スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

final destination 

ペイトリオッツは28日、ついにQB キャッセルをトレードしました。移籍先はチーフスで、見返りに今年のドラフト2巡目(全体の34番目)を獲得。キャッセルは去年、ブレディーの代役を開幕戦の開始直後から務め、チームをプレーオフへあと一歩のところまで導きました。去季の成績は16試合に出場し、327/516 (63.4%)、3,693yds、21TD、11INT、89.4。情報によると、昨日のLB ブレイブルと併せてのトレードのようです。

16MCassel2.jpg遂に球団が決断を下しました。QB ブレディーをQBに来シーズンへ向かうことを決意し、キャッセルを放出。トレード相手は噂されていたチーフスでした。去年までペイトリオッツの元選手人事副社長を務めていたピオリGMがいることもあり、かねてからの密約も噂されていました。司令塔ブレディーの下で4年間学び、5年目の今季、ブレディーの負傷を受け、先発QBに抜擢されました。序盤は経験が浅いこともあり、活躍はできませんでした。しかしシーズン途中からは大活躍を見せ、評価をどんどん上げました。結局プレーオフへは行けずも、望みをなくしかけたファンの心を見事救いました。ブレディーの手術の経過を不安視していた球団は先月、キャッセルをフランチャイズ・プレイヤーに指名しました。

二人のQBに$30Mものの大金を使うとはとても想定できず、トレードは時間の問題でした。FA解禁日の翌日、突如決まりました。交換内容はドラフト2巡目と少し物足りないものは事実。しっかり評価されているとは思えません。とりあえずキャップスペースを広げた格好ですが、果たしていい結果になるのか。一方、キャッセルはチーフスではエースQBとしての活躍が期待されます。果たしてどんなQBになるのか。ファンとしては1年だけの活躍だったとはいえないような活躍を祈りたいところです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/333-6a0e1369

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。