スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

taking a look 

今日はここ数日間、パッツに関するニュースをまとめたいと思います。

game in London
来年、パッツはバッカニアーズとロンドンで試合することが決定したようです。
チーム名がニューイングランドだけに、やっとといった感じでしょうか。
イギリスにもペイトリオッツファン、きっといると思います。
パッツにとっては西海岸に行くのと時間が対して変わりませんので、
NFLで一番ロンドン遠征にふさわしいチームでしょう。(もちろんNYも)
一方、酷なのは長い移動時間、さらにホームでの1試合を失ったバックス。

Stayin' West
ベリチックによると、今回もまた西海岸に2週間滞在するとのこと。
今季は幸運なことに、西への遠征が2試合ずつとまとまっており、
今季のサンフランシスコとサンディエゴへの遠征も同じく2週間滞在しました。
今回は2試合とも勝って、ホームに帰りたいところです。

Rosie
リーグの情報によると、パッツは今日、
去年まで在籍していたLB コルビンを本拠地に招待したようです。
契約となれば、ついに待ち望んでたLBの補強です。
LB トーマスが離脱して以来、高齢のベテラン選手を多く起用したり、
経験不足の若手に代役を任せるなど、苦しい状況での戦いを強いられています。
コルビンは4年間もパッツに在籍しているので、システムはもう十分知っています。
今までケガ人が出てもベテランの補強はあえてしてこなかったパッツ。
ここにきて、パッツの黄金時代を支えたコルビンを呼び戻すのでしょうか。

去年のコルツ戦でマニングをサック+INT。復帰に期待です。
コルビンの記事を見て、思わず叫んでしまいました。
復帰となれば、いいんですが...。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/283-52c3d565

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。