スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

In the end... 

後半戦は点の取り合いへ。
同点にされた後にPatsがTD、スコアは28-21。
Caldwellが取れなかったものの、Gaffneyが空中キャッチ。
両足が着かなかったもののPush-Off callでTD成立。

しかしその後Coltsがゴール上でFumble。
C Saturdayが取り、同点TD。

すぐさまGostkowskiがFG、31-28。
Vinetriも続いてFG、31-31。
残り数分を残したところでGostkowskiがFG、34-31。

次のDriveでManningがTE Clarkへ大きなパス。
Roughing the Passerも加わったところでAddaiがTD。
Coltsがこの試合で初めてのリードを所持。

残り1分、21ydから。
QBはTom Brady、奇跡を信じました...。
最後はMid-FieldでINT。試合終了。

最後は競い負けてしまったPatriots。
前半活躍してたDefense陣も疲労が見られ、多数の選手がダウン。
中でもColvinの欠場は痛かった。
DB陣もよく踏ん張りました。前半は特に見事。
全体的に良く戦ったと思います。
素直にColts、Manningを讃えるしかないです。

あのChargersを破り、AFC Championshipに望んだPats。
最後はこの結果になったわけですが後悔はしてません。
よくここまで来たと思いますし、まさかあのWR陣で勝てるとは。
来年はさらに楽しみになってきます。

明日からOff-Seasonに入るわけですが、一番の課題はSamuel。
Samuelとの契約延長はかなり重要。Franchise Tagの使用も考えるでしょう。
後はDraft。WR、LB陣の補強が必要。

最後に、Patriotsの選手、関係者へ。
今シーズンお疲れ様でした。

また来年に期待です。
来年こそ...。

コメント

まだ悔しさが消えません。このオフにフロントは戦力アップを是非とも成し遂げてもらいたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/40-50d40274

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。