スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

shuffling defense 

今日はDefense陣とST陣のまとめです。
やはりLBとDBはオフシーズンで最大の課題となってきます。

DL
Ty Warren (2013)
Richard Seymour (2009)
Jarvis Green (2009)
Vince Wilfork (2009)
Le Kevin Smith (2009)
Rashad Moore (FA)
Mike Wright (RFA)


Defenseで一番安泰なポジションはここ。
Seymourにはさらに来季暴れてもらいたいところ
考えられるとすれば、Pro Bowl選出を果たしたWilforkの契約延長。
SBでSackを記録したSmithにも期待が持てます。

LB
Tedy Bruschi (FA)
Larry Izzo (FA)
Junior Seau (FA)
Adalius Thomas (2011)
Oscar Lua (2010)
Mike Vrabel (2009)
Rosevelt Colvin (2008)
Eric Alexander (EFA)
Pierre Woods (EFA)


そろそろ世代交代が近づいてるのはLB陣。
Bruschi、Seau、Izzoは年齢を考えると引退の可能性も拭えません。
今季契約の切れるColvinのカットもありえます。
そろそろ若いAlexander、Woodsにチャンスを与え、
近づいているドラフトでの補強を狙いたいところ。
残念ながら今季7順目の指名権を持つPatsから指名が確実とされていた、
OSU LB J.Laurinaitisは大学への復帰が決まってしまいました。

DB
Asante Samuel (FA)
Randall Gay (FA)
Eugene Wilson (FA)
Chad Scott (FA)
Mel Mitchell (FA)
Brandon Meriweather (2011)
Mike Richardson (2010)
Willie Andrews (2009)
Ellis Hobbs (2009)
Rodney Harrison (2008)
James Sanders (2008)
Antwain Spann (2008)
Ray Ventrone (EFA)


やはり注目はSamuelへ。
去年から力をメキメキ付け、リーグ有数のCBとなった彼。
Pro Bowlに初選出され、大型契約で評価するしかないPats。
流出も大いに覚悟もしなければいけません。
FAとなったGayとWilsonの去就も気になります。
来季はそろそろHobbsの大活躍に期待したいところ。
シーズン中盤から起用され始め、CB転向も考えられるMeriweather、
そしてケガで未出場に終わったRichardson、それぞれの2年目に注目。
SafetyはレギュラーのHarrisonとSandersが残るため、比較的安泰。

ST
Lonie Paxton (FA)
Chris Hanson (2008)
Stephen Gostkowski (2009)


長い間LSを務めてるPaxtonがFAとなり是非とも再契約したいところ。
Hansonは2年契約の最終年となります。
Gostkowskiはやはり自信と信頼を取り戻したいところ。

以上です。
NFLのオフシーズンもよろしくお願いいたします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/199-6839c68a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。