スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coaching Staff - 2008 in review - 

長かった2008-2009年シーズンもそろそろ振り返りの時期です。簡単な説明ですが、選手名(ここではコーチ名)、評価(F~A+)、簡単なまとめといった順となっています。最初はまずコーチ陣。全コーチの分は分からないことも多いのでここでは割愛させて頂きます。尚、こういったシーズンのまとめでは皆さんの意見も是非聞きたいので、コメントをお願いします。

Coaching Staff
QB / RB + FB / WR + TE / OL
DL / LB / DB
Special Team

ビル・ベリチックHC ... A+

CBelichick.jpg昨シーズン、チームをスーパーボウルまで無敗に導き、将来の殿堂入りをさらに手中に収めたベリチック。今季は開幕から先発QBを失うなど、シーズン序盤からいきなり苦しい采配を強いられました。しかしすぐさまQB キャッセルを先発QBに指名し、騒ぐメディアを沈めます。一方、次々と減っていくディフェンス陣においては、新人のLB メイヨ、2年目のS メリウェザーなど、若い選手を粘り強く使い続け、シーズンを乗り切りました。終わってみれば、シーズン終盤までには成長を経て、司令塔としてチームを引っ張ったキャッセル。ハードヒッティング・セーフティーとしてほとんどのスナップに登場し、コルツのS サンダース、スティーラーズのS ポロマル級になりつつあるメリウェザー。先日、最優秀守備・新人賞を見事獲得し、来季からは若きリーダーとして期待されるメイヨ。若い選手らを見事成長させ、11勝5敗という成績に導きました。結局プレーオフには行けずも、シーズン最後の会見では「例年より早くオフシーズンに入れて、来年までにしっかり休めることができる」と淡々と語ったコーチの目はもう来季に向いています。



ジョッシュ・マクダニエルズOC ... A-

CMcDaniels.jpg2001年からベリチックの下で学び、若干32歳ながら2006年からペイトリオッツのオフェンシブ・コーディネイターを務めているマクダニエルズ。今オフはすでに数球団からHCのオファーを受けており、去就も注目されています。去年はWR モスWR ウェルカーを加えたパッツのオフェンスを自由自在に操り、終わってみればNFL新記録となるシーズン75TD、シーズン589得点などの成果を残しました。一方、今季は開幕戦にQB ブレディーを失い、いきなりマクダニエルズに大きな宿題が与えられました。QB キャッセルを生かすショットガン、スプレッド、スクリーンなど工夫を施し、シーズン中盤までにキャッセルを成長させました。シーズン終盤には去シーズンに近い平均得点数をマークさせるなど、またもや評価アップ。これまでブラウンズ、ライオンズ、ブロンコスなどがオファーをもらっているマクダニエルズ。シーズン中にはヘッドコーチになることについては「時期尚早」と話した彼の決断に注目です。



ディーン・ピーズDC ... C+

CPees.jpg2003年まで長く様々な大学でコーチを務め、2年前からペイトリオッツのディフェンシブコーディネイターを務めています。数年前に他球団のヘッドコーチとなったクレネルとマンジーニ(奇しくも両者ともに今オフに解雇)がチームを去った後を任されているピーズですが、今季は様々な苦労がありました。まず次々と抜けていくディフェンス陣の采配に一苦労。特にLB陣ではLB メイヨLB ブレイブル以外は全員シーズン終盤までには入れ替わり、LB ガイトンLB ウッズら若手、LB セアウLB コルビンら復帰組が先発に名を重ねていました。しかし元はLBコーチ、しっかりとした鍛え上げを見せました。一方でセカンダリー陣に問題を抱え、シーズン序盤では特に相手に大きなプレーを許す場面が目立っていました。そこの面でほとんど評価が下がりましたが、D-ラインに置いては、パッツのディフェンスの最大の特徴になるほど、成長させました。最後ですが、メイヨとS メリウェザーら若手を鍛えたのは評価できます。



ブラッド・シーリーSTC ... B+

CSeely.jpgNFLでの役職は1989年にコルツのスペシャルチーム・コーチとしてデビュー。その後はジェッツ、パンサーズと渡り歩き、1999年からペイトリオッツの同コーチを務めています。今季の主な成果はキックオフリターンでしょう。CB ホブスはリーグ3位の平均リターンヤード数を記録するなど、結果を残しました。もちろんホブスの走力があっての数字ですが、スペシャルチーム全体によるものが多いので、ここはシーリーを評価しなければいけません。一方、キックオフでのディフェンスでは一時期、シーズン終盤以降、問題を抱えました。これは相次ぐ選手の離脱が響いたとしか言えません。来季の注目点はWR スレーターの育成でしょうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/311-30769c63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。