スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

firely one 

Week 10
New England Patriots 39
Pittsburgh Steelers 26


敵地での強豪との対戦にもめげず、ペイトリオッツはスティーラーズを撃退。屈辱の敗戦からしっかり反省し、大きな勝利を手にしました。感想の前に、まずは試合のポイントを振り返ります。

Patriots D vs PIT O
#1 Let's not repeat
Stats of the Game
RB メーデンホール 11car 50yds

ラン・ディフェンスは数字以上に活躍していました。メーデンホールには平均で4.5ヤードを与えるも、34ヤードのランさえなければ、ほぼ完璧に封じたといえます。200ヤード近く走られた先週からかなりの改善を見せたのは一安心。

#2 Speed Star
Stats of the Game
WR ワレス 8rec 136yds 2tds 17yds/rec

序盤は完璧に封じたものの、反撃モードに入った4thクォーターにまったくとらえられず。一方で、QB ロスリスバーガーに計5サックを浴びせるなど、ディフェンスは踏ん張りました。ただ387ヤードを投げさせるなど、課題も見られました。

Patriots D vs PIT O
#1 Set the run
Stats of the Game
RB グリーン=エリス 18car 87yds

グリーン=エリス一人だけで相手の平均ラッシュ被ヤードを超える大健闘ぶりでした。全体でも100ヤードを上回り、平均を倍近く超えたのは立派。特に後半は時間を減らすために重要でした。

#2 Loves mistakes
Stats of the Game
NE 0 turnover

ミスが響いた先週だけに、この日は相手が相手ということもあり、同じミスは避けたい試合でした。結果はターンオーバーはゼロで、集中力をしっかりと発揮しました。

前半を7点差で追えると、後半には3TDなどで突き放し、敵の反撃をかわして、終わってみれば快勝。先週の負けが効いたのか、立ち上がりから気迫入りまくりのプレーが攻守に冴え渡っていました。各サイドをそれぞれ見てみましょう。

オフェンスは最初のポジションでTDを決めるなど、最高のスタートでした。これまでは序盤はスロースタートが目立っていただけに、この日は明らかに違いました。勝利の立役者はTE グロンコウスキー。ブラウンズ戦では2つのターンオーバーに関わるなど、プロの壁にぶち当たりました。この日は5キャッチ、72ヤード、3TDと圧倒的な成績を残し、雪辱を見事翌週に果たしました。QB ブレディーの信頼も失っておらず、全てのTDを一人でキャッチするなど、まさにプレーメーカー。今季のTD数を一気に6とし、チームでトップ、TEとしてはNFLで3位に付け、頭角を現しています。体格とブロック力はもちろんですが、キャッチ力も兼ね備えてるのが素晴らしいです。この日はラン・オフェンスでも貢献するなど、まさに勝因でした。

ディフェンスも今季はスロースタートが目立っていましたが、この日は別。いきなり3&アウトをさせると、続く相手のドライブではロスリスバーガーに連続でサックを浴びせるなど、圧倒します。その後もディフェンスは堅実ぶりを発揮し、4thクォーターまで僅か3点に抑え、ほぼ完璧。ただ終盤の守備は相変わらずで、23失点。一因としてはプレベント・ディフェンスが挙げられます。時間を減らすためにできるだけ少ないゲインでタックルする作戦ですが、相手は点を必死で奪ってくるため、失点が重なってしまいます。ただオフェンスが十分に点を取ったため、一度も1ポゼション差にはならなかったのは何よりでした。少なくとも先週のディフェンスとは全く違ったことは大いに評価できます。

来週はホームに戻り、宿敵コルツを迎えます。因縁のコルツ戦も、2007年を最後に3連敗中。得意のホームで連敗を何とか止めたいところです。

コメント

PIT相手に素晴らしい完勝でした、少しハラハラしましたが安心できる内容でした。
ブレイディの気合いの入りようを見ると前回の敗戦が決して無駄では無かったと思います。

次週はついにジレットでのIND戦ですね、SOUTHの方も混戦で相手も必死で来るでしょうがホームでの連勝記録もあるので必死のパッチで応援します。

NYJ MIAとなかなか負けてくれないんで厳しい状況は変わらないですが頑張って一緒に応援します。

あと、今日の試合の最後にチャンが傷めてましたが大丈夫でしょうか?
とても心配です。

コメントありがとうございます。

終盤を除いては完勝でした。ブレディーは相当気合入っているようでした。ベンチでオフェンス陣に吠えているシーンも写っていましたし。チャンですが、どうやら筋肉の痙攣(クランプ)だったようで、大ごとではなさそうです。多分久々のフル出場で疲れが出たようです。

来週は恒例のコルツ戦。相手はケガ人が多いといっても、マニングがいるわけですから、厳しいのは変わりません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/466-3230c032

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。