スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top of the league 

Week 8
Minnesota Vikings 18
New England Patriots 28


得点機会を全て生かし、ペイトリオッツはバイキングスを撃退。5連勝で、NFL最多の今季6勝目。感想は後にし、まずは試合のポイントを振り返ります。

Patriots D vs MIN O
#1 First time against
Player to Watch
RB ピーターソン 25car 92yds 1td

100yd近く走られたものの、まずまずの出来でした。最長でも9ヤードに抑え、TDは1つと、結果的には十分といえます。しかしなかなか倒れない、厄介なバックです。

#2 Weapons on air
Group to Watch
WR ハービン 6rec 104yds
TE シャンコー 4rec 38yds

古巣のホームに戻ってきたWR モスはこの日1キャッチのみ。完璧に封じ込みました。一方で、ハービンに平均17.3ヤードと素早い動きに苦しみました。モス対策で深い位置にセーフティーを置いたため、中盤はスカスカでした。

Patriots O vs MIN D
#1 O-Line to step up
Group to Watch
QB ブレディー 16/27 240yds 1td

ブレディーの数字はまずまず。この日はゼロサックと、オフェンシブ・ラインは安定していました。ランも機能したため、ライン勢がこの日のオフェンスのMVPでした。

#2 Must do better
Group to Watch
RB グリーン=エリス 17car 112yds 2td

試合の勝因は何と言ってもラン。グリーン=エリスが112ヤードを走り、最後の2つのTDを決めました。最長で26ヤードを含む、平均6.6ヤードは立派です。

前半を7-7で終え、3rdクォーターで3点ビハインド。しかし立て続けに3TDを決め、終わってみれば28-18の快勝でした。3つのレッドゾーンのポゼションを全てTDで仕留め、まさに勝因。

オフェンスはこの日も低調なスタート。ランも決まらず、試合が暖まるのを待ちます。2ndクォーター中盤にようやくRB ウッドヘッドのダイレクトスナップTDで同点に追い付くと、3点差の後半にはブレディー→WR テイトへの今季最長TDパスで逆転に成功。そのまま主導権を握り、追加点をいい形で入れながら、試合を自らのペースに持ち込みました。中でも3点差と迫られた4thクォーターでの次々と決めた3rdダウンは圧巻でした。時間を減らせてなおも、決勝点を入れ、相手を最後まで寄せ付けませんでした。

ディフェンスは病み上がりのQB ファーブに対し、なかなかプレッシャーを掛けれず。ランもなかなか止めれず、いきなり先制TDを許してしまいます。しかしランを止められるようになると、ファーブへのプレッシャーがより多く増えました。CB マコーティーの3rdクォーターでのINTなどのビッグプレーもようやく起きます。しかし試合を大きく変えたのは前半の終了間際の4th&Goalを止めたプレーでした。LB スパイクスがまずピーターソンを捕まえると、LB メイヨS サンダースなどが次々と飛びつき、決死のタックルで得点を許せず。あれで3点でも入っていれば、試合は違ったはずです。相手のギャンブルをうまく制し、流れをしっかりキープできたのは勝利に値するでしょう。

若い選手が多い中、そしてディフェンス・オフェンスが共に成長し続けている中、チームは勝利を積み重ね、この日の勝利で今季6勝目。NFLのトップに登りつめました。決して楽な展開ではないものの、的確なプレーを中心にチームは週ごとに強くなっています。このプレーをキープできれば、自ずと結果も付いてくるはずです。

来週はマンジーニ率いるブラウンズとの師弟対決。11月に入り、シーズンも後半に差し掛かります。

コメント

今日も競り勝った試合でしたが、その前の2試合と比べると運ではなく実力で勝ったといえる試合でしたね。特にディフェンスは日々進歩していて見ていて頼もしい感じすらしてきました。今年の新人はみなすごいですが、補強した選手も各々活躍していてチーム力が全体的に大きく向上していると感じます。試合前は正直いってもうちょっと楽な展開になるのでは、と楽観視していましたが、予想以上にファーブもピーターソンもやりますね。さすがです。モスは試合では目立ちませんでしたが、試合後のプレスカンファレンスでのコメントは「らしさ」を感じるし感動的でした。スーパースターが揃っているチームは試合中も試合後も楽しませてくれます。これで現時点でNFLのトップに立ちましたがベリチックの言うように6勝だけでは意味をなさないし、今後も厳しい対戦が続くので兜の緒を締めていきたいですね。

いつもコメント、ありがとうございます。

今年は本当にチームが一丸となっています。ルーキーであれ、ベテランであれ、堅実なプレーが目立っています。やはりベリチックの手腕はまだまだ健在です。

6勝1敗ですが、今後厳しい相手との対戦も増えるだけに、ここまでの勝ち星はいずれ助けてくれるはずです。その事を踏まえ、いい形でシーズン前半を折り返したと言えます。

勝ちました~!!

あいかわらずのギリギリの勝ちでしたが、勝ちました。
3点差に詰め寄られた第4Qの最後のドライブはダイナスティ時代を彷彿させる圧巻のドライブでベリチックの勝負に対する執着を感じられました。

11月は非常に厳しいスケジュールの中で良いスタートが切れました、このままCLE.PIT.IND戦を乗り切って欲しいです。

次は遺恨のある卍相手です、すっきり勝ちたいです。

コメントありがとうございます。

勝ちましたね。最後のドライブは仰るとおり、かつてのオフェンスを見てるみたいでした。特に2ミニッツを前に2度もスニークを起用したのがツボでした。

シーズンは今月で決まると言っても過言ではありません。いいスタートを切りたいところです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/456-cdfafd4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。