スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

still the one 

THolt_04202010.jpg
ドラフトが近づく中、当ブログも久々に始動です。

ペイトリオッツは20日、ジャガーズからFAとなっていた WR ホルトと契約を結んだと発表。契約は1年で年俸は最高で$1.7Mになる模様。今年で34歳となるホルトはノースカロライナ州大を経て、99年にラムズに入団。昨年はジャガーズで15試合に出場し、51キャッチ、772ヤードの成績。通算成績は173試合に出場し、920キャッチ、13,382ヤード、74TD。

ホルトといえば、言わずと知れた名レシーバー。ラムズの王朝時代を支えていた中心選手です。スピードが衰えたとはいえ、素晴らしい選手である事は変わりません。昨シーズンはTDはゼロながら、平均14.2ヤードを記録しており、まだまだやれる数字です。ベテランで経験豊富、まさにチームにうってつけの補強と言えるでしょう。本人もエリートQBのチームに行きたいと発言しており、叶う形に。QB ブレディーも補強を喜んでいるはずです。

今オフ、チームは既にベテランのWR パタンを獲得しています。ホルトの加入でベテランが増える事になります。開幕はWR ウェルカーが不在、また2年目となるWR エドルマンWR テイトの経験不足も否めず、WR モスだけに頼らぜるをえない状態です。そういった事情を含め、チームはベテラン勢に頼ることにしたようです。選手としての活躍ももちろんですが、若い選手の育成にも期待されます。

今年のドラフトは従来の土・日に行われず、木曜に1巡目、金曜に2・3巡目、土曜に4巡目以降、と新たな日程で組まれています。ペイトリオッツはどの選手を指名するのか。今から待ちきれません。各ポジションにニーズがあるため、バランスの取れたドラフトになると予想されます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/411-5c6b7f9c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。