スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

game for the playoffs 

Week 17
New England Patriots @ Houston Texans
(13:00 ET Kick Off)

Patriots D vs HOU O
#1 Star receiver

Stats to Watch
WR ジョンソン 95 rec 1,504 yds 9 td 15.8 yds/rec

もはやNFL最高のレシーバーと言っても過言ではないジョンソン。今季はキャッチ数さえ我がWR ウェルカー(122)に劣るものの、獲得ヤード数(NFL1位)、1試合平均獲得ヤード数(100.3)(ウェルカー(102.0)に次いで2位)と凄まじい成績を残しています。注目は20ヤード以上のキャッチの数。いわゆるビッグプレーの数です。スティーラーズのWR ホームズに並ぶ、NFL最多の21回を記録しており、ディフェンスとしては何としてもそういうビッグプレーを防がないといけません。また、YAC(キャッチの後の獲得ヤード数)も427ヤードでNFL10位にランクインしており、キャッチした直後にタックルするなど、工夫が必要となってきます。これまで3試合で27失点のパッツDに大きな試練です。

#2 Best year ever

Stats to Watch
QB シュワッブ 372/544 4,467 yds 27 td 14 int

シュワッブですが、ここ数年はケガで活躍出来なかったものの、今季遂に開花しています。NFLトップのパスヤード数、QB マニング(コルツ)、QB ブリーズ(セインツ)、QB ブレディーQB ロジャース(パッカーズ)、QB リバース(チャージャース)らエリートQBらと堂々と並ぶTD数(NFL6位)。今シーズンはこれまで全ての成績面でキャリア最多の数字を並べています。一方で、注目はパスの成功率。なんとブリーズ(70.6)、マニング(68.5)に次いで3位(68.4)と大健闘しています。NFLトップのパスの正確さで知られるマニングと僅かに1厘差ではその実力は大いに認めざるをえません。ディフェンスとしてはジョンソンにやられる前に、シュワッブの攻略が必至です。

Patriots O vs HOU D
#1 Tough decision to make

この試合ですが、一体どのような選手起用で挑み、果たして勝ちを狙いに行くのか。また、早めに選手を交代させ、勝利より休養、プレーオフを優先するのか。もちろん試合の展開次第ですが、今は謎としか言いようがありません。個人的にはこの試合はプレーオフを前に、チームの勢いを決める試合だと思っています。勝てば4連勝でプレーオフに向かい、チームは熱くなります。プレーオフ出場を狙うテキサンズが勝利に徹する中、しかも今季苦手とするアウェーで勝てたら得るものは大きいでしょう。プレーオフでは初戦を除いては全て敵地になるため、まさにうってつけの環境です。一方で主力を試合中盤で交代させ、大敗でも喫してしまうと、チームの士気は大きく下がってしまいます。コーチにとっては厳しい決断ですが、ここはベリチックを信じます。

いよいよレギュラーシーズンもこの試合で閉幕。勝敗云々より、プレーオフへ良い形で望みたいところです。Let's Go Pats!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/394-e7cf593a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。