スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nothing to say 

Divisional Playoff
New York Jets 28
New England Patriots 21


幾度のミスが響き、ペイトリオッツはジェッツにあえなく敗戦。一丸となって掴んだ第1シードも生かせず、プレーオフ敗退。試合の各ポイントは今回は触れずに、直に感想とします。

ジェッツの最初のポゼションを封じ、オフェンスはシーズンさながらのボールさばきをみせます。しかしQB ブレディーが93日ぶりにINT。せっかくの勢いをフイにしてしまいました。懸念されていたオフェンシブ・ラインも5サックを許すなど、課題が残る内容。ラン攻撃はまずまずだったものの、常にビハインドの展開だったため、バランスアタックとは行きませんでした。

ディフェンスはやはりランに苦労。120ヤードを許し、踏ん張れませんでした。原因には層の薄いデフェンスラインに多くあるものの、相手のラインを褒めるしかありません。一方でこの日はゼロサック。QB サンチェスにたっぷり時間を与え、まったくプレッシャーを掛けられなかったのには同じく痛かったです。

攻守に目立っていたのは乱暴なプレーぶりでした。オフェンスではベテランのLG マンキンズが激高し、15ヤードペナルティー。またリーダーのDT ウィルフォークがサンチェスを背後から押す(ペナルティーにはならず)、一体何があったのか。この試合に向けてたくさんの口撃をしかけていた相手より卑劣でした。

また攻守では、試合勘の鈍りも垣間見えました。ブレディーのINTから始まり、TE クランブラーの落球。試合の形成が変わってしまったS チャンのフェイクパントのファンブル。最後にオンサイドキックはうまく蹴れたものの、相手に渡り、結局再び突き放され、終戦。

今季は若い選手が多く、不安と楽しみで迎えたシーズンでした。しかし蓋を開けてみれば、若手中心のリーグ最強のチームでした。ルーキーや2年目の選手とベテラン勢がしっかり噛み合ってました。結果は残念となりましたが決して無駄ではありません。この悔しさは若い選手にとってプラスになるはずです。

今シーズンもブログをご覧頂き、本当にありがとうございました。Let's Go Pats!!

コメント

お疲れさまでした

残念な結果でした。

こちら(東京)は勤務中だったので、リアルタイムにTVで見られませんでしたが、4QにFGを決めた後、JetsにあっさりTDを決められたのが謎でした。
帰宅してゆっくり見るとします。

チーム戦力がうまく新旧交代できたのはすばらしいことです。
ブレディーには是非もう一度スーパーボウルに勝って、MVPをとってもらいたいものですが。

ここまで行けただけでもよかったかも

4thダウンギャンブルが、、、、
あとでFGを蹴っただけにあそこで蹴っていればまた違ったのかなと思います。
兎にも角にも今シーズンはここまでいくとは思わなかったので本当に楽しかったです。
結果を見てみたら良い意味でも悪い意味でもこちらの思惑を裏切ったチームだったと思います。
しばらくはこのコンテンツで行くでしょうしまだまだ暫くペイトリオッツのファンを続ける喜びを感じられそうです。
でも今度は久しぶりのリングを、、、、

今年も一年間楽しませていただきましてありがとうございました。

妻に子供を公園に遊びに連れて行ってもらい、じっくりテレビ観戦しました。
まあ負ける時はこんなもの、と言えばそれまでなんでしょうが、らしくないミスが多過ぎましたね。インターセプトは仕方ないにしても、個人的にはクランプラーのTDパスの落球でリズムが狂ったかなと思います。それまでは複雑なフォーメーションを駆使し、パスを投げ分けて試合を支配していたと思います。でもモメンタムがあった第1クォーターに十分点を取れなかったことが大きく響いたように感じました。その後ジェッツは持てる力を存分に発揮して試合を支配し続けました。サンチェスに至ってはあり得ないTDパスを連発してましたね。本当に悔しい敗戦ですが、パッツは若い選手が多いのびしろのあるチームなので来年に期待したいと思います。
いつも楽しいブログをどうもありがとうございました。またオフも情報をお願いします。

悔しいなぁ

いつも読ませていただいてます。
速報をチェックしてから今日は仕事のやる気がなくなりました。SBの日の休みを計画してたのに。
まだ映像見てませんが、あまり「らしくない試合」だったようですね。
シーズン当初戦力に不安があったので期待薄だったのですが、こういう時に勝てるのがパッツかとも思ってました。
あー残念。また来年もよろしくお願いします!

残念でしたね。2年連続プレーオフ初戦敗退はこたえます。
まあでも今年は若手に切り替えた年ですのでそこで第一シードでスーパーを狙えるところまで来たという点を評価しましょう。

Minamiさん

コメントありがとうございます。

残念でしたが、前を見据えるしかありません。ちなみにその失点はオンサイドキックに失敗し、さらにリターンもされたためでした。

ベアーズのNFCチャンピオンシップ出場、おめでとうございます。SBでジェッツを粉砕して下さいw

国境の島人さん

ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。

原因は色々考えられますが、チームに覇気が見られなかったのも理由の一つです。シーズン前にはあまり期待されていなかっため、仰るとおり良くできた方です。来季はさらに若い選手が入ってくるため、まだ目は離せません。

T163Kさん

コメントありがとうございます。

あれほどのチームがミスの連続で自滅など、見ていて苦しかったです。しかしその半分で、たとえ勝てたとしても、喜べないと思った試合でした。この敗戦は糧とし、来季に繋げて欲しいものです。

オフもぼちぼち更新します。しばらく休養しますが。

masumiさん

コメントありがとうございます。

せっかくシードトップでシーズンを終えたものの、こんな形で終焉を迎えるとは、悔しいどころじゃないですよ。そんなに甘くないということですか。来年も宜しくお願いします。

Let's Go Pats!さん

ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。

今年は「ここまで選手は成長できるのか」と実感させられたシーズンでした。今年のドラフトも楽しみです。

オフシーズンも宜しくお願いします。

2010シーズンご苦労さまでした!

2010年シーズンも貴重な情報発信、大変お疲れ様でした。
スーパーも終わり、ドラフトまではお休みくださいませ。

皆さん今年のPATSは強かったといいますが、私に言わせれば、今年の成績は出来過ぎ。
地区優勝はNYJがこけたから転がり込んできたようなものです。

プレイオフでは、自分たちが本当に強い・実力があるのだと勘違いした若い選手が多すぎたための自滅でした。
来年こそ、今年の成果を披露する年です。

頼れるRB、DL(特に両エンドとLB)、若いOLを入れて、ブレイディ一人に頼るチームからの早期脱却がマストです。
それが実現できないうちは、絶対にスーパーへは出れません。

チームとしてのバランスとチーム力で勝つ。
今年のGBとPITがそのことを証明しています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/502-5af4358e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。