スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A battle in a rain 

Week 6
Tennesee Titans @ New England Patriots
(16:15 Kick Off)

Patriots D vs TEN O
#1 Stop the Bull

Stats to Watch
RB ジョンソン
78 rush 468 yds 2 td 6.0 yds/rush

タイタンズ・オフェンスの中心はもちろんジョンソン。ルーキーシーズンの昨年には1,228ヤード、9TDを記録するなどし、チームをプレーオフに導きました。今季は0勝5敗のチームの中で、一人気を吐いている状態です。TDは2つと少ないものの、平均6ヤードは驚異的となりそう。ディフェンスとしては、一つのタックルミスが命取りになりかねないため、着実なタックルで仕留めたいところです。ランを止めるのに活躍が求められるのはDT ウィルフォークですが、各選手、しっかりとペネトレート(貫通)し、マイナスゲインを狙うのも重要になってきます。LB バンタケインLB ガイトンなど俊足系の選手に注目です。

Patriots O vs TEN D
#1 Breakthrough Game?

Stats to Watch
TEN Defense vs Passing
138/193 1,438 yds 13 td 288 yds/game

今季タイタンズが低迷している理由に、パス・ディフェンスがあります。ベテランのCB フィネガンCB ハーパーがケガで抜けたセカンダリーはパスに対し、リーグ2位の最多被平均ヤード、トータル被ヤード数に至ってはリーグワースト1位と大きく苦しんでいます。QB ブレディーとしては、爆発するのにもってこいの試合となることでしょう。先週僅か1キャッチ(投げられたのは僅か3)に抑えられたWR モスの爆発にも期待です。

#2 Un-Easy Front 7

パスに関しては前述の通りですが、侮れないのがタイタンズのフロント7。オフシーズンにはDT ヘインズウォースが移籍し、少しインパクトに欠けるも、ベテランのLB ブーリックDE バンデンボッシュなど戦力は豊富です。パス、またはランするにしても、まずは最初の7人をかわす必要があります。一方、この試合はLT ライトの欠場が濃厚となっています。代役のOT ボルマーがブリッツスポットとして狙われる可能性もあるため、注意したい。

無敗のチームとの5連戦を終え、今度は未勝のチームと対戦。拍子抜けしている場合ではありません。何としても勝って、4勝2敗でロンドンへ向かいたいところ。Let's Go Pats!!

コメント

是が非でも勝ちたい

クリス・ジョンソン脅威ですよね。先週もノーション・モレノにやられたので今週こそは踏ん張って欲しいです。

コメントありがとうございます。ジョンソンをどう攻略するか、楽しみより不安の方が多いですが(笑)。ブレディーの爆発、期待しましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/361-d65f87f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。