スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the day before Halloween 

final
New England Patriots 17
Pittsburgh Steelers 25


攻守がほとんど機能せず、ペイトリオッツはスティーラーズに敗北。連勝は3でストップし、単独首位から陥落。

立ち上がりから10-0とリードをされるも、2ndクォーターに反撃し、ハーフで17-10と1TD差。後半はディフェンスが粘り、一時は6点差まで追い上げるも、最後は力尽き、試合終了。

オフェンスは低調で、QB ブレディーは200ヤード切りました。24パスを通したものの、1パスあたりの平均が5.7ヤードとビッグプレーはほぼ無。期待していたラッシュも常にビハインドのためか機能せず、わずか43ヤードでした。ラインのペナルティー、パスラッシュに対してのミスブロックも目立っており、全体的にずさん。決して大きなミスは無かったものの、終始押され気味で、勝てる内容ではありませんでした。

ディフェンスは試合の大半(39分22秒)をフィールドで過ごしました。結果QB ロスリスバーガーに50回中36回(72%)のパスを通され、ランでも計98ヤードを献上。特に試合序盤は短いパス攻撃に苦しめられ、最後までアジャストできませんでした。後半は3つのFGのみに封じたのは評価できますが、疲労でディフェンスは崩壊気味。結局WR ワードを欠いたレシーバー4人に5キャッチ以上許し、計365ヤードと炎上し、ランと合わせて計427ヤードとまさにやられ放題でした。

まさか攻守がここまで押されるとは、が率直な感想。バイウィークの影響もあったのか、精彩を欠いていたのは確かです。まずディフェンスが40分もフィールドに居てては、勝てる要素はゼロ。

しかしいつまでも負けは引きずれません。翌週からジャイアンツジェッツチーフスイーグルスの強豪チームとの戦いは続きます。攻守で反省し、次戦に繋げます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nepatriots.blog86.fc2.com/tb.php/536-d5694edd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。