スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tough loss yet again 

Super Bowl XLVI - final
New York Giants 21
New England Patriots 17


ペイトリオッツは接戦の末、敗退。またもやジャイアンツに勝てず、連勝は10でストップ。

試合序盤は相手ペース。9-0とされるも、FGとTDで前半を1点のリードで折り返し。後半直後にTDでリードを広げるも、粘る相手の攻撃を封じきれず、試合残り1分で再びビハインド。最後の奇跡のパスが失敗に終わり、試合終了。

オフェンスは1stクォーターこそ苦しむも、2ndクォーターからパスとランをつなぐ作戦が効き、何とか立て直しました。後半も同じ戦法でリードを拡大し、流れは引き寄せたようなものでした。しかしロングゲインを狙ったTE グロンコースキーのパスがINTされ、勢いは消沈。中々追加点を奪えず、ディフェンスに負担を与えました。ただラインは相手の厳しいパスラッシュをぎりぎりまで食い止め、前回の二の舞は避けた形となりました。ただ、またしても一歩足りず、最後はもはや絶望のパスに頼らなければならない状態では勝ちには値しないということでしょう。

ディフェンスは立ち上がりから踏ん張りを見せます。QB マニングに3サックを浴びせ、2つのフォースファンブルも記録。ただサックはとてもタイムリーとは言えず、ファンブルもリカバーは2度とも相手にされるなどツキもありませんでした。さらに際どいキャッチ、プレーも目立ち、あと一歩でボールに触れられそうな場面も多目立ちました。こればかりは仕方ありません。いいタックルなどもあり、決して悪い内容ではありませんでした。ただ敗戦という事実は変わらないため、決して慰めにはなりません。

4年越しのスーバーボウルも似たような形で破れ、今は悔しさと落胆のみが残ります。オフェンスはTE主体の戦法が旋風を起こしました。課題だったラインも若手の台頭などで再構築に成功。ディフェンスではここ数年不足していたパスラッシュがベテラン勢の活躍し、DT ウィルフォークが大車輪のごとく奮闘しました。ケガに苦しみ、決していい結果が出ず。しかし長らく勝利の無かったプレーオフではオフェンスを支えるまでにも成長しました。そして迎えたこの日、惜しくも敗退。悔しさを胸に、前を向くしかありません。

今シーズンも当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。