) (LP)

Probable
WR ブランチ (ひざ) (FP)
C コノリー (グロイン) (FP)
S イヘディボ (肩) (FP)
OL ライト (風邪) (FP)
WR スレーター (肩) (FP)
スーパーボウル前の最終レポートです。大きな話題となっているグロンコースキーは一部の練習に復帰、Questionableになっています。万全の復帰とはならないものの、出場はほぼ濃厚。最終的には本人が決断すると言うことで、グロンクの性格を考えると、さすがに欠場にはならないはずです。一方でこの日のためにロスター登録をしていたとしてもおかしくなかったボルマー。いくつかの報道では出場が確実とされており、大一番での復帰は頼もしいです。ただ実戦から遠ざかっており、ジャイアンツのパスラッシャーに対しての出場は厳しいかも知れません。

試合まであと2日。シーズンを締めくくるべく、狙うは制覇。

Super Bowl Pre-Game Report 

Super Bowl XLVI
New York Giants vs New England Patriots
Pre-Game Report


ついに待ちに待った夢の大一番。ここまで数々の死闘を経て、狙うは"雪辱"しての"制覇"。

Nightmare Offense
2度目のSB出場と今季の活躍で兄越えの声もささやかれるQB マニング。特に多彩なレシーバー陣を仕切る姿は兄譲りと言えます。レギュラーシーズンではWR クルーズWR ニックスが共に1,000ヤードを越え、TE バラードWR マニングハムら武器は多数。中でもPOでトップのヤード数を持つニックス(18rec/335yds/4td)、キャッチ数3位のクルーズ(17rec/244yds)は絶好調で要注意です。クルーズはスロットWRで守るのがもっとも厄介で、どのようなマッチアップで挑むのかが鍵となります。ここのところセーフティーとして起用されているCB マコーティーをニッケルDBとする事が予想されます。そして残りのレシーバー陣をCB アーリントンCB ムーアが担当します。

4-year Reflection
ジャイアンツDの特徴はやはり強力パスラッシュにあります。DE ウメノリアDE タックDE ピエール=ポールなどの活躍でNFLトップ3のサック数(48.0)を記録しました。特に2年目の新鋭ピエール=ポール(チームトップの16.5サック)はLBの位置からどこでもラッシュしてくるため、見極めが必要になります。ラインの隙間を狙われた際にはRB陣の対応が必須です。一方でパス・ディフェンスに至ってはNFLワースト4位の被ヤード(4,082yds)と決して良いとは言えず、ノーハドルでアタックできるはず。また、序盤でランを確立させ、パスを読みにくくする作戦も考えられます。オフェンスは4年前の反省をいかし、強力ディフェンスに挑みます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。