スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fight on sunday night 

Week 10
New England Patriots @ Pittsburgh Steelers
(8:20 Kick Off)

Patriots D vs PIT O
#1 Let's not repeat
Player to Watch
RB メーデンホール 168car 702yds 7tds

先週の敗因の一つとして、相手のランをまったく止められなかった事が挙げられます。2週連続でやられないためにも、徹底したプレーに徹したいところです。今季からエースRBを務めているメーデンホールはこれまでリーグ5番目のラッシュヤード数を記録しており、危険なバックといえます。真ん中へのランはしっかりラインが止め、危ない左右へのサイドランではコースを完全に封じ、ゲインをできるだけ少なくさせるのも大切です。

#2 Speed Star
Player to Watch
WR ワレス 22rec 507yds 5tds 23yds/rec

1キャッチあたりの平均、23ヤードはNFLトップ。作戦としては、S メリウェザーを深く守らせ、ワレスをフリーにさせないことが考えられます。しかしその作戦でいくとなると、フィールドの中央がガラ空きになってしまうため、エースのWR ワードTE ミラーなどへのパスが繋がりやすくなる危険性もあります。その心配を防ぐには、QB ロスリスバーガーにプレッシャーを掛け、パスをする余裕を与えさせないことが重要です。

Patriots D vs PIT O
#1 Set the run
Group to Watch
PIT Rush Defense

スティーラーズの強力ディフェンスは数字だけでその怖さが示されています。特にランに対しては滅法強く、1試合平均58.3ヤードは断トツでNFLトップです。足に不安を抱えるQB ブレディーだけに、ランが序盤から決まらないと、地獄と化します。復帰が近いRB テイラーはおそらく欠場。RB グリーン=エリスRB ウッドヘッドを中心に、何とかランで結果を出したいところです。相手の繰り広げるブリッツ・アタックを交わすためにも、ランは非常に重要となってきます。

#2 Loves mistakes
Stats to Watch
21 turnovers, +9 margin

スティーラーズのディフェンスの特徴はターンオーバーバトルに滅法強いことです。INT数はリーグで2位、ファンブル数はトップに輝くなど、計21ターンオーバーはNFLでトップ。個人成績を見ると、ハードタックルが持ち味のLB ハリソンがチームトップの4FFを記録しており、INTはDB陣だけに限らず、各選手が満遍なく記録しており、どこからでも相手のミスを誘えます。オフェンスとしてはしっかりボールをキャッチ、保持し、また無理をするプレーは是非とも避けたいところです。先週苦しんだスペシャルチームでも同様です。

試合は今季初のサンデーナイト。厳しい敵地ですが、力を合わせれば何とかなるはずです。Let's Go Pats!!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/465-2e5581af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。