スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linebacker、求ム! 

オフに入るPatsですが、各ポジションの戦力分析をしたいと思います。
Boston Globe、マイク・リース氏の記事を元に分析してみます。
まずはLB陣の現在の状況について。

------------------------------------------------------------------------
スーパーボウル出場へ賭けた試合でPatriotsはDefenseを考慮し、
スピード重視のInside LBを必要とした。
よってPatsは日曜のAFC Championship GameでEric Alaxanderに変えた。

熱狂的なPatsのファンはAlexanderをSpecial Teamの中心選手とは知っていたが、
普通の観戦者は彼の出場にきっと驚いたに違いない。
結局の所、2年目の彼はプロ入り18試合で一度も先発出場した事はない。

Alexsanderはもしかするとなかなかの選手に育つかも知れない。
しかしかなり重要な試合で彼を一番に出場させたということは、
このオフ・シーズンで一番何が必要なのか見えてくるだろう。

さらなるLBの追加だ。

PatriotsのSpecial Team以外でのポジションでLB陣は
最も高齢であり、その必要性は十二分にある。
LB陣の要、Tedy Bruschi(33歳)はまだ現役を続けるのか不明である。
彼との1-2パンチ、Mike Vrabel(31歳)は今年で11年目のシーズンとなる。

HC Bill BelichickとScot Pioliが共に球団を経営し始めた
2000年以降のドラフトでLBは5人選択した。
Casey Tisdale(2000年、ドラ7位)、T.J. Turner(2001、ドラ7位)、
Tully Banta-Cain(2003、ドラ7位)、Ryan Claridge(2005年、ドラ5位)、
Jeremy Mincey(2006年、ドラ6位)の5人である。

その中ではBanta-Cainしかチームに残っておらず、彼は今季FAになる予定である。

もしPatriotsが今季のドラフトで早期にLBを獲るなら、有数の候補がいるだろう。
フロリダ大学のLawrence Timmons、ペンシルバニア州大のPaul Posluszny、
ミシシッピ大のPatrick Willis、ミシガン大のDavid Harris、
マイアミ大のJohn Beason、そしてフロリダ大のEarl Everettら多数いる。

次に残ってるのは大金が必要なFA選手になるだろう。
このまま順調にいけば、BearsのLance Briggs、RavensのAdalius Thomas、
BillsのLondon Flectcher、そしてColtsのCato JuneがFAとなる。

以下ではオブシーズンに最も必要とされるポジション別に、
1.まだ来季残る選手、
2.球団としか話し合いを持てないFA選手(Exclusive Rights FAs)、
3.球団が保有権を持つFA選手(Restricted FAs)、そして
4.従来のFA選手に分けてまとめてみた。
*表の見方=各選手、選手名(契約の切れる年)*

INSIDE LINEBACKERS
残留選手:Tedy Bruschi(2007)
EFAs: Eric Alexander、Corey Mays
UFAs: Don Davis、Barry Gardner、Larry Izzo、Junior Seau
備考:これまでは3-4ディフェンスに合う体の大きい選手を探すのには苦労してるが、
Patriotsのシステムは動かしやすく小さめの運動能力に優れてる選手を使うことができる。

OUTSIDE LINEBACKERS
残留選手:Pierre Woods(2007)、Roosevelt Colvin(2008)、Mike Vrabel(2009)
UFAs: Tully Banta-Cain
Colvinは来季には高額のSalary Capになるため、契約の見直しが必要かもしれない。
今シーズンではPierre Woodsが来季へ向けての期待を見せた。
今季主にInsideを守ったVrabelだが、Outsideの方が自然にフィットするだろう。
------------------------------------------------------------------------

記事の一部を訳してみました。疲れた~~。

とにかく何らかの形でLBの補強も必要ですね。
ベテランが多く、スピード面では不利になりえますし。
Mays、そしてWoodsなど若手も成長してますが、やはり心配です。
Bruchiの引退もありえますし、DraftかFAでの補強を目指してもらいたいです。
Lance Briggs、来ないか...。

明日はCBについて書きます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/42-bf0eff26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。