スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tough, tough, win 

Patsは20-10でJetsを下し、NFL史上2番目となるシーズン14連勝を記録。

後半はJetsボールで開始。
Patsはしっかり止め、攻撃権はPatsへ。
しかし3rd&5となった所でBradyがINTを投げ、Pats側のJetsボール。
1st Downを奪われるも、Pennington→Bakerへのパスの後、
ThomasがFFし、Wilsonが拾って万事休す。

続くPats Driveはラン中心。
向かい風もあり、時間稼ぎに集中してました。
再びPuntも、Defenseがきっちり抑えて3rd Quarter終了。

しかしここからJetsが本領を発揮し始めます。
4th Quarter初頭のPatsのPuntの後、Jetsの攻撃が繋がり始めます。
No Huddleで次々と1st Downを奪うも、Patsは何とかFGに抑え7点差。

続くPats Driveはパスを使い始めるも、すぐさま3rd&10。
Bradyは迫るDefenseをかいくぐり、Welkerに繋ぎ1st Down。
False Startの後、BradyはMossへ長いパスを通し、Red Zoneへ接近。
GostのFGは流されるも僅かに入って再び10点差とします。

しかしJetsも黙ってません。
Washingtonの好KR+PFでPatsの20ydラインから。
2プレー後のPennington→McCareinsのパスはTDとされたものの、
Patsのチャレンジで結果は覆りno catch。
相手のHoldingもあり、4th&17としたところでFGトライ。
35ydFGをNugentが大きく左に外し、Patsボール。

1:48を残してPatsはPunt。
最後はSeauのこの試合2つ目のSackで試合終了。

今日の勝因はいくつか。
まずMaroney。
試合前にも書きましたが、見事期待に応えてくれました。
自身最高の26キャリーで104ヤード。
一度もFumbleせず、力強いランで勝利に貢献。
もう一つの勝因はDefense。
相手の4度のRed Zone入りを僅か3点に抑えるチームプレーを見せました。
Sandersの欠場をWilsonがしっかり埋め、INT TDとFumbleをリカバー。
Thomasもチームハイの9タックル1.5 sackを記録し、同じく貢献。

Bradyは今季初となる0TDだったものの、必要な時に好判断を見せました。
来週は無勝のDolphinsと対戦。
あ、どうやら今さっき、Dolphinsが今季初勝利を果たしたそうです。
ということで来週は1勝13敗のDolphinsと今季2度目の対決です。
Let's Go Pats!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/157-ff09fba1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。