スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

brutal day 

final
New England Patriots 31
Buffalo Bills 34


ミスの連発が最後に響き、ペイトリオッツはビルズにサヨナラFG負け。

この試合で評価できるのは、WR ウェルカーただ一人。孤軍奮闘の活躍でした。褒められた事はそれだけ。

オフェンスはQB ブレディーが4INTとキャリアワースト。2つはパスのミス、2つが空中に跳ね上がったものでした。その内の3つのINTで計20失点となり、大惨事。不運だけでは済まされない内容でした。得点のチャンスをフイにしたのは事実です。決してプレッシャーを受けていたわけではなく、本人の説明を待つしかありません。4TDは評価できるとして、リーダーのミスが敗因です。

ディフェンスも同様。21点差のリードを守れず。相手QB フィッツパトリックに全くプレッシャーが掛からず、この日は0サック。QBヒットも2度パーソナルファールを取られるなど、災いと化しました。ランはまずまず止めたものの、パスは歯止めが効かず、もはや策がないようでした。前半は10点に抑えるも、ターンオーバーなどで後半は24点を奪われ、最後はFGで試合終了。

ペナルティーでも苦しみ、攻守もツメが甘すぎました。このままでは負けも増えてくるはずです。反省し、来週の試合に挑みます。

コメント

先行き不安

本当に昨日はひどい試合でした.前日に昨年のイーグルス対ジャイアンツ戦ビデオを見ていたので,後半逆転されなきゃいいなと思っていましたが,悪い予想が当たってしまいました.ランが不発でレシーバーのターゲットも少ない以上,グロンコもマークされちゃいますよね.DBはもうどうなっているんだか.好きなようにパスを通され,結局タックル数が増えるだけ.今後収拾つくのか心配です.ですがBradyはまた必ずやってくれると信じています.今日はJets不安の同僚と慰めあいましたよ...

コメントありがとうございます。

ディフェンスは年々ひどくなっている気がします。フロントのパスラッシュ不足にDBの経験不足が仇になっています。DBではベテランのサンダースのカットが痛手でした。

オフェンスは運が悪かったとして、復調すると思われます。オチョシンコはもう少ししっかりして欲しいです。

レイダース戦も厳しそうですが、何とか勝ちたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/518-faaa5b35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。