スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

back to work back at home 

Week 7
New England Patriots 35
Tampa Bay Buccaneers 7


ペイトリオッツはバッカニアーズに快勝し、2連勝。遠い遠征先で今季アウェー戦初勝利し、母国へ帰ります。

Patriots D vs TAM O
#1 Mobile QB

Stats of the Game
QB ジョンソン
9/26 156 yds 1 td 3 int

ビッグプレーはあったものの、ジョンソンを見事に攻略しました。序盤に2つのINTを奪い、自信を無くさせると、後は強力ディフェンスの手玉に。パスを9回のみに抑え、試合終盤にジョンソンをベンチに追いやりました。

#2 Hidden Bomb

Stats of the Game
RB ウィリアムス
11 rush 29 yds 2.6 yds/rush

ウィリアムス、そして控えのRB ワードもしっかり封じました。2度のマイナスゲインのタックルをしたLB バンタケイン、そしてランストッパーDT ウィルフォークを中心にランディフェンスにも安定が見られています。

#3 1-Man Offense

Stats of the Game
TE ウィンズロー
2 rec 9 yds 4.5 yds/rec

ウィンズローは抑えたものの、WR陣にやられました。WR スローターWR ブライアントに合わせて5キャッチ、114ヤードと大きなプレーを許してしまいました。

Patriots O vs TAM D
#1 Using TE & RB

Stats of the Game
CB タリーブ
3 tackles 1 int

予想どおり、タリーブは良い選手でした。ブレディーからウィーク2以来のINTを奪うなどし、今季4つ目のINTを記録。

まずはオフェンス。レシーバーの層が薄い中、どういった戦術で挑むのか懸念されていました。まず得意のスクリーンでWR ウェルカーが16ヤードを突破しTD。2本目はこの日3番手のWRとなったWR アイケンが自慢の走力を生かして、プロ入り初TDとなる54ヤードTDを記録。最後の2つのTDはTE ワトソンへ35ヤードパス、そしてRB マローニーのラッシュTDでした。見て分かるとおり、非常にバランスの取れていたオフェンスでした。さすがと言ったところでしょうか。一方、この日デビューを果たしたWR テイトはゼロキャッチも1ラッシュで11ヤードを記録。2度のキックオフリターンでは44ヤード(平均22ヤード)を記録しました。今後の活躍が期待されます。

ディフェンスではS メリウェザーが先制TDを含む2INTで試合の流れを引き寄せました。サックも計3回記録し、ルーキーのS チャンも今季初サックをレジスター。今季これまであまり活躍の無かったLB バージェスも1サック、1FFを記録しました。QuestionableとされていたCB バットラーも2試合連続のINTを決め、しっかり結果を残しています。

一方でケガ情報。終盤ほとんど出場しなかったWR モスは少し虚ろな表情でベンチに居ました。DE ワーレンは後半途中で足を痛めたようで、カートでフィールドを後にしました。両者はどういう状態か分かりませんが、次戦まで2週間あるため、ゆっくり治してもらいたいところ。

チームは試合翌日にもうロンドンを離れ、こちらの夕方ごろにボストンに到着するようです。とりあえず数日休み、2週間後のドルフィンズ戦に備えることでしょう。このバイウィークでワイルドキャットを徹底的に解剖するベリチックHCの姿が目に浮かびます。このブログもしばし更新は止まります。

コメント

パッツらしい戦い方でした

まさにディフェンスからの試合でしたね。
それにしてもメリウェザーはよく成長したなぁ。
もうちょっとなのにの1年目からよくここまでになりました。
若手の成長次第ではもうちょっとパッツの黄金時代が続きそうです。

モス、、、、
今オーウェンスの評価ががた落ちになってきてますがモスがそこに続かないように。
って十分活躍してますけどね。
エイケンがやっとよく見えました。
エデルマン復帰まで踏ん張って欲しいですね。

コメントありがとうございます。

ディフェンスはどの試合でもやはり試合のトーンを決めますね。あのTDが無ければ違った試合だったことは確かです。

メリウェザー、いいですね。元々期待していましたが、いずれはポロマル(スティーラーズ)、サンダース(コルツ)クラスになれそうです。ドラフトされた際には素行問題もありましたが、精神的にも成長を遂げたようです。

モスは少し腕(?)を痛めたようなので、心配です。アイケンはエドルマンの代役をきっちり務めました。誰かが居ないと誰かが穴を埋める、まさにペイトリオッツの論理をまた証明しました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/366-1ef0cc6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。