スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船出 

ジェッツを19-10で下し、開幕から2連勝。

まずは簡単な試合のサマリーを。
ハーフタイムをFGリードの6-3で終えると、
サードクォーターで10点奪い、ジェッツを引き離します。
途中で6点差に迫られるも、FGでダメ押しに成功し、逃げ切り勝利。

キャッセルはノーミスの内容で、デビュー戦をいい内容でチームを勝利へ導きました。
ランを中心に起用し、あまりキャッセルに頼らないプレーコーリング。
パスはスクリーンが効果的で、ウェルカー、フォークが大きなヤードを獲得。
モスには2つのパスのみ。唯一のロングパスは取れず、あまり活躍できず。
試合途中でマローニーがケガで戦列を離れると、ベテランRB ジョーダンが活躍。
時間をしっかり減らしながらのドライブを重ね、1TDと4FGで勝利。

ディフェンスは踏ん張りを最後まで見せてくれました。
サードクォーターまではファーブに届かず、いくつかのサードダウンをつぶせず。
キーのプレーは2年目のメリウェザーの後半開始直後のINT。
あれで流れを一気にパッツ側に引き寄せ、直後のFGで13-3と10点のリード。

19-10で最後のジェッツのチャンスでもビッグプレーが。
フリーになったLB トーマスが後ろに下がるファーブをゴールライン手前まで引きづりサック。
20ヤードのロスですぐさまパントし、ジェッツの反撃をいっきに消去。

数字を見てみましょう。
パスのヤードはファーブに劣るも、キャッセルの方がパス精密度は上。
INTを投げなかったキャッセルは立派。
ランの成績ではジョーダンが11キャリー62ヤードでチームハイの成績。
全て後半からの数字でまだまだ余力はあると証明。
出場停止処分から晴れて復帰したフォーク、存在感を大いに見せました。
走っては3キャリー16ヤード、レシーバーとしてもウェルカーに次ぐ4キャッチ50ヤード。

いいフィールドポジションを大いに活用し、終わってみれば9点差での勝利。
チーム一丸の勝利で、キャッセル時代の幕開けをいい結果で終えました。
まだまだ前途多難のシーズンが続きますが、いい船出で来週へ向かいます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/228-4cf647ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。